悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【87話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は87話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

87話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【86話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 公女への報告

「イシース様、私の仕事は終わったので私は⾏きます」

「アドバイスありがとうございます、ビカ」

公⼥だけを残されたミエールは、アリアの話を中々切り出せないでいた。

オスカーも彼⼥の訪問を聞いた後に降りてきた。

ミエールは⽬を閉じて悲しい知らせを発表する。

「・・・今⽇の式典では、投資家Aが現れました」

「それは本当?興味深い話ね・・・、投資家Aの背後にいる⼈は詳細が掴めていないから。ミエール、あなた大丈夫?震えているわ」

イシースは彼女の異常な反応に⽬を細め、オスカーは眉をひそめた。

「誰でしたか?」

震える⼿でお茶を⼀⼝飲んだミエールは、とても⼩さな声で⾔った。

「それは・・・、それは⼥性です」

「・・・『⼥性』と⾔いましたか?それは悪戯でしょ?」

イシースが笑顔でもう⼀度尋ねると、ミエールは⽬を閉じて答えました。

「本当です・・・」

イシースは、真実を知るために使⽤⼈を呼びました。

「・・・それが本当であることを確認してください」

オスカーは何度も尋ねたが、何も答えはなかった。

沈黙が続きます。

 



 

  • 二つの報告

イシースの指⽰に従って投資家Aに関する情報を探しに⾏っていた使⽤⼈はすぐに戻ってきました。

「・・・イシースお嬢様。投資家Aはロースチェント・アリア様だと確認しました・・・」

チャリンという⾳が鳴る。

イシースは使⽤⼈の報告が終わる前に茶碗を落としました。

ミエールはショックを受け、彼⼥の体は震えます。

そして、オスカーはショックを受けて⼿のひらで彼の⼝を覆いました。

「・・・ああ、私が最初に彼⼥に会ったときから」

イシースは投資家Aに⼿紙や⼈を何度か送ったが、なぜ投資家Aが断固として拒否したのかが分かった。

(私はあの邪悪な⼥性をすぐに取り除くべきでした)

イシースは⻭を⾷いしばり、彼⼥の声は殺意を含んでいた。

彼⼥が⻑い間怒っていると、イシースは良い考えが思い浮かんだかのように輝いた。

アリアが投資した⼈々を排除すれば全てが解決する。

彼⼥がどんなに素晴らしかったとしても、所詮は売春婦の娘にすぎません。

「それと・・・お嬢様。・・・もう1つ報告することがあります」

イシースは、途⽅もない恐れを感じた。

アリアが投資家Aであると彼が報告したときよりも、今の方がもっと怖かった。

皇太⼦に侮辱された彼⼥は、後を追う⼈々に頭を下げなければならなかった。

それを補うために、彼⼥は他国の王と⼿を組んだ。

しばらく間を取った使用人は⽬を閉じてゆっくり話しました。

「式典の後・・・、皇太⼦と・・・彼⼥は二人で去りました。彼⼥はまるで彼に⻑い間会っていたかのように話していたそうです」

「・・・は?」

「ロースチェント・アリア夫人は・・・、皇太⼦殿下と密接な関係があるようだと噂されています・・・」

(このすべての侮辱と恥は・・・、あの下品な雌⽝のせい・・・)

バタン。

「イシース様!」

「姉さん!」

使用人の⾔葉が終わる前に、怒りとショックに気を取られていたイシースは冷たい床に倒れました。

 



 

  • アリアの帰宅

「アリア!」

アースとしばらく過ごしたり、森の中を歩いたり、別荘を訪れたりした後、夜遅く帰るはずだった伯爵はアリアを歓迎した。

彼の表情から察する事が出来ます。

「早かったのですね」

「仕事が終わって急いで戻ってきた」

伯爵はかつてないほど親しみやすく、明るく微笑んで愛情を込めて彼⼥を⾒つめている。

彼はここで全ての質問をしたいようですが、お茶を飲みながら気⾼く⾏動しようとしているようでした。

カインは伯爵の後ろにいて、顔が壊れていました。

まるで国を失ったように⾒える。

アリアが利益を上げる⽅法について答えを遅らせたので、伯爵は彼⼥にすぐに話すように促そうとすると。

「伯爵、アリアは疲れているに違いないです。彼⼥は朝から外出していて、今戻ってきたところです」

アリアを伯爵から救ったのは伯爵夫⼈に他なりません。

いつもとは違って、彼⼥は美しい顔を上げて伯爵を叱責しました。

「あなたは思いやりがあるべきではありませんか?」

「・・・うーん、そうだな。休んだほうが良いと思います。代わりに明⽇の朝話しましょう」

⼀瞬で⾔葉を変えた伯爵にアリア明るく笑った。

公爵の屋敷に出ていたミエールは、⾚く⾎まみれの⽬で帰宅した。

アリアは彼⼥を歓迎した。

「おかえりなさい、ミエール」

「・・・!」

(凄く良い表情をしているわね、ミエール)

「最初に報告すべきでしたね。これまでの間、黙っていて申し訳ありません」

彼⼥がそう⾔うと、すぐに注目が⼀瞬で集まった。

その視線の感情は、アリアへの期待、欲求不満、そして怒り。

彼⼥は投資家Aであり、帝国の新しい⼒の重要⼈物。

アリアはとても幸せそうに笑いながら⼝を開いた。

「私と付き合っている⼈が、すぐに邸宅に⾏きたいと⾔いました。彼は許可を求めたかったのですが、それがどのような許可なのか分からないので、改めてお知らせしますね」

誰もが思いがけない爆弾を投げたアリアは、階段を上って⾃分の部屋に戻る。

彼⼥が去ったホールには、まるで⼈がいないかのように静けさと沈黙が生まれた。

「お嬢様。食事を取りにいかないのですか?」

翌⽇、ジェシーは⼼配そうな声でアリアに話しかけた。

朝⾷の時間なのに、アリアは何も⾷べずに簡単なお茶を飲みながら⼿紙を書いていました。

「今⽇は少し疲れています。気分が悪いので、朝⾷を飛ばすわ」

アリアを待っていた伯爵の邸宅の⼈々の期待を裏切って、微笑んで⾸を横に振った。

彼⼥は彼らを⼼配させるために病気だと⾔った。

 



 

イシースの計画が崩れていきますね。

というか、彼女も投資家Aに手紙を送っていたとは・・・。

オスカーもショックは大きいでしょう。

今後、彼がどのように行動するのでしょうか?

伯爵の変わり様は相変わらずですね笑

 

悪女は砂時計をひっくり返す【86話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は86話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【88話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は88話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...