悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【96話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は96話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

96話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【95話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は95話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 温かい歓迎

「完璧です!」

アニーはそう答えましたが、万が⼀に備えてアリアのドレスを綺麗に整えます。

一度しか見たことのないアリアを招待したフレイ。

おそらく、重要なことなのでしょう。

(彼女の意図は分かりませんが、弱みを見せてはいけないわ)

アリアは優雅な姿で、⾺⾞から降りました。

待っていたフレイは、温かい歓迎で彼⼥を迎えます。

「⻑旅であなたは疲れているに違いありません。どうぞいらっしゃい」

「・・・私を招待してくれてありがとうございます」

アリアの懸念に反して、⾮常に明るい表情と友好的な態度でフレイは挨拶した。

法廷で⾒た冷淡な裁判官はどこにもいません。

優しい笑顔の中年⼥性の印象です。

驚いたアリアはゆっくりと答えて、フレイは彼⼥をラウンジに案内した。

(予想通り、彼⼥は王室の⼀員ね・・・)

⼩さいサイズとは異なり、邸宅の内部は素晴らしかった。

展⽰されている⼩さな装飾品はそれぞれ、職⼈の⼿による芸術作品のように⾒えます。

しばらく歩いた後、アリアたちはラウンジに着く。

まるでアリアのために⽤意されたかのように、⾹りのよいお茶と⽢いおやつがテーブルの上にありました。

「法廷であなたに会ってから久しぶりです。突然、私に誘われて驚いたと思います。お茶を飲みながら少しお話がしたいと思って。ご不便をおかけして申し訳ございません」

「いいえ、私を招待してくれてありがとうございます」

「そう言ってもらえてホッとしました。久しぶりに買ったお茶や飲み物はきっと気に⼊ると思います」

 



 

  • 意図の読めない行動

フレイが⾔ったように、それは⾹りのよいお茶です。

「本当にいい匂いがします」

「これはさらに良い味がします」

「本当ですか?とても楽しみです」

アリアはそっと微笑んで、茶碗を⼝に持っていった。

(なぜ彼⼥は、こんなに美味しいお茶を出すのかしら?)

動揺を隠して、フレイの本当の意図を⾒つけようとしたが、それは不可能でした。

お茶と天気について優しい笑顔で話していたので、得ることが出来る情報はありません。

突然、フレイは「あなたの趣味は何ですか?」という奇妙な質問をしました。

「趣味?ええと・・・、私はあまり趣味がなくて。いつも本を読んでいます」

「なるほど、読書ですか。だからあなたはとても知識が豊富なのね。読書で身に付いた知性と充実感を感じます」

「そう言って頂けて、ありがとうございます」

「あなたの好きな⾷べ物は何ですか?」

アリアは、フレイの未知の意図にまだ少し当惑していましたが、熟考し続けました。

「私の好きな⾷べ物は・・・、ええと・・・、お⾁だと思います」

「そうですか。⾁は成⻑にとって重要です。では、好きな⾊は何ですか?」

「・・・青ですが?」

「美しい⾊ですよね。あなたの好きな花は何ですか?」

「チューリップ・・・、そしてユリです」

(なぜ彼⼥はこんな質問をするのですか?)

そらは、アリアが伯爵家に⼊って新しい⽗親に会った後、伯爵から聞いたことのない質問と興味でした。

いいえ、⺟親でさえ、それほど⼤きな関⼼を持ってアリアに尋ねたことはありません。

何も知らない⼈から注⽬されるのは不思議でした。

結局、フレイの予測できない⾏動により、アリアは最初に緊張感を覚えた時とは異なる⽅法で緊張感を覚えました。

ハンカチで額を拭いてそれを表現したとき、フレイは急いで謝罪した。

「あっ、すみません。ご不便をおかけするつもりはありませんでしたが、⾃分の好奇心を満⾜させるために、知らず知らずのうちに失礼でした」

「いいえ、⼤丈夫ですよ」

「あなたは寛大ですね。今年で17歳になると聞きましたが?」

「え?そうですね」

「タイミングはとても似ています・・・」

フレイが理解できないことを⾔ったので、アリアは頭を傾げました。

しばらく柔らかな表情を⾒せていたフレイは、慎重にアリアに尋ねました。

フレイの要求はアリアに実現可能でしたが、それは奇妙なお願いでした。

「サイズは少し⼤きいですが、大丈夫そうです・・・。彼が戻ってきたようだわ」

「・・・」

アリアはどう反応すればいいか分からず、黙っていた」

フレイはアリアに男性服を着るように頼んだからです!

複雑な感情やショックで⾔葉を失ったアリアは、まるで⼈形になったように、フレイの要求にしばらく従っていた。

⼀体何が起こっているのか尋ねることも出来ません。

(彼⼥の孤独な表情はどういう意味が?)

「・・・申し訳ありません。そんなつもりはなかったのですが、あなたに会って、思い出に囚われてしまいました」

「・・・大丈夫です」

アリアが着替えから戻ってくると、フレイの目は赤くなっていました。

彼女は⽂句を⾔うことが出来ず、「帰ります」と⾔いました。

理解しにくい状況に満⾜出来なかったから。

「ごめんなさい、⻑く滞在出来なくて」

「いいえ、ご来店ありがとうございました。これは今⽇飲んだお茶です。とても貴重なお茶ですので、帰宅後にお楽しみください」

「・・・ありがとうございました」

アニーは贈り物を受け取り、⾺⾞に乗ろうとしていました。

突然、フレイはアリアの名前を⼤声で呼びます。

「その・・・、ロースチェントお嬢様!」

「・・・はい?」

アリアは驚いた。

フレイはしばらくの間⾔葉を選んで、それからアリアを呼び止めた理由を持ち出しました。

「その・・・伯爵夫⼈は何も⾔わなかったのですか?」

「えっと?何をですか・・・?」

(彼⼥は私の⺟を知っている?)

アリアはフレイの質問を理解出来なかった。

フレイは、何かを⾔おうとしていたが、諦めた表情で⾸を横に振った。

(⼀体何なの?)

「何でもありません。これ以上は遅くなってしまうので、お戻りになってください」

フレイは彼⼥に気をつけて家に帰るように⾔い、アリアが⾺⾞に乗る前に邸宅に姿を消した。

(⼀体何だったの?)

混乱したアリアはまっすぐ屋敷に帰った。

 



 

  • 反論

屋敷に着いた後、緊張して少し疲れました。

彼⼥はしばらく休憩し、⼣⾷時に⾷堂に降りた。

⾷事が始まってすぐに、兄と妹は事前に準備したかのように伯爵を説得し始める。

「⽗さん、皇太⼦との繋がりは良くないと思います」

「カイン、私はすでに他の貴族と話を終えたと⾔った事を覚えていませんか?」

「再考したほうがいいです」

カインは断固とした表情でそう答えた。

 



 

謎過ぎるフレイの行動。

けれど、アリアが王室の血を受け継いでいるのは確定でしょう。

そうすると、伯爵夫人も王室?

それとも本当の母親ではない?

謎は深まるばかりですね〜^_^

そして最後のカインの爆弾発言!

結局、彼はミエールと結託する事を選んだのですね・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【97話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は97話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...