悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【99話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は99話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

99話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【98話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皇太子の動き

サラの⾔葉が終わる前に、アリアは彼⼥を抱きしめた。

そんなアリアを⾒たことがないボブーン男爵は⽬を丸く開き、⽯のように固まった。

「昔話した私の夢をあなたが覚えていることに驚いています。こんなチャンスがあったなんて信じられません」

サラはアリアの髪を撫でながら、そう⾔った。

彼女はとても感動していて、涙を流しています。

二人は周囲を意識せずに、⾃分たちの世界に陥りました。

しかし、誰も彼らを笑いません。

二人が何を話しているか分かりませんが、それでも親密に見える彼女たちを誰が笑うのでしょうか?

「ビンセント侯爵は私を憎んでいませんか?」

「そんな事はありません。侯爵はあなたをとても気に入っています。若いのに彼女は素晴らしいと、彼は賞賛していましたよ」

「私と皇太子の噂は、彼に影響を与えていませんか?」

サラは周囲を⾒回しました。

その兆候に気づいた護衛騎⼠たちは、周りの⽬を塞ぐために彼らを取り囲みましたが、会話を遮るには⼗分ではありません。

アリアはサラの⼿を掴んで、中に⼊るように促す。

警戒⼼の強いボブーン男爵は急いでアリアとサラの席を変えたので、アリアは式典の間ずっとサラと話すことが出来ました。

「これは秘密ですが・・・、実はプレデリック公爵が何度か訪れました」

「・・・公爵が?」

「ええ。彼は侯爵だけでなく他の⼈たちの場所も訪れたと思います。それらは中⽴を保つ貴族たちです。私の⽗の所にも来ました」

「・・・そんな」

(イシース公女が⽬覚ましい成果を上げられなかったからなのか、それともアースの⼒によるもの?)

「・・・アースさんは⼤丈夫ですか?」

(彼はこの事実を知ってる?)

彼なら大丈夫と信じていたが、過去に無⼒だった事を思い出すと安⼼することは出来なかった。

サラはアリアの⼿を握る。

「皇太子様の存在が侯爵が決⼼した理由です」

「・・・何を決心したのですか?」

「もう中⽴を保つことが出来ないという事です」

彼がどちらの派閥を⽀持することになっていたかを尋ねる必要はありませんでした。

ビンセント侯爵が公爵の側に⽴っていたら、サラはここにいなかったでしょう。

「他の誰が侯爵のように決⼼しましたか?」

アリアは少し安⼼して、サラに尋ねました。

「大勢いると思いますよ?彼らはしばしば侯爵を訪れました。皆、⾃分たちの国を愛する素晴らしい⼈々です」

ホッとしますが、アリアが不快に感じた理由は、彼⼥がアースからではなく、サラからの知らせを聞いたからです。

彼はつい先日、会ったと言うのに。

(今度会ったら追求しよう)

そのような決意で、アリアは再び背中をまっすぐにし、優雅に微笑んだ。

 



 

  • 表彰台

慈悲の表情を隠さなかったアリアは、誇らしげに表彰台に上がります。

表彰台に上がると、多くの学⽣が敬意と畏敬の念を持って彼⼥を⾒つめました。

憐れみを与えるために⼀⼈ずつ名前を呼び、最後にハンスの名前を呼びました。

ハンスはすでに優れた成績のために別の奨学⾦を授与されています。

彼はなぜ自分の名前が再び呼ばれたのか⼾惑いました。

「あなたは優秀な成績を持っていますので、卒業するまで、奨学⾦を含むあなたの⽣活費を⽀援することを約束します」

アリアの⾔葉が終わるやいなや、聴衆は⼤騒ぎになります。

それは前例のないサポートだから。

単なる奨学⾦ではなく、⽣活費のバランスをとるための⽀援。

困惑したハンスにそっと微笑んだアリアは、すぐにジェシーの居場所を見つめる。

彼⼥は⼝を手で覆って興奮していました。

「ハンス、私は過去の関係だけでこの決定をしたわけではないので、あなたが負担を感じずに受け⼊れることを願っています」

(ジェシーを幸せにするには、あなたが成功した時だけよ)

ハンスの肩を軽く叩いたアリアは、みんなからの褒め⾔葉を受けて表彰台から降りた。

 



 

  • アニーの副業

式典の後、アリアはサラと会話をしながら帰りました。

彼⼥は奇妙なブローチを付けているアニーを⾒ます。

「考えてみると、アカデミーの学⽣も付けていますね。あれは何でしょう?」

サラが好奇⼼で尋ねたとき、アニーは⼤きな笑顔で答えました。

「これはアリアお嬢様への忠誠の証です!」

「どういう意味?」

アリアが理解できない答えに尋ねると、アニーは⻑い話を始めました。

「私はお嬢様からこのブローチを受け取ったことを⾃慢しました!すると、彼らは皆嫉妬していました。だから・・・」

ジェシーも、一緒に馬車に乗っている護衛騎士も興味を示していた。

アニーは胸を⼤きく開いて、「お嬢様に忠実な⼈たちにあげるために、似たような安いブローチを作りました」と⾔いました。

「それでは、彼らはアリアお嬢様の⼀種の信者ということですか?」

「その通りです!」

アニーはアリアの顔を⾒て、「後でお渡しします」と⾔いました。

(あなた、それを売ったわね)

アリアはそう確信した。

(まぁ、今回は咎めはしないわ)

⼈を繋ぐエンブレムのようなものはなかったので、それは素晴らしい行動でした。

邸宅に着くまでに、彼女はサラと⻑い間、話していたので、太陽はすでに沈んでいました。

ミエールの客として屋敷を訪れた若い⼥性たちは、まだ帰っておらず、庭を埋め尽くし、お茶会を楽しんでいました。

アリアが⾺⾞を降りるとすぐに、⼥性たちの鋭い視線が彼⼥の周りに集まります。

「パーティーを楽しんでいますか?」

アリアはそのような愚かな⼥性たちに、優雅なジェスチャーで挨拶した。

「・・・もちろんです、⾼貴な⼥性によって招待されたパーティーですから」

彼女たちは、ミエールという船が、あちこちに⽳が開いて沈みそうな船だとは知らずに、アリアを軽蔑している。

 



 

ハンスには頑張ってジェシーを迎えれることを願っています^_^

アニーは商売上手ですよね!

お兄さんからアドバイスを貰ったのでしょうか?

パーティーはまだ続いていたのですね・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【100話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は100話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...