悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【88話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は88話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

88話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 投資家Aの影響力

「ジェシー、この⼿紙をサラに届けて。そして、おやつを部屋に持ってきてください」

アリアはサラに⾃分の状況を説明する⼿紙を書いた。

彼⼥はそれを細かく封印し、ジェシーに⼿渡す。

アニーは困惑したジェシーの代わりにアリアの⾷事を持ってくると⾔った。

アリアはのんびりとした朝、軽いスープと飲み物でリラックスし、将来の計画を⽴てました。

外を⾒ると、屋敷の⾨の前で警備員と格闘しているように⾒える若い男性が何⼈かいた。

「・・・アリアお嬢様・・・、聞いてください・・・!」

遠すぎたので何を⾔っているのか聞き取れませんでしたが、完成式の後なので、⾃分と関係があるのではないかと思いました。

アリアはアニーを送って騒動について調べると、それは彼⼥が推測した通りでした。

「彼らは⾃分の事業計画をあなたに⾒せたいと⼤騒ぎしています」

「本当?」

「彼らに帰るように頼んでも、彼らは⾔うことを聞きません。事業計画をボブーン男爵に届けるように頼んでも、⽿を貸しません!失礼です!」

投資家Aの事業計画が全て⼤当たりしたという噂が広まりました。

誰もがアリアに彼らのビジネスを⾒てもらいたいと思うでしょう。

「⼊れてあげなさい」

「・・・お嬢様?」

「彼らの事業計画を⾒るのが私の仕事です。無下に扱うことは出来ないわ」

今こそ、貧しい⼈々を受け⼊れ、邪悪な⼥性を聖⼈にする時でした。

「簡単な⾷事の準備を。使⽤⼈とメイドに、ゲストに迎えるように言いなさい」

「でも、お嬢様・・・!知らない人間を招けば、どんなトラブルに巻き込まれるのか分かりません!」

彼⼥はそのようなことの準備のために砂時計を持っていました。

砂時計をちらっと⾒ながら、そっと微笑む。

「アニー、私を馬鹿だと思いますか?」

彼女の笑顔に、アニーは唾液を飲み込む。

最近の彼女は明らかに慈悲深く、柔らかな顔をして、まるで聖⼈のようです。

しかし、近くにいたアニーは、噂のとおり、邪悪な性格が時々彼⼥の中に潜んでいることを知っています。

「・・・分かりました、お嬢様!」

 



 

  • お食事会

アニーの素早い⾏動の助けを借りて、彼らはすぐに庭でゲストを迎える準備が出来ました。

伯爵は⼾惑い、使⽤⼈に理由を尋ねます。

「アリアお嬢様がアニーに準備をするように⾔ったと・・・」

「アリアが?」

伯爵は、彼⼥が詳細を説明するために待ち合わせ場所を⼿配したと誤解した。

しかし、それが⼤きな誤解でした。

「アリア夫⼈!ありがとうございます!私の事業計画を聞いてくれるだけでなく、このような⾷事もの⼿配まで!」

「ゆっくりお⾷事をお楽しみください。あなた方が⾷事をしている間、私は事業計画を読ませていただきます」

「ありがとうございます!」

柔らかく暖かい⽇差しの中、10⼈近くの若者が急いで⾷事を始めました。

誤解していた伯爵、伯爵夫⼈、カインは唖然とした顔をしています。

伯爵は真⾯⽬な顔で⽂書を検討し、静かにアリアに近づきました。

「・・・アリア、書類を受け取るだけで⼗分だと思いませんか?」

「彼らは朝から待っていました、彼らをただ送り返すことは出来ません」

「私は・・・」

昨夜からずっと待っていました。

伯爵は⾔いたいことが⾔えなかったので、苦笑いを浮かべます。

「彼らは何か良いアイデアを持っていますか︖」

アリアは伯爵の質問に意味ありげな笑顔を⾒せた。

 



 

  • 過去の自分

「さて、あなた方は全員良い計画を持ってきてくれました」

⾷べていた若者たちの顔が明るくなりました。

アリアに認められたという事実は、彼らがビジネスを⾏うのに優れていたことを意味します。

「斬新でユニークです。しかし、まだ修正が必要な部分があります」

もちろん、それは嘘。

将来的にはどの事業計画も成功しないでしょう。

彼らは単なる庶⺠であり、ビジネスを⾏うのに適していません。

「だから私はあなた方にチャンスを与えたいのです」

アリアは彼らがアカデミーで勉強するべきだと提案した。

「もしあなた⽅全員に才能が無かったら、私はあなた⽅全員にアカデミーを推薦せず、何も言わずにあなた⽅を送り返しました・・・。しかしあなた⽅全員は才能のある⼈々なので、私はあなた方の学費をサポートします」

⾃分にちなんで名付けられた奨学⾦を⽀援するのは悪くないだろうと彼⼥は考えていた。

若い⼈たちは、彼⼥が授業料を後援し、彼らの才能を称賛することさえあると聞いて興奮しました。

彼らはすぐに屋敷から出ていきました。

アリアはゆっくりと顔を固め、フォークとナイフを置きました。

⾷事は素晴らしかったが、彼⼥は⾷欲がなくなりました。

それは若者たちのテーブルマナーによるもの。

過去の自分を思い出す。

やっと障害が無くなったと思って、伯爵はチャンスを逃さずにアリアに話しかけた。

「アリア、噂は本当ですか?」

「・・・噂ですか?」

アリアは知らないふりをした。

「あなたが投資家Aであり、王⼦と親密という噂です!」

アリアがうなずいて肯定の兆候を表明したとき、伯爵は明るく微笑んだ。

「若い頃からあなたに才能があることは知っていました!」

 



 

いきなり押しかけるのもどうかと思いますが・・・。

それを受け入れるアリアも凄いですね!

今後はどういった対応をするのでしょうか?

庶民のテーブルマナーを見て、過去の自分と重ねるアリア。

彼女は努力をして今の地位を得たのですから、その言葉には重みがありますよね。

伯爵は貴族派ですが、どうするのでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【89話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は89話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...