悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【86話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は86話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

86話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【85話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アニーの特技

「そうなんですか?とても興味深いですが、私は出かけますので」

ミエールは息を呑み、屋敷を出て行く。

忌まわしい姿が消えるとすぐに、伯爵夫⼈の後ろにいたアニーは⻭を⾷いしばった。

アニーの性格を知っている伯爵夫⼈。

「あなたの得意分野を活⽤する時が来たようね」

「・・・私の得意分野とは?」

「屋敷の皆は、今⽇何が起こったのかについて興味を持っているでしょ?」

「なるほど!」

伯爵夫⼈の言葉が何を意味するのかを理解したとき、アニーの⽬は輝いた。

隠されていた主⼈の誇らしげな姿を現す時が来た。

すでに、それは屋敷外の何千⼈もの⼈々の⼝を通して伝えられていたでしょう。

でも屋敷の皆は知らない。

帰ってくるアリアのために・・・、興奮したアニーは屋敷を駆け巡る。

「皆さん!素晴らしいことが起こりました!後で後悔したくなければ、早く集まってください!」

アニーはいつも新しくて⾯⽩いニュースを持ってくる⼈だったので、屋敷で働いていた使⽤⼈とメイドは、「何ですか?」と興味を示した。

「出かけている伯爵、カイン、ミエールはどこでアリアの知らせを聞くのでしょうか?」

伯爵夫人が今まで⾒たことのない、とても⾯⽩くて楽しい反応に違いありません。

彼女は自分の部屋に姿を消し、売春婦から伯爵夫⼈に昇進した王⼥の⺟親と呼ばれるのではないかと期待しました。

 



 

  • 街の騒ぎの原因

公爵の邸宅に向かうミエールの⾺⾞は、有名なパン屋の前で⽌まりました。

事前に予約したケーキを受け取るため。

メイドが取りに行く間、ミエールは窓の外を眺めます。

「今⽇はたくさんの⼈がいるのね」

近くでアカデミーの完成式が⾏われ、式典は終わったようで、出席者が帰っているのでしょう。

(だとしたら、なぜアリアと⼀緒に出かけた伯爵夫⼈が⼀⼈で戻ってきたのかしら?)

人々はミエールの馬車を見て立ち止まります。

「・・・?」

通常、貴族の⾺⾞を⾒つけた場合は、少し避けるか、頭を曲げる必要があります。

不思議なことに、多くの⼈々が⾺⾞を⾒つめたり、近づいて詮索したりしました。

「どうしたの?」

ミエールの質問で、護衛している騎⼠は⾺⾞から降りて調べた。

⼈々は興奮した顔で騎⼠に熱⼼に何かを⾔い、騎⼠は頭をかしげて⻑い間彼らと話しました。

「⼀体何なの?」

ケーキを持ったメイドが現れるまで続いた会話は、そこに集まった庶⺠の顔から次第に喜びが薄れていき、解散して初めて終わった。

恥ずかしそうに戻ってきた騎⼠に、ミエールはその理由を尋ねる。

「えっと・・・」

しかし、騎⼠は彼女の質問に答えようとしません。

それに気づいたメイドが代わりに答える。

彼⼥の顔はまるで誕⽣⽇プレゼントを受け取ったかのように明るかった。

彼⼥は⼤いに興奮した状態です。

「私がお答えします。お嬢様は有名な投資家を知っていますか?投資家は、身分に関係なく、若くて有能なビジネスマンに投資し続けているのです!」

「・・・投資家Aのこと?」

「そうです!そして、投資家Aは今⽇のアカデミーの完成式に現れました!」

明るく答えたメイドの髪には、アリアから受け取ったヘアピンが輝いています。

騎士の表情は次第に暗くなっていきます。

「驚いたことに、投資家Aはアリアお嬢様だと聞きました。だから家紋をつけて馬車の周りに⼈が集まったのです!彼らはアリアお嬢様が乗っているのではと考えたそうです!」

「・・・え?」

 



 

  • 勘違い?

メイドが誇らしげに語る中、ミエールは⽯のように固まった。

(・・・あの下品な売春婦の娘が噂の投資家A?彼⼥は王⼥が味方に付けたかった人物)

彼⼥は顔だけの愚かな⼥性のはず。

しかし、彼⼥は素晴らしい投資家でした。

ミエールの尋ねる声は弱く震えた。

「・・・本当に?勘違いではなくて?」

「いいえ、本当の事です。彼らは、悪女と噂されているロースチェント・アリアと言っていました」

ミエールはのメイドの繰り返された答えを信じることが出来ず、騎⼠をじっと⾒つめて、彼に答えるように促した。

(いいえと⾔って。愚かなメイドの妄想だって)

しかし、ミエールの予想に反して、騎⼠は静かに視線を向けることを避けて答えました。

彼女は馬車を眺めている男性に直接尋ねた。

「彼⼥の髪の⾊は?彼⼥の⽬の⾊は?彼⼥の⾝⻑は?彼⼥の肌の⾊は?彼⼥の⼝調は?彼⼥は何歳でしたか?」

男性は、絶え間ない質問の洪⽔に⼀瞬当惑し、すぐに次々と質問に答え始めました。

鮮やかに輝く⾦髪、美しい外観、そして宝⽯が⼊っているように⾒える緑⾊の⽬。

それらはすべてアリアの外⾒のようであり、ミエールはバランスを崩す。

「・・・、すぐに公爵の邸宅に⾏きましょう!」

ミエールは急いで馬車に戻り、そう言った。

(イシース公女は知っている?知っている場合はどうなる?・・・あの下品な売春婦の娘と⼿を組むことを考えていると私に⾔わないわよね・・・?)

⼼臓の⿎動を抑えるために⼼臓を掴むミエールは、運転⼿にできるだけ早く公爵の邸宅に⾏くように頼む。

ゲストと話していたイシースは、まだ噂を聞いていないかのように、訪れたミエールを喜んで迎えました。

「顔色が良くないわミエール夫⼈。どうしたの?」

「それは・・・!」

ミエールは、ラウンジからイシースを追いかけているビカを⾒て、答えることが出来ません。

⾃分が邪魔だと知ったビカは、笑顔で別れを告げる。

 



 

アニーの能力は重宝しますよね♪

アリアが彼女をゲット出来たのは大きいです!

そして、遂にミエールが投資家Aの正体を知りましたね。

ますます窮地に陥る彼女をイシースはどのように接するのでしょうか?

後、ビカという人物は誰?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【87話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は87話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...