悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【80話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は80話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




80話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 孤立するミエール

その後しばらくして、皇太⼦が貴族派を完全に切り離したという噂が広まった。

彼は貴族派の根深い腐敗を⼀掃すると噂されていた。

貴族派のロースチェント伯爵も、アリアの結婚相手を探すのを中断しました。

その絶妙なタイミングに、アリアは心から安心します。

「私はお父様が最後までイシース公女に従うべきだと思います。彼⼥は他の計画があると⾔っていました」

病気から回復したミエールは、悩んでいる伯爵にそう言った。

それは彼⼥が久しぶりに参加した⼣⾷での出来事。

以前とは異なり、ミエールが落ち着いているのは明らかです。

「しかし、私はすでに無実の貴族を団結させる提案を提供されている」

伯爵はミエールの提案に懐疑的でした。

犯罪を犯していない貴族が公女に肩入れする必要はありません。

彼女に深入りして、解散や破産の例が多かったからです。

皇太⼦を征服する道具として誰よりも褒められていた公女は、役目を果たせなくなったので、彼らは沈没船を離れるのが賢明と考えていました。

「・・・お父様!」

ミエールは伯爵を説得するために声を上げたが、伯爵は彼⼥を無視し、ワインを飲み続けた。

「ミエール、お父様が困っているわ」

アリアは伯爵夫⼈に代わって、落ち着くように⾔った。

「あなたは何も知らないのだから、黙ってて」

伯爵と伯爵夫⼈はミエールの答えに驚く。

それはアリアが期待していた返事でした。

ミエールは、良い子のフリをしても何も達成できないことに気付いたようです。

しかし、今更気付いたところで何も変わりません。

アリアは傷ついた顔でぎこちなく微笑んだ。

「・・・そうよね。私は傲慢だったと思います。家族の平和を願うお父様を信頼するようにと⾔ったつもりでしたが・・・」

「・・・ミエール。アリアが⾔うように、これについて話すのは止めなさい」

伯爵はアリアの側に⽴った。

「ミエール、父さんは賢明な選択をする」

静かに⽿を傾けていたカインも、ミエールの側に⽴つことを拒否した。

 



 

  • ミエールの唯一の味方

結局、孤⽴したミエールは、⼣⾷を半分も空にすることなく、ダイニングルームを去りました。

彼⼥は⾃分の部屋で⽴ち往⽣し、翌⽇の夜明けに公爵の邸宅に直⾏した。

ミエルの体調が悪いことを知っていたイシースは、オスカーに彼⼥を喜ばせるように促す。

「どうしてお父様たちは・・・。なぜあのような事が言えるのでしょうか?オスカー様から指輪を貰ったのに」

オスカーは泣いているミエールを慰めた。

「そんなに⼼配しないでください。おそらく、すぐに国⺠の意⾒を変わります」

「イシース様が準備しているということですか?」

ミエールは⽬を瞬きさせて尋ねた。

「はい。すぐに良い報告をする事が出来るでしょう。その後、伯爵を再度説得して、貴族派を再び集めます」

ミエールはその説明を聞いてハンカチを取り出した。

「・・・申し訳ありません。悪いことが沢山起こっているので、最近は少し緊張していたようです」

「疲れているのでしょう。温かいお茶を飲んで、リラックスしてください」

オスカーはミエールの機嫌を損ねないように最善を尽くした。

彼には経験と繋がりが不⾜していたので、選択の余地はありません。

「オスカー様、ありがとうございます」

ミエールは彼の優しい愛情に⾚⾯して頷いた。

この時間だけが、エマを失った苦しみから解放出来る瞬間でした。

ミエールは、オスカーが純粋に彼⼥を好きではないことに気づいていましたが、それでも構わなかった。

オスカーが自分の側にいること以外、彼女は何も望まなかった。

 



 

  • アースからの手紙

数⽇後、プレデリック公爵はミエールではなく伯爵に⼿紙を送りました。

それは、世間の注⽬を避けて、夜明けに密かに届いた⼿紙。

公爵家から届いた⼿紙を読んだ後、伯爵はしばらくの間、深く悩んでいました。

その後、彼は知⼈の貴族と頻繁に会うようになります。

「⼀体何が起こっているの?」

これを疑ったアリアは、こっそりと彼らの様子を探ろうとします。

けれど、伯爵はそれを見逃さずにアリアを2階に戻るように言います。

伯爵からは情報を得られないと判断したアリアは、カインから情報を聞き出そうとします。

アリアの見つめる視線にカインは動揺しながらも、「戻ろう」と言う。

「お兄様が心配です。最近お疲れのようですが・・・」

そう言いながら、アリアは距離を詰めます。

「夕食時もお兄様に会えなかたので、悲しかった」

本当はカインの目を避けて行動していたのですが・・・。

アリアの突然の変化にカインは戸惑いますが、彼の顔は手に負えないくらいに赤くなる。

それは避けられない本能。

「・・・あなたが⼼配することは何もありません。物事は順調ですので。好きな事をしてください。ああ、でも外国語を勉強しておいた方が良いかもしれません。けれど、すぐに行う必要はありませんが」

アリアはカインの忠告にかすかに眉をひそめた。

(突然、外国語・・・?貴族派は追放されるのでしょうか?皇太⼦の策略によって彼らがどれほど散らばっていたとしても、残りの貴族が他国に亡命を求めるならば、混乱は帝国内で起こります)

何が起こるか推測できなかったので、アリアはカインからより多くの情報を⼊⼿しようとします。

しかし、伯爵が貴族を⾒送りから戻った後、彼⼥は⾃分の部屋に上がることを余儀なくされました。

 



 

久しぶりのオスカーの登場。

今の彼にはミエールのご機嫌を伺うことしか出来ません。

アリアの気持ちもアースに向いていますし。

けれど、オスカーには不幸になってほしくないですね・・・。

ロースチェント伯爵はやっぱり貴族派に留まるのでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【79話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は79話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【81話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は81話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...