悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【89話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は89話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

89話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 3人の異なる思い

伯爵は毛皮事業をミエールの功績にしました。

アリアは倉庫事業に多⼤な貢献をしてきましたが、伯爵は彼女を認めるどころか、事業で何が起こっているのかについても⾔及していません。

「そうですか。話すのを忘れていました」

アリアは笑いを混ぜた笑顔で答えた。

アリアはもう伯爵を警戒する必要がなかった。

彼は過去に何も悪いことをしなかったかのように、話題を変えました。

「構いません。これからは、カインと⼀緒に外に出るべきですね。やるべきことが沢山あります!」

伯爵は自分のビジネスであることのように誇らしげでした。

アリアが彼を助けるのは当然かのように。

いいえ、彼はそう確信していた。

「いいえ、私が忙しいのをあなたは知ってますよね?今日みたいにここに来る若者がいるので、私は歓迎しないといけません。⼿紙は他国からも来ているので、私は⾃分の場所を離れることが出来ません」

しかし、伯爵の⼝は、彼⼥の断固たる拒絶によって縫い合わされたかのように閉じた。

おそらく彼はチャンスを逃していたことに気づき、伯爵の⽬は空中をさまよった。

「・・・あなたは以前から皇太⼦の事を知っていましたね?」

カインの表情はかなり真⾯⽬だった。

伯爵夫⼈はも、好奇⼼旺盛に⾒えたので、⽬を輝かせて私の答えを待っています。

「私が14歳の時から2年になります」

彼⼥がそう⾔った時、それは注⽬に値する時期でした。

少年だった皇太⼦は、今年の誕⽣⽇から20歳で⼤⼈になります。

(私は彼の隣に相応しいのだろうか?)

彼⼥は期待と不安が混じる笑顔で微笑んだが、カインはそれを奇妙に受け⼊れ、表情を歪めた。

伯爵夫⼈は「どうしてずっと隠したの?」と⼤騒ぎした。

「彼が誰であるかを知らずに彼に会っていました。彼が皇太子だと知ったのはつい最近のことです」

「何てこと・・・!⼩説の物語のようなものです!お互いを知らずに恋に落ちたのね!何てロマンチックなの!?」

伯爵夫人は憧れの少⼥のような表情を浮かべた。

娘が夢にも思わなかった夢を実現したので、彼⼥は幸せそうに⾒えた。

「あなたが前に法廷で会った⼈は、皇太⼦・・・ピノヌアさんではないのですか?」

「考えてみると、お兄様は彼に会っていますね。そうです。ピノヌアという名前は・・・彼がしばらく借りた名前と言ってました」

「忙しくてもあなたのことを⼼配して法廷に来たの?」

「彼はそう⾔ってました。これで質問は終わりですか?アースさんが来たら、何でも答えてくれると思います」

アリアはそう⾔って⾃分の部屋に戻った。

暖かい太陽に照らされた庭で、3⼈が異なる考えと⼼を持って去りました。

 



 

  • 新聞の見出し

アリアが訪れた若い男性に⾷事を提供したという噂が⾸都を覆ったのは2⽇もかからなかった。

噂の悪女、いいえ、今では彼⼥の社会的地位を⾼め、庶⺠を理解しようとした噂の美しい投資家であるアリア。

彼女は、邸宅の⾨に若い⼈々が集まるのを⾒て微笑んだ。

「お嬢様!あなたが注⽂したように毎週決められた⽇時に来るように彼らに⾔いました!」

ジェシーは明るい顔で⾔った。

「ありがとう、ジェシー」

「それと新聞を持ってきました。ハンスが邸宅に持ってきてくれました」

「本当?」

ジェシーの新聞を取り出す表情はとても明るかった。

アリアは⾃分の話が新聞に載っていると感じる。

(彼らは私にどのような賞賛を与えていますか?)

アリアは期待しながら新聞を開いた。

「ハンスはお嬢様が投資したアカデミーに⼊ったようです!彼は奨学⾦を得たと聞きました!」

ジェシーが教えてくれる。

「・・・本当に?」

かつて彼はひどい終わりを迎えていたので、思いもよらなかった話を聞いて不思議に思った。

アリアは本当の悪女を取り除くことによって、幸せな未来に直⾯することが出来ると期待しました。

[噂の悪女は聖⼈でした!]

[身分に関係なく無数のビジネスマンを救った投資家Aの⾝元は、ロースチェント家のアリアお嬢様であることが判明しました]

[アカデミーの完成後、ロースチェント・アリアの噂はいたずらであることが判明した]

[噂の源も衝撃的]

[彼⼥の美しさに嫉妬した妹のロースチェント・ミエールから来たのではないかと疑う⼈もいます]

[それが本当なら、これよりも酷いことがあるでしょうか?]

その記事は彼⼥の⼼を表したようで、アリアの⼝は空⾼く上がった。

ジェシーもそれを読んだかのように明るい顔をしていた。

アリアが噂の投資家Aであることが判明した後、彼⼥は⼈気を獲得した。

ほんの少しのことを段階的に変えてきた2年間のおかげ。

サラとの会合で会った若者のグループ、そして邸宅の使⽤⼈とメイド、彼⼥のビジネスを⽀援する⼈々のグループはその例でした。

公式の場に出席することもあり、噂とは⼀線を画す華やかで美しい姿と上品な態度を⾒せたおかげです。

そして、エマの場合は、被害者を演じる事で役割を果たしました。

彼⼥がこれまでに⾏ったこれらの⼩さな努⼒はすべて、この機会を通して輝いた。

 



 

  • ミエールの行動

「最初は、ビジネスでこれほど成功するとは思っていませんでした」

彼⼥が初めてビジネスについて考えた理由は、ミエールに対する復讐で伯爵の⼼をどうにかして勝ち取るため。

しかし、それが間違っていることに気づき、⾃分の⼒を⽣み出すためにビジネスに励みました。

当時と今と⽐べると、自分が別人のように感じた。

「やっと、お嬢様についての噂が悪意のあるものであることが判明しますね!」

ジェシーは主⼈に対する不安の兆候を消し、純粋な信頼を明らかにしました。

(もし戻ることが出来たら、屋敷に⼊ったばかりの時代に戻りたいわね)

そうすれば、彼⼥はジェシーにも意地悪ではなかっただろう。

アリアは再び新聞に⽬を向けた。

庶⺠が読んだ新聞がどんなに安っぽくても、その話は伯爵、カイン、ミエールに届けられます。

それが事実であるかどうかに関わらず、伯爵とカインはしばらくの間忙しそうだった。

いつも遅く帰宅する彼らの顔は疲弊していた。

「ミエールはどうですか?」

「ええと・・・、彼⼥は早くに出かけました」

そして、ある⽬的のために、ミエールも最近は頻繁に外出していた。

彼⼥の評判は⽇々低下していましたが、ミエールは諦めていません。

⽬的地は・・・、おそらく公爵の邸宅。

オスカーと彼⼥を結びつけていたイシース公女に会っているのでしょう。

 



 

伯爵も相変わらずの性格ですね・・・。

彼が毛皮事業をアリアの功績としていれば、未来は変わっていたかもしれません。

この段階では、伯爵が貴族派を裏切るか分かりませんね。

それよりも問題はミエールでしょう。

何をしてくるか分からない恐怖がありますね泣

 

悪女は砂時計をひっくり返す【90話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は90話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...