悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【83話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は83話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

83話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【82話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は82話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 投資家A

「帝国の新しい学術機関の完成を祝うためにここに来てくれてありがとう。アカデミーを組織したフランツ・アステロープです」

彼が祝辞を述べたとき、ボブーン男爵はまるで倒れそうになったようによろめく。

静かなホールにアースの声が鳴り響く。

「⾸都に建てられたアカデミーは、貴族ではなく⼀般の⼈々の学⼒を⾼め、特にビジネスマンの才能を確保するために最善を尽くします」

アカデミーの設⽴の⽬的と⽅向性を説明すると、参加者の⽬は⼤きく開かれました。

いつものように、貴族の施設だと思っていた⼈たち。

彼らは、「本当に可能なのだろうか?」と静かに話し始めました。

説明を終えるとすぐに、アースはもう⼀度VIPホールを覗き込み、投資家Aについて⾔及しました。

「この学園の設立に投資を厭わない人物がいました」

出席した⼈々の中に知らない人物がいなかったので、投資家Aはこの中にはいないと考えた。

投資家Aはこのタイミングで登場するはずですが、誰も席から⽴ち上がりません。

その時、アリアは静かに席から⽴ち上がった。

「・・・アリア?」

隣に座っている伯爵夫⼈は彼⼥の名前を呼ぶ。

様々な視線をアリアは浴びながら、ゆっくりと表彰台の隣の階段を上った。

 



 

  • 招待

「・・・アリアお嬢様?」

突然表彰台に上がったアリアは、アースから慎重に名前を問われた。

崖の上に咲く花のような華やかな表情をしたアリアは、⽚⼿でドレスを持ってゆっくりと膝を曲げ、王⼦に敬意を表した。

アースは彼⼥の意図を理解出来ず眉をひそめた。

「私を「招待」してくれてありがとうございます」

「招待?え・・・?」

アースが状況を理解できず呆然としていると、アリアは彼に少しアドバイスをした。

「みんなが見ています、殿下」

アリアの指摘で、アースはようやく元の姿を取り戻した。

「・・・⽴ってください」

彼の許可を得てアリアは立ち上がり、背中を直⽴させ、何も特別なことが起こっていないかのように静かに尋ねました。

「殿下、あなたに代わって話してもいいですか?」

いつもの彼であるならば、裏切られ事に対して怒りを感じるでしょう。

しかし、彼はその気持ちをアリアに向けず、アースはため息をついただけでした。

答えを⼩さな頷きに置き換え、アリアのための場所を作るためにゆっくりと表彰台から降りた。

⾃分の⽬で確認したけれど、アリアが投資家Aであるという現実はまだ信じられなかった。

驚いたのはアースだけではありません。

「なぜアリアが・・・?」

そこは娘が⽴つ場所ではありません。

伯爵夫人はステージを駆け上がり、彼⼥を引きずり下ろそうとします。

けれど、アニーが伯爵夫⼈の前で⾸を横に振った。

「アリアお嬢様はあの場所に⽴つことが出来る⼥性です」

アニーの顔は尊敬と喜びに満ちていた。

過去にミエールを賞賛し、憧れていたのは別の感情。

最初から持っていたものを振るう⼥性への漠然とした憧れではなく、栄光を⼿にした⼥性への畏敬の念。

 



 

  • ロースチェント・アリア

「アリア・・・」

質問や悩みに満ちたサラの声が響き渡ると同時に、ステージに⽴ったアリアが丁寧にお辞儀をする。

優雅な姿は⾒る⼈に賞賛されました。

「紹介されたロースチェント・アリアです。公の場では投資家Aとして知られています」

どこかから⼩さな悲鳴が聞こえた。

誰もが感⼼し、驚嘆する時間を与えることを意図していたアリアは、⼀時停⽌し、⾳源に⽬を向けました。

VIP席の近くには、アリアが投資した⼈々が。

彼⼥が投資家Aだとは思ってもみなかったかのように、唖然としています。

アリアは、⼼地よい光景を見ることが出来た。

「このような有意義なビジネスに投資できて嬉しいです。王⼦様が最初に⼿を差し伸べてくれたことに感謝します」

アリアは再び頭を下げ、少し離れたところから彼⼥を⾒つめているアースに感謝した。

「最初は考えましたが、弱者を助けたかったので投資することにしました。将来、誰かを助けることが出来るビジネスがあれば、積極的に⾒直したいと思います」

皇太子との関係を疑っている人々に向けて言います。

「このアカデミーを通じて多くの才能ある⼈々を⾒つけたいと思っています。私はこの学園に今後も協⼒したいと考えております」

明るく笑っているアリアは、噂の邪悪な⼥性ではなく、帝国に降りてきた天使でした。

弱者を本当に救ったように⾒えるその美しい光景は、愚かな⼈々を魅了します。

そんな⼀瞬の視線を楽しんだアリアが、⽻⽑のような軽い仕草でお辞儀をすると、⼀瞬沈黙が続いていたホールに拍⼿が注がれた。

畏敬の念を抱かれたアリアは、アースをちらっと⾒る。

彼は複雑な表情でアリアを⾒ていました。

 



 

ついに投資家Aの正体を明かしたアリア。

全員の驚く姿が目に浮かびますね!

アースの心中はどうなんでしょう?

驚き、それとも怒りでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【84話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は84話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...