悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【91話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は91話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

91話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【90話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 予想外の報酬

ミエールは気分を変えようと⼝を開いた。

「彼女は嘘をついていませんか?ハッタリかもしれません。殿下はまだ何も⾔っていませんし、彼女の勘違いでしょう」

しかし、ミエールが話せば話すほど、イシースは気分が悪くなりました。

彼⼥はそうではないと知っていたから。

ヴィンセント侯爵の婚約式。

庭の状況を密かに見ていたイシースにとって、この状況は虚ではなかった。

(彼は結婚するつもりはないと⾔っていませんでしたか?)

彼⼥はこれ以上醜い外⾒を⾒せることが出来なかったので、震える⼿をテーブルの下に隠し、深いため息を吐きながら⾔いました。

「私も⽅法を考えますので、ミエールは何とか伯爵を説得してください」

今、彼⼥を助けるエマはいません。

数回失敗している彼⼥に何が出来るでしょうか?

ミエールの顔に映る不安を感じて、イシースは彼⼥を元気づけるために呪⽂を発した。

「あなたはまだ⼗分な年齢ではありませんが、・・・常に例外はあります。貴族派の団結のために、オスカーとの婚約を早めましょう」

「・・・それは本当ですか?」

予想外の報酬に、ミエールは強い反応を示す。

「⼼配しないでください、イシースお嬢様。今回はあなたを助けるために必要なことは何でもします」

 



 

  • ジェシーとハンス

アリアの噂はスムーズに広まる。

重要な物語として作られた感動的な物語は彼⼥を賞賛しました。

投資する若者を1⼈か2⼈選び、奨学⾦を利用してアカデミーに送るのはとても簡単なこと。

「ハンスはとても賢いと聞きました。お喋りですが、幼い頃から新聞を借りていて、知識が豊富なのです」

そして、ジェシーは時々ハンスの話を持ち出しました。

それは彼らが数年間定期的に会っていたから。

近年では、アリアという情報で友情が急速に⾼まっているようです。

「本当に?ハンスは何歳ですか?」

「彼は今年20歳になると言っていました」

「ジェシー、彼はあなたと同じ年齢ですね」

「ええ、そうなんです」

ジェシーの恥ずかしそうな笑顔は、アリアに今まで⾒たことのない本当の喜びを感じさせました。

(私は彼⼥にもっと有能な⼈を与えるつもりでしたが・・・)

彼⼥はアニーよりずっと優秀です。

⼤家族のハンスと結婚したら、ジェシーは苦労する可能性がありました。

突然アリアは良い考えを思いつきました。

(ハンスを育てれば良いのでは?)

ハンスは奨学⾦を受け取り、彼の能⼒が認められてアカデミーに⼊学しました。

アリアが彼をサポート出来れば、彼は成功するに違いありません。

「ハンスに、私が期待していることを伝えてください」

「え?分かりました、お嬢様」

ジェシーはアリアの過去を知りませんが、何故彼女がその行動をしたのか納得出来ました。

「では、私は戻ります。頑張りすぎないでください」

新しいお茶を持ってきたジェシーは、アリアの部屋を出た。

 



 

  • 皇室の指輪

いつもならベッドに横になりますが、今⽇はそうではありません。

何故なら・・・。

「アリアお嬢様」

「・・・アースさん」

アースが訪れた⽇だったから。

彼は仕事が終わるとすぐに来てくれたようです。

彼はとても疲れた表情でした。

彼を待っていたアリアはお茶を飲んで本を読んでいたが、驚きの表情で彼を迎えた。

「大丈夫ですか?少し⽇焼けしていますね」

「・・・暑いところに⾏ったからだと思います」

アースの⽬はアリアの細い⼿⾸に移ります。

前回彼⼥に与えたブレスレット。

⼀⾒普通に⾒えるブレスレットでしたが、それは珍しいものでした。

アリアはこれに気づかず、お茶ではなく飲み物を⽤意したいと言います。

彼女の表情が暗いのを⾒て、「ここにいるから気分が悪いの?」とアースは尋ねた。

「いいえ・・・!あり得ません」

アリアはこの⽇を楽しみにしていました。

毎⽇とても忙しかったですが、時間がゆっくりと進んでいるように感じていました。

アースは⾸を横に振って、⾃分で茶碗にお茶を注ぎました。

「疲れているあなたに、そんな事をさせる事は出来ない」

彼はアリアの茶碗にお茶を⼊れました。

王族がお茶を注ぐなんて事はないでしょう!

「さあ、座って」という⾔葉にアリアは悩まされ、彼の⼿を⾒下ろすと、⾊は違うが⾃分と同じ指輪をしているのに気づいた。

「指輪・・・⾊は違いますが、アースさんがくれた指輪と同じです」

「ああ、それは同じ指輪ですよ。しばらくすると、⾊が戻ってきます」

「⾊が変わるのですか?」

アースは指輪を取り出してテーブルに置く。

「・・・なんて事」

すると、リングの色が⼀瞬で変わりました。

「それは皇室の指輪です。使うと⾊が変わります。私があなたにあげた指輪は同じです」

驚いたアリアは⽬を開けて、「・・・じゃあ、皇室の家宝みたいな物ですか?」と尋ねました。

「そうですね。⽗と⺟から受け継ぎました」

とても意味のある指輪でした。

特にカラフルではなかったので、あまり意味があるとは思っていませんでした。

そう考えていた自分自身に、アリアはとても恥ずかしくなる。

「本当に私が受け取っても良いのですか?」

アリアを⾒つめたアースはゆっくりと⼿を伸ばし、指輪を持って⼿を取りました。

「リングの所有者はあなただけです」

彼は真⾯⽬な⽬でそっと微笑み、とても⾃然な笑顔で答えました。

「・・・意外に、あなたは恥ずかしがり屋なのですね?」

顔が赤くなるのを抑える事が出来ません。

これまで、アリアは自分が美しいこと、他人からの好意には気づいていましたが、誰も彼女との将来について話した事はありません。

指輪の意味を告⽩した後、アリアからの返事がないので、アースは不安になりました。

彼は緊張しているように⾒えたが、⼤胆な⾔葉とはかなり異なっています。

(アリアから指輪を返されたらどうしよう?)

アースは内心でそう思っていました。

初々しい二人は、まだお互いの⼼を測るのは困難でした。

しばらく答えを探していたアリアは、すぐにアースの⼿を握る。

「私はこの指輪に値するのだろうかと思いますが・・・、ありがとうございます」

取り敢えず、アリアからの拒絶はありません。

今、アースは彼の隣に⽴っている女性をアリア以外に想像することが出来ません。

アリアがそう答えると、⽿を⾚らめたアースは⼿に⼒を加えた。

「ありがとう」

 



 

最近登場してないオスカーの心境は?

ジェシーとハンスの組み合わせは意外でしたね^_^

でもお似合いな気もします♪

アリアのブレスレットは何か効果があるのでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【92話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は92話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...