悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【82話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は82話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

82話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【81話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は81話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 完成式への出席

「私は参加させていただきます」

「お姉さまは本当に状況が理解出来ていないのですね」

ミエールは不快そうな目つきでアリアに言います。

伯爵夫人はミエールをしかりたい表情を浮かべています。

(本性を隠しきれていないようね、ミエール)

「⼀体何を考えているの?この時期に出席することが、どういうことか分かってる?皆の動揺があなたには伝わらないの?」

伯爵夫人はアリアを連れて、部屋に戻った。

彼女にはアリアの行動が理解出来ません。

アリアの行動は、混乱に火をつけたと思っているのでしょう。

アリアは真剣な表情で伯爵夫⼈の⽅を向いた。

「お⺟様、⼼配しないで」

「・・・アリア?」

「これは悪い選択ではないと確信しています」

アカデミーの修了式が終わった後、伯爵もミエールもアリアの存在を無視することは出来ないでしょう。

(私は皇太子を支援するわ)

 



 

  • 完成式当日

「今⽇は一段と美しいです、お嬢様。あなたがこのように⾃分を飾るのは久しぶりなので、天使のようにも⾒えます」

それが当然のように話すジェシーをちらっと⾒たアリアは、鏡越しに自分を⾒た。

今⽇のために準備されたドレスや装飾品は、華麗なアリアの外観と調和して、すべての素晴らしさを披露しました。

アリアの見た目は誰にも負けないでしょう。

この生まれつきの外見のおかげで、これまでの人生を生き抜いたと言っても過言ではありません。

そして、美しく飾られたジェシーとアニーを、投資したアカデミーの完成式にアリアは連れて⾏った。

「・・・なぜあなたが完成式に⾏くのか、私にはまだ理解出来ないわ」

彼⼥に1⼈で同⾏した伯爵夫⼈はそう⾔った。

彼⼥の表情はまだ暗いままです。

しかし、その表情はすぐに驚きと喜びに変化するでしょう。

伯爵はきっと気分を害したでしょうが、アリアは娘のために出席してくれた⺟親に感謝した。

「もう少し待ってください。そうすれば分かりますから」

⾺⾞から降りた伯爵夫⼈は驚いた。

アリアも、途中までの建物しか⾒ていなかったので、落ち着いたふりをするのに苦労しました。

「このような素晴らしい建物を短期間で完成させるために、彼は⼗分なお⾦を投資したのでしょう」

既に会場には大勢の人が集まっていた。

上品な服を着た貴族や私服を着た庶⺠が時折⾒られます。

 



 

  • 始まり

アリアを⾒つけたボブーン男爵は急いで彼⼥に挨拶する。

息を呑むような美貌のアリアを⾒たとき、彼は⼀瞬話すことが出来なかったが、すぐに我に返って⾃⼰紹介した。

アリアが外に個⼈的な繋がりを構築していることを夢にも思わなかった伯爵夫⼈は、⼝を扇で覆って尋ねました。

「どなた?」

「彼は私のビジネスパートナーです」

彼⼥の答えに驚いたのは伯爵夫⼈だけではなかった。

ずっと気を張っていたボブーン男爵も、「ビジネス」という⾔葉を聞いて驚く。

「・・・ビジネス?」

「私は時間があったので少し投資をしました。それは⼤きな投資ではなく、ちょっとした趣味です」

伯爵夫人はその言葉通りに受け止めて、歩みを進めた。

彼女はアリアに過度な期待をしていなかったので、あまり気にしていないようです。

状況を知っていたアニーは思わず微笑んでしまい、馴染みのないジェシーは頭をかしげた。

先を歩いたアリアに慌てたボブーン男爵は、⼩さな声で注意深く尋ねた。

「何を考えているのですか?」

「何が?」

「いいえ、その・・・」

彼が近づくと、魅惑的な⾹⽔の⾹りがアリアから漂い、彼の⼼臓は激しくドキドキし、顔を赤らめる。

これを⾒ていた伯爵夫⼈は、扇を折りたたんで警告した。

「男爵、アリアはまだ未成年です」

それを聞いてアニーの⽬も険しくなります。

ボブーン男爵も⾔い訳をしようとしますが・・・。

「アリア!」

「サラ?侯爵様も・・・!」

忙しくて来られないと思ったが、⼿紙を受け取ったサラは出席し、明るい笑顔でアリアに挨拶した。

「お久しぶりですね。体調は良くなりましたか?」

「はい、お忙しい中お時間を割いていただきありがとうございます」

サラたちは伯爵夫⼈に挨拶した後、彼らはボブーン男爵の案内に従いました。

本堂の隣に建てられた⼤広間は、皇太子と関係のある貴族が事前に占領していた。

ヴィンセント侯爵を最初に⾒たとき、彼らの⽬は広がり、それから彼らは⼝を開けてアリアの姿を⾒ました。

誰もが彼女の美しい姿に目を奪われてしまいます。

「サラ様はいつも恵みに満ちていますね」

「そんな事はありません、奥様。あなたはとても美しいので、⽐較されるのではないかと⼼配しています」

伯爵夫⼈は、来年正式に結婚して侯爵になるアリアの素敵な友⼈を褒めることを躊躇しませんでした。

アリアはアースの姿を探しますが、彼は一向に姿を見せません。

ボブーン男爵も緊張していています。

「私たちは⼤きな問題を抱えています。ピノヌア・ルイが開会のスピーチをする予定なのですが・・・」

アリアもアースの正体を明かすことが出来なかったので、式典の準備をしていたボブーン男爵の顔が⻘くなった。

ようやく姿を見せたアースの姿に、男爵は違和感を感じます。

それは、⾦と⽩のスーツで施された珍しいスーツでした。

胸のブローチは、チューリップを元にした王族の印。

その服は王族以外は着⽤出来ません。

その姿を見て、ボブーンは男爵は呆然とします。

皇太⼦の権威に全員がお辞儀をした後、完成式が始まりました。

 



 

ミエールも本性を現し始めました。

アリアにとっては、良い状況になってきています。

いよいよ完成式当日、作中屈指の苦労人ボブーン男爵。

成功しているだけに、心中穏やかではないでしょうね・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【83話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は83話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...