悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【92話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は92話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

92話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 知らない女性からの好奇心

そんな照れくさい⾔葉を交わしていると、特別な⾏動や⾔葉を交わさなくても満⾜感に打ち勝ちました。

だから人々はデートをするのです。

アリアは20年以上経って、ようやく学びました。

しばらく幸せだったアリアは、時間を確認して、慌てて本題に入った。

「ローレン⼦爵の娘で、侯爵の妻となるサラ夫⼈を覚えていますか?」

「ええ。もちろん、覚えています」

「彼⼥に時間があるかどうかは分かりませんが・・・。サラ夫⼈にアカデミーで⽣徒に教えるようにお願いしたいと思います。どう思いますか?誰もが庶⺠なのでマナーを覚えたほうが良いと思うのですが・・・」

サラが以前は家庭教師であり、⼦供たちに教えることにやりがいを感じ、教師になりたいと思っていたと付け加えました。

アースは優しい笑顔を消し、皇太⼦の顔を取り出す。

「ビンセント伯爵とサラ夫人が私を⽀持すると宣⾔したので、私を⽀持するために彼らの⽴場を変える貴族がいると確信しています」

アリアも投資家の顔に戻り、彼が何を得ることが出来るかを説明した。

男と⼥の恋愛関係だけでなく、お互いに未来を変える⼿助けをする為に。

⻑い間話し合った後、アースは帰る準備をしているときに突然質問をしました。

「ちなみに、法廷で裁判官と個⼈的な話し合いはありましたか?」

「裁判官?いいえ・・・?彼⼥の名前すら覚えていません」

「そうですか」

「どうしたのですか?」

「いいえ、彼⼥はあなたのことを知りたがっていました」

「・・・私と?」

不安な表情を浮かべるアリア。

アースは彼女を安心させたいと考えて。彼女の甲にキスをしました。

「彼⼥はすでに権⼒から遠く離れています。あなたの噂が素晴らしいので、彼⼥はおそらく好奇⼼が強いだけでしょう」

「そうだと嬉しいのですが」

それにも関わらず、アリアは言いようのない不安を抱えていた。

もう⼀度アリアを安⼼させるために、アースは来週正式に訪問すると話す。

「邸宅に⼿紙を送ります」

それから、アースが幽霊のように姿を消した後、アリアは手の甲を見つめながら微笑んだ。

 



 

  • 過去と逆転

そして数⽇後、皇室印が刻印された⼿紙に邸宅が混乱した。

伯爵は外出を遅らせて、伯爵夫⼈は少⼥のように顔を⾚らめた。

「ああ、なんてこと・・・。殿下がこの邸宅を訪れるなんて・・・!」

伯爵夫⼈は、「急いで屋敷を飾らなきゃ」と⾔い、使用人に指示を出す。

使⽤⼈たちもアリアの為なので、彼らは皆、最善を尽くすことに熱⼼でした。

「あなたは本当に皇太⼦の妻になれると思いますか?」

ミエールが冷たい表情で尋ねてきます。

アリアはリラックスした表情で、「外国と⼿を組もうとしているお姫様よりも似合うかもしれない」と⾔った。

ミエールは⾝震いして⾔った、「どうしてそんな下品なことを⾔うことが出来ますか?」

「本当の事ですよね?彼⼥はすべての貴族を結集し、反逆罪を犯そうとしているように見えます。彼⼥は男を失ったから、そんな事を計画しているのでは?平民でさえそんな事はしません」

「・・・公女様を侮辱しないで!」

ミエールが叫ぶと、すべての⽬が彼⼥に向けられました。

(醜いわね、ミエール)

彼女の表情は想像を絶するものです。

過去と全てが逆転しています。

アリアは気分が良くなり、驚いたかのように眉を落とし、悲しそうな表情でミエールに静かに囁く。

アリアは勝利の笑顔で微笑み、全⾝を震わせていたミエールは⻭を⾷いしばる。

それは本当に⽴派な⾃制⼼でした。

「・・・予想通り、あなたは愚かな売春婦の娘ね。物事はそれほど簡単にはいきません」

それからミエールは向きを変えて、⼆階に姿を消した。

 



 

  • 皇室の馬車

皇太⼦を乗せる馬車は、ロースチェント伯爵の邸宅に向かう。

鮮やかな⾦で飾られた馬車は1台ではなく2台でした。

1つはアースが乗る馬車、もう1つは贈り物として⽤意された⾦と銀のコインを運んでいます。

⾺⾞が賑やかな通りを通り抜けたので、多くの⼈がその光景を⽬撃した。

公式の⾏事でない限り、王室の⾏動のほとんどは秘密です。

予期せぬ外出を⽬撃した⼈々は⽬を開け、憶測と噂を⽣み出しました。

「皇太⼦殿下はロースチェント・アリアに会うつもりなのでは!?」

⾺⾞がロースチェント伯爵の邸宅に向かったとき、事実に基づく噂がすぐに⾸都を飲み込んだ。

世紀のスキャンダルは皆の注⽬を集めました。

⾺⾞の中で書類を見ているアースの⼝の隅が笑顔で持ち上げられた。

彼はいつもの無表情な顔とは異なり、とても幸せそうに⾒えました。

わざと皇室印のある豪華な馬車を選びました。

理由はシンプルです。

彼⾃⾝とアリアの関係を知らしめる為。

それと、彼が⾃慢したかったから。

帝国が扱っていた偉⼤な⼥性は、皇太子の恋⼈ですから。

「皇太⼦殿下にお目にかかれて嬉しいです」

⾺⾞は⾸都の向こう側にあるロースチェント伯爵の邸宅に到着した。

⾺⾞が⽌まるとすぐに、伯爵と伯爵夫⼈は完全な礼儀で言います。

彼らはとても緊張しているように⾒えました。

伯爵夫⼈の周りで待っていた使⽤⼈とメイドも頭を下げる。

ミエールとカインも礼儀正しい態度です。

その中で、アリアは⾃分の背中を直⽴させてアースに挨拶した。

それは彼⼥だけの特権。

「アリアお嬢様」

⾺⾞から降りたアースは、今まで⾒たことのないデザインの凝った服を着ていた。

⽩いスーツは彼の微調整された髪と優雅な外観にマッチしています。

存在感の無い以前の⿊いスーツとは異なり、彼の外⾒は明らかに皇太⼦でした。

 



 

サラの夢が叶うと良いですね♪

彼女が教師なら、もう一度授業を受けたいです^_^

そして、遂に皇太子が正式に挨拶に来ましたね!

次回のやり取りが楽しみです。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【93話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は93話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...