悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【74話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は74話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

74話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【73話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は73話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 深淵の中

使⽤⼈は、ベリーの⾸を絞め殺していたエマを引き離そうとする。

ホールはすぐに混乱しました。

「エマ!何をしてる!?」

「何てこと・・・」

「エマ!やめて!お願いだから・・・!」

伯爵と伯爵夫⼈は声を上げて、ミエールは泣き叫ぶ。

(この光景が見たかったのよ)

⾼貴なミエールは床で叫び、彼⼥を守っていたエマは悪魔に変わりました。

この望ましい深淵の中で、怯えたふりをするアリアはカインのシャツをしっかりと握り、背中に隠れた。

「お兄様、お兄様・・・」

「⼤丈夫だ、アリア。もうあなたを傷つける⼈は誰もいない」

アリアは嘲笑を飲み込む。

過去とは正反対のこの状況に笑うことが出来ないこの状況は、アリアを酷く苦しめた。

 



 

  • アリアの名演技

「離して!この雌⽝が⾔うことはすべて嘘です!信じてください!」

使用人に抑えられたエマは、過去のアリアのように、全⼒で叫びました。

「どうか、信じてください。私は違います!誤解です!」

「私は、エマがどのように毒を持ってきたか聞きました!」

しかし、ベリーはエマを追い込む最後の鍵を持っていました。

その言葉を聞き、エマの叫びは⽌まった。

「そんな・・・。エマ・・・」

ホールの静けさの中でミエールの叫びだけが聞こえる。

アリアは、カインのシャツから⼿を離して床に倒れた。

「私が悪かったから、すべてが起こりました・・・」

彼⼥の隣にいたジェシーはアリアを抱きしめて泣いた。

伯爵夫⼈の叫びも響き渡る。

アリアの哀れな姿に、カインの⼿は空中に浮かんでいた。

残酷な⾔葉が⾏き交う中、伯爵は状況を⼀掃するために⼿を挙げた。

「エマ、私はあなたの罪を求めざるを得ません。こんなことをするとは思ってもみませんでしたが・・・。とにかく、主⼈に危害を加えようとする罪は⼤きく、死を免れることは出来ない。そしてベリー」

自分の名前が呼ばれたて、ベリーは⾝震いした。

「理由が何であれ、あなたも間違ったことをしたのは事実であり、あなたはそれに対して代償を支払わなければいけない」

ベリーから熱⼼な視線に、アリアは⾃分に代わって罪を許してほしいと懇願した。

「お父様、私はベリーの気持ちを理解します。家族が⼈質に取られたら、私は悪を⾏ったと思います。そうではありませんか、お兄様?」

カインはアリアの悲しそうな表情を見て、「はい」と答えた。

「お願いします・・・。ベリーを許して下さい・・・」

その行動に使用人やメイドは感動した。

そして、到着した警備員によって連れて⾏かれたのはエマだけでした。



 

  • その行き先は・・・

「親愛なるお嬢様、・・・ありがとうございました。全てはあなたのおかげです」

⼀貫した嘘でエマの罪に重みを加えるのを⼿伝ったベリーは、彼⼥が去る前にアリアに感謝した。

「これからは元気に過ごしてちょうだい。二度目は無いわよ」

「はい・・・!重⼤な犯罪を犯したことについては、決して誰にも言いません」

「後悔しているのは良いことよ。さようなら。あなたが上手くやっているかどうかを確認するために私に⼿紙を送ってくれれば、私は安⼼します」

「はい、お嬢様!必ず手紙を送ります!だから・・・、お嬢様もお元気で!」

別れを⾔ったベリーは、涙をぬぐい、荷⾺⾞に乗り込んだ。

⾺⾞は彼⼥が乗るとすぐに出発した。

アリアは姿を消した⾺⾞をじっと⾒つめながら振り返り、屋敷に戻った。

ずっとベリーを⾒つめていたアニーは、理解出来ないように尋ねる。

「お嬢様、なぜベリーを許したのですか?ベリーはエマと同じ裏切り者ではなかったのですか?」

ジェシーもアニーの疑問に同意する。

アリアは深い笑顔を浮かべて、優しく説明した。

「アニー、邪悪な者は、たとえ私が彼⼥を罰する必要がなくても、それを⽀払う義務があります。神は私たち全員を⾒守っているの」

その言葉に、アニーとジェシーは頭を傾げました。

アリアは⾃分の部屋への階段を上った。

馬車はベリーが⾏きたいクロア王国とはまったく異なる⽅向に向かっていました。

ベリーが気づいたのは、彼⼥が⾸都を離れてから約1⽇後。

「ここは何処?なぜこんなに深い森に・・・?」

運転⼿が⾺⾞を⽌めて周囲を確認してから約1時間後、ベリーは不思議な気持ちで⾺⾞から注意深く出た。

「・・・!?」

どういうわけか、運転⼿と⾺は去り、⾺⾞の胴体だけが森の中に横たわっていました。

「そんな・・・!」

その場所は、コンパスと乗り物無しでは決して脱出出来ない森。

捨てられたと知り、ベリーは奇妙な呻き声を出し、涙を流した。

数⽇後。

「お嬢様、ベリーから⼿紙が届きました」

 



 

修羅場はエマのみが捕まると言う結果で終わりを告げます。

ミエールは大事な戦力を失ってしまいました。

彼女にここから挽回出来る手段はあるのでしょうか?

イシース公女も簡単に繋がりを断ちそうですよね・・・。

そしてベリーの最後。

これはちょっと驚きでしたが、アリアがそう簡単に許すわけがないですよね。

明確な死の描写はありませんので、何とも言えませんが・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【75話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は75話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...