悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【75話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は75話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

75話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 裁判所へ

ベリーの⼿紙を持ってきたジェシーは浮かない表情だ。

彼⼥はまだベリーを逃したことに不満を持っているようです。

クロア王国から送られた印鑑の⼊った⼿紙を⼤まかに読んだアリアは、なだめるように⾔った。

「ジェシー、そんなに怒らなくても」

「しかし、彼⼥がお嬢様に酷いことをしたのに、彼⼥が無事に海外に⾏ったとはまだ信じられません」

自分の事をここまで心配してくれるジェシーに、全てが終わったら贈り物を渡そうと考えます。

そして、今日はエマの裁判の日でした。

一階に降りると。伯爵夫人の表情が暗いです。

「アリア、あなたが行く必要はないのよ。本当に行くの・・・?」

「・・・はい、彼らは私の証⾔を必要とするかもしれません」

エマの終わりを見るため、アリアの決心は固かった。

ミエールの⽬は⾚く、何⽇も泣いていたかのように腫れていました。

彼⼥が時々唇を噛んで震えているのは明らかでした。

「・・・気分が悪いので、後から出発します」

伯爵はミエールの気持ちを理解し、頷いた。

その光景を見て、アリアは馬車の中でパーティーを開きたい気分だった。

しかし、彼女は被害者の演技をすることで、法定までの道中は静かでした。

 



 

  • 審問

到着後も、カインの必死な護衛で完璧な悲劇のヒロインを演じることが出来た。

法定に現れたアリアの姿を見て、観客席は騒ぎます。

アリアの飾られていない美しさは、彼⼥の悲しみに重みを加えた。

彼⼥をちらっと⾒たカインは、とても優しい表情で「⼤丈夫ですか?」と尋ねます。

「・・・え?ええ、大丈夫です」

過去には軽蔑的な目を向けていたカイン。

彼の変化にアリアは少し驚く。

ミエールが裁判が開始直前に現れた。

「⽬が⾚いわ・・・、⼤丈夫?」

アリアが尋ねると、ミエールは⽬を閉じて答えました。

「・・・大丈夫です」

久しぶりに顔を⾒たエマはとても痩せていた。

痣や傷が所々に⾒られるので、尋問の過程で暴⼒があったのでしょう。

彼⼥の⾜は弱っていたのか、⾜を引きずっていた。

エマが法廷の真ん中に⽴つとすぐに裁判官が現れる。

着席した裁判官は、既に提出されている書類を調べ、彼⼥の罪状について尋ねた。

「ロースチェント・アリア夫⼈を殺害しようとした罪を認めますか?」

「・・・」

エマは⼝を閉じた状態で、頭を少し下げて床を⾒つめていた。

「もう⼀度お聞きします。認めますか?」

「・・・」

裁判官はため息をついて⾸を横に振った。



 

  • アリアの証言

アリアは裁判が終わったと思いました、しかし、裁判官はホールを⾒回して⼝を開いた。

「ロースチェント・アリア夫⼈はここにいますか?」

彼⼥の名前が突然呼ばれたとき、アリアは静かな声で答えました。

「え?はい、私ですが・・・」

“はい︖ああ、そうだ…」

アリアが不思議に頭を傾げると、⻑い間彼⼥を⾒つめていた裁判官が⾸を横に振って質問を始めた。

「あなたが罪⼈エマに傷つけられたというのは本当ですか?」

「はい・・・、そうです」

「それなら、あなたは彼⼥の罪を赦すつもりはありますか?」

ばかげた質問に悲しそうなふりをしたアリアは⽬を⼤きく開いた。

裁判官は理由を説明する。

「数⼗の請願が短期間で届きました。それは匿名の過半数によって送られた罪⼈への許しの請願です。こんなにたくさんの請願が届いたのは初めてです」

エマの顔にはいくつかの希望が浮かびました。

もしこれがミエールだったら、彼⼥はこの状況で間違いなくエマの罪を赦すでしょう。

しかし、アリアは違います。

彼⼥は善良なふりをした愚かで邪悪な⼥性ではありませんでした。

「いいえ、私はエマの罪を許すつもりはありません。彼⼥は理由もなく私を傷つけようとしました・・・。彼女を許せば、他の誰かが再び犠牲者になるかもしれません・・・。私はただ彼⼥に代償を払って欲しいです」

アリアがとても悲しそうな顔で答えると、席に座っていた聴衆も彼女の意見に同意した。

裁判官はエマの死を宣⾔する。

それは⾮常に迅速な決断でした。

「罪⼈のエマに、私は絞⾸刑を宣告します」

それらの⾔葉で、エマは彼⼥の席に沈みました。

アリアは伯爵の隣に座っていたミエールの顔を観察した。

 



 

クロア王国からの手紙は、アリアが雇った者からでしょうか?

手紙に何が書かれているか分かりませんが、おそらく作戦は成功したのでしょう。

そしてエマの判決。

彼女への請願はイシースが準備した?おそらく違うと思いますが、彼女を慕っていた人たちからの手紙かもしれませんね。

それでもアリアは容赦ないですね、まぁ彼女が許すとは思っていませんでしたが汗。

判決を聞いて、ミエールはどういった反応をするのでしょうか?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【76話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は76話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...