悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【90話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は90話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

90話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【89話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ミエールの行動

屋敷のメイドたちの報告によると、ミエールは公女から定期的に⼿紙を受け取っているそうです。

おそらく、今回もアドバイスを求めに向かったのでしょう。

「私が皇太⼦を籠絡したとミエールは思っているはず、公女はどれほど怒って動揺しているでしょうか」

皇太⼦の前に、アリアはオスカーとのスキャンダルも持っていました。

アリアは数回しか彼⼥に会ったことはありませんが、イシースは自分を引き裂いて殺したいだろうと確信しています。

「ミエールが彼⼥に依存している今、本当の敵はイシース公女かしら?」

皇太⼦との関係を続けるとすれば、公女は当然敵となるが、それ以外は個⼈的な恨みに縛られていた。

アリアはミエールの誕⽣⽇パーティーでの敵対的な表情を忘れることができませんでした。

他国の王と結婚することによってイシースが新しい⼒を求めるのを⽌める⽅法。

そして、それを調べる⽅法について考えて⼀⽇を過ごしていた。

その日の夜、ゲストが彼⼥を訪ねます。

思いがけないゲストで、彼は枯れにくいチューリップの花と、ギフトボックスを⼿に持っていた。

「・・・レインさん?」

「夜遅くにすみません」

彼の訪問はアースの知らせを聞くことができたことを意味した。

お茶の準備を急ぎますが、残念ながら、伯爵とカインがその間に帰宅しました。

彼らはとても疲れていたように⾒えます。

それは彼⼥の2⼈の娘の間で噂が広まったため。

彼⾃⾝の娘が悪女と噂されることは苦痛であるに違いありません。

しかし、噂にはすべて根拠があります。

噂の根拠がなかったら、伯爵は「すべてアリアの仕業だった」と⾔っていたでしょう。

そのため、伯爵は久しぶりに訪ねてきたレインが気に⼊らなかった。

彼から得るものがこれ以上なかったから。

 



 

  • アースからの手紙

「どうしてこんな遅くに?もう来ないと⾔ったのを私は覚えています。まさか、あなたはアリアに興味があったのでここに来ましたか?」

過去にアリアをレインに渡そうとした伯爵は、彼がアリアに興味があるのだろうかと考えていた。

カインも⽗親と同じような表情でレインを睨みつける。

「そのつもりでしたが、伯爵が順調かどうかと思いまして。主⼈が私に挨拶に向かうように頼みました、そして彼はあなたのビジネスに⾮常に興味があると言っています」

「本当?それなら」

伯爵はもはや不快ではなくなったので、⼀緒に⾷事をすることを提案した。

もちろん、彼はレインが自分に会いに来たと思っているようです。

レインは少し不快そうに⾒えたが、すぐにうなずいてダイニングルームに向かいました。

レインが準備した花束と贈り物は、アースの指⽰でアリアに与えられました。

(なぜアースさんは⼀⼈で来なかったのだろうか?)

彼はかつて彼⼥の部屋に来ていた。

アリアは急いで⾃分の部屋に⾏き、⼿紙を開いた。

[私はあなたを訪ねるのが難しい場所にいるので、レインを通してあなたに⼿紙を送ります]

最初の⽂を通して、彼が来なかったのではなく、来られなかったことに気づきました。

彼が以前のように敵対的な勢⼒に狙われているのではないかと不安になる。

[それはあなたが⼼配すべきことではありません。この⼿紙を送る理由は、前回の会議ですぐにあなたを訪ねると⾔ったのに、あなたに連絡で出来なかったからです]

まるで彼がアリアの⼼を読んで考えたかのように書かれていました。

それ以来、アースが訪れたいと思った時期について書かれていた。

「・・・これは何?」

⼿紙を読み終えて、テーブルに置いていたプレゼントを開けると⾒たことのないブレスレットが。

「彼は国外にいるのかしら?」

アースがどこにいても、アリアは彼が健康に戻ってくることを望み、彼⼥は⾃分がしなければならなかったことを再開した。

 



 

  • お茶会

「このクッキーを⾒てください。形が珍しいです」

「ええ、可愛いですね」

⾊とりどりの豪華なテーブルに座った若い⼥性たちは、それぞれが誇張された称賛を行う。

その中⼼にいたのはミエールでした。

「それは公女からの特別な贈り物です」

「まぁ、やっぱり」

彼らは⾃分たちの領⼟に落ちた爆弾を無視して、落ち着いたふりをしようとしました。

⼀⼈だと不安なので、状況が⼤丈夫であるかのようにお互いを洗脳します。

「噂の悪女・・・彼⼥は最悪の選択をしました」

「彼⼥は汚れた⾎を持っているので、⺟親と同じように寄⽣しなければならない⽣き物です」

「帝国の将来が⼼配です」

そして彼らは敵を非難するために集まった。

「公女はお疲れでしょう」

「本当に。むしろ他国と⼿を組む方が良いと思います」

そして、彼らが信じ、従うべき存在を称賛することでした。

⾃分⾃⾝と貴族派への信仰についての噂が曖昧になったこの状況で、貴族派の⼥性の⼼を⼀つにするのがミエールの仕事。

⾃分の⼒を築いていたアリアとは異なり、現在の状況で他の貴族の⼥性が出来ることは、軽⾷や噂を集めて楽しむことでした。

「私が皆さんの意⾒をイシース公女に伝えます。彼⼥はきっと喜んでくれるでしょう」

皇太⼦がアリアと会っていることを知って、イシースは困惑していた。

売春婦の娘が自分の代わりになるのは、衝撃が大きかったのです。

ミエールもショックを受けましたが、イシースほどではありません。

公女は彼⼥がとても嫌っていた汚い⾎と⽐較されていました。

ミエールとアリアを⽐較したときとは異なり、アリアが皇室の⾎を引き継いだイシースよりも優れているという意⾒さえあります。

ミエールは、公女を出来るだけ怒らせないように努めて、何が起こったのかを報告しました。

「若い⼥性のことを⼼配する必要はありません。彼らはあなたにとても忠実です。彼らに裏切り者がいたら、彼らは彼⼥を⽌めるために⾝を投げるでしょう」

イシースが望んでいた重要な報告ではありませんが、彼⼥はそれが⾮常に重要な問題であると扱いました。

彼女は冷たい表情で他のことを尋ねた。

「・・・そうですか。殿下が邸宅を訪れたことはありますか?」

「え?いいえ。未だに来ておりません・・・」

かなりの時間が経っても、皇太⼦の影は⾒えません。

 



 

久しぶりのレインの登場です。

彼は伯爵に真実を告げないのでしょうか?

それとブレスレットの意味は?単なる贈り物?

ミエールの行動も微妙ですね・・・。

アリアとの差が、どんどん開いていきます。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【91話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は91話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...