悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【84話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は84話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

84話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【83話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は83話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 皆の反応

「アリア!!」

アリアが表彰台から降りるとすぐに、席から⽴ち上がった伯爵夫⼈が待ち構えていました。

彼女はまだアリアに何が起こったのか理解していないようです。

「一体どういう・・・?」

「お母様」

セレモニーが終わっていないのに声を上げようとする母の手を握り、アリアはそっと微笑んで席に戻った。

「まずは座りませんか?」

席に戻ると、サラとヴィンセントも説明を求める。

「まずはセレモニーを楽しみませんか?このままだと、VIP席が表彰台よりも注⽬を集めてしまいます」

アリアが⾔ったように、聴衆の⽬は表彰台ではなくアリアに向けられていました。

「・・・式典が終わったら、ちゃんと説明してちょうだい」

伯爵夫⼈は彼⼥を⾒つめながら⾔った。

「もちろんです」

次の式典では、すでに⼊学に選ばれた学⽣や奨学⾦に選ばれた学⽣のリストを呼びかけていました。

その後、アースはアリアの元に向かってきた。

(アースはどんな反応をするだろうか?)

式典中、一度も視線を合わせようとしなかった彼は怒っているのだろうか?

(私が投資家Aという事実に驚いたかしら?それとも知らないふりをする?)

彼が⼀歩前進するたびに、アリアの⼼はドキドキし、様々な考えが彼⼥の頭をよぎります。

しかし、アースの補佐官が他の人に聞こえないように静かに囁く。

「・・・」

それが深刻な話であるかのように、アースはすぐにうなずき、彼と⼀緒にホールを去りました。

(何があったの?)

アリアは心配したが、結局、式典が終わるまで彼と話すことは出来ませんでした。

 



 

  • 世紀のスキャンダル

式典が終わるまで、アリアに対する注目度が弱まることはなかった。

「外に出よう」

ビンセント侯爵は、サラにそう話す。

彼らはアリアが本当に投資家Aであるかどうかを尋ねるつもりはなかった。

参加者たちも悪女の噂とは程遠いアリアを疑うつもりはありません。

「・・・私たちもすぐにここから出たほうが良いわね」

伯爵夫⼈は周囲を見回して、そう判断する。

(式典の後に、アースさんと会話したかったのだけれど・・・)

そう考えていた時。

「申し訳ありません、アリアお嬢様は以前に私と婚約の約束をしたのです」

(・・・いつの間に?)

姿を消したと思っていたアースが、突然後ろから現れた。

「手紙でそう言ったと思います。・・・そうですよね?」

彼はアリアに時間を割くように促した。

伯爵夫人は扇を落として、唖然とする。

「そうですね」

アリアが答えた時、アースはまるで彼⼥を護衛しようとしているかのように⼿を差し出した。

「行ってきなさい、アリア。説明は後で聞きますから」

「ありがとう、奥様」

帝国で最も⾼貴な地位にある皇太⼦が自分に感謝していると⾔われて、伯爵夫人はよろめいてしまう。

ジェシーは慌てて伯爵夫⼈を支えた。

「ごめんなさい、サラ」

「・・・いいえ。お時間がありましたらご連絡ください。待っていますので。⼿紙でも⼤丈夫です」

しかし、ビンセント侯爵は少し心配そうに言います。

「アリアお嬢様はまだ未成年ですので、保護者が同伴の方が宜しいかと」

「ご⼼配ありがとうございますが、すでに数回二人きりで会ったことがあるので、⼼配する必要はありません」

アースは素っ気なく反応し、アリアに⼿を握るように促した。

アリアは彼の手を握り、二人はその場を離れました。

「ああ、神様・・・。私の娘は皇太子と関わる事が出来ました」

伯爵夫人が公爵家とミエールの関係を羨ましく感じていた。

侯爵になれば⼈⽣に後悔はないと思っていたが、皇太⼦と繋がりを持つことが出来た。

彼⼥は、いつも下品と⾮難されていた娘が、別人のように感じた。

それは伯爵夫人だけでなく、アリアを知らなかった人々も同様でした、

「これが本当に本当なら・・・、世紀のスキャンダルではないでしょうか?」

アリアが投資家Aであることを知っていたアニーでさえ、アースの正体を知らなかった。

彼女は赤みを帯びた表情で、消えたアリアの痕跡を辿った。

 



 

  • 以前との違い

アースはアリアを前回訪れた森の⼩さな屋敷に連れて⾏った。

彼の案内で邸宅の庭の椅子に座る。

「・・・あれ?」

彼⼥が座ったとき、アリアは疑問に思いました。

「椅⼦とテーブルが変わったような気がします」

以前に⾒た椅⼦とテーブルは少し古くて頑丈でした。

しかし、今の椅⼦はとても柔らかくて快適で、仕上がりも美しく、テーブルはとても豪華です。

アースは何でも無いかのように答えました。

「あなたに合っていないようだったので、変更しました」

「・・・私のために変更したのですか?」

「またこの場所で会えると思っていましたから」

アースはそっと微笑んで、アリアに会いたいという彼の願望を表明した。

その後、彼は真剣な表情になります。

「あなたは⾃分の⾝元を隠していましたね?」

突然の質問が森の中に素早く冷たい空気をもたらしました。

厳しい言葉で彼女を責めたくはないが、アースは聞かなかければいけなかった。

 



 

今回一番驚いているのは、伯爵夫人ですよね。

娘が皇太子の婚約者になるとは夢にも思わなかったでしょう。

果たして、アースは怒っているのでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【85話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は85話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...