悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【97話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は97話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

97話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【96話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 伯爵の怒り

伯爵はフォークをテーブルに置き、怒ります。

「あなたが関与する問題ではありません!アリアの意志でもあり、私は伯爵家の⻑として承認を与えました!」

カインが反論で声を上げようとしたとき、ミエールの細い⼿が彼を⽌める。

「お兄様、お父様が決めたように私たちに出来ることは何もありません」

そう言いながらも、彼女の表情は険しい。

(彼女が止めた理由は何?)

ゆっくりとサラダを食べながら、アリアはミエールを観察します。

そして、カインは呻き声で彼⼥の名前を呼んだ。

「・・・ミエール」

「お兄様、冷める前に⼣⾷をとってください」

⽗親ではなく妹の⾔葉に従ったカインは、アリアをちらっと⾒て静かに食事を続ける。

しかし、フレイとの会話が気になっていたアリアは彼らを気にかける気力もなく、⾷事を終えることなく⾷堂を去りました。

 



 

  • 想定外の来客

⼼を落ち着かせて寝るには、お茶を飲んだほうがいいと思ったアリアは、部屋にいる⾒知らぬ⼈を⾒て愕然とした。

「誰・・・!?」

「シーッ」

アリアが驚いて悲鳴を上げようとしたとき、招かれざる⾒知らぬ訪問者が急いで腰を優しく包みました。

「アリアお嬢様、私です」

声は切羽詰まっているようです。

アリアはしっかりと⽬を開けて、侵⼊者の顔をチェックした。

侵入者はアースでした。

「あなたは私が誰か分かっていますか?」

アリアはアースの質問に瞬きし、すぐに頷いた。

それは、彼⼥の⼝がまだ塞がれていたからです。

アースは⼿を離し、安堵したかのようにため息をついた。

「どうやって・・・?」

「なぜここに来たのですか?」とアリアはまだ困惑しているので、尋ねました。

アースはとてもがっかりしているように⾒える。

「今⽇ここに来ると、あなたに⾔いませんでしたか?」

「え?」

今⽇でしたか?

もしメイドが部屋にいたらと考えると、体が震えてきました。

「申し訳ありません。最近考えることが多くて、忘れていました・・・」

アースは愛情を込めて微笑み、「⼤丈夫です」と答える。

アリアは緊張していたので、汗をかいていました。

彼の⼿はとても暖かいけれど、彼⼥の⼼臓は少し速く⿎動し始めた。

「何かあったのかい?」

「ああ・・・、ええと・・・」

最⼤の問題は、今⽇のフレイとの出来事。

アースは緊張と不安を抱えているアリアを⾒て、丁寧にソファに腰を下ろし、⽔を注いで、「教えてくれませんか?」と尋ねる。

「・・・すこし変な事が起こっただけです」

 



 

  • 王室の事件

アリアは今⽇起きたことについて、注意深く話し始めました。

⼿紙がフレイから届き、彼⼥の邸宅を訪れ、⼀連の質問の後、彼⼥は男性のスーツを⼿渡して、それを試着できるかどうか尋ねました。

そこまで説明したとき、アースは困惑の表情を浮かべていた。

「おかしいな。彼⼥は初対面の相手に、そのようなことをする女性ではないのですが」

「しかし、すべて真実です。メイドのアニーも⾒ています」

「ああ、あなたを疑っているわけではありません。彼女とはあまり話した事はありませんが、何故そのような行動を起こしたのかと思って」

アースは慌てて⾔い訳をした。

彼はしばらくの間顔をしかめて、何かを思いついたように⾔った。

「フレイには追い出された兄弟がいると聞きました。彼⼥があなたを⾒たとき、彼⼥は兄を思い出したのではないでしょうか?」

「兄弟?」

「私が⼦供の頃に起こったので、詳細を覚えていませんが・・・。不快な事件のために追い出された王室の人間がいます、それが彼⼥の兄弟であることを知っています」

「・・・それなら私が着ていた服は?」

「多分、それは彼⼥の兄弟の服でしょう」

「姉妹ではなく、兄弟?」

アリアの質問に気づいて、アースは説明を追加する。

「私が幼い頃、彼の肖像画を⾒ました。最初にあなたに会ったとき、どこかで⾒た既視感がありましたが、彼はあなたに少し似ていると思います」

「彼が私に似ている・・・?」

「髪の⾊と⽬の⾊は異なりますが、特徴と雰囲気は似ています。肖像画で⾒ただけなので、本当の姿は分かりませんが」

アリアは⼥性ではなく男性のように⾒えることに恥ずかしがり、急いで鏡を取り、顔を調べた。

知らないうちに顔が変わったのではないかと⼼配したのだ。

幸いなことに、美しい顔は残っています。

「こんなに美しい顔の男性がいたら・・・、なぜ皇帝の城から追い出されたのかも分かる気がする・・・」

アリアを⾒守っていたアースが聞いた。

「何が起こったのか調べましょうか?たぶん肖像画を⼿に⼊れることが出来ますし」

「ありがたいのですが・・・、お忙しいのではないでしょうか?」

「私は指示を出すだけなので、大丈夫ですよ」

アリアは⼩さな笑い声を上げた。

アースが⾔ったように、忙しくなるのは彼の部下たちでしょう。

むしろ、アースはアリアを助けることが出来ることに喜びの表情を浮かべていた。

「彼らが私を憎まないことを願っています」

「あなたを憎む⼈がどこにいるのですか?」

「大勢いますよ」

ミエールのことを考えてアリアの⼝が再び下がると、アースの表情も真剣になりました。

お互いに心当たりのいる相手がいるので、部屋には一瞬の沈黙が流れた。

「お嬢様。お茶をお持ちしました」

アニーの声がドアの外から聞こえる。

アースの存在をどうするかを考えていたアリアは、すぐにアニーに話しかけた。

 



 

うーん、現時点ではなんとも言えない状況ですね・・・。

アリアが王室と関係しているのは確定でしょう。

問題はミエールとカインです。

今回の伯爵の言葉で、カインがミエールに加担するのではないでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【96話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は96話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【98話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は98話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...