悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【73話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は73話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

73話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 混乱

アリアは、ベリーが⾃⽩する前に死ぬのではないかと一瞬考えた。

しかし、ベリーは恐怖に打ち勝つように涙を流す。

伯爵が声を上げて、「これは⼀体何事だ!」と⾔う。

騒ぎはとても⼤きかったので、ミエール、カイン、そして伯爵夫⼈も出てきました。

伯爵が現れ、ホールに群がった使⽤⼈とメイドは道を開いた。

「・・・べ、ベリー!?」

ミエールはベリーの姿を見つけて驚愕していた。

彼⼥に続くエマも、⼝を開けながら固まります。

伯爵は、「治安部隊に連絡しろ」と叫ぶ。

カインは急いでアリアの場所に向かい、彼⼥を護った。

「私、私の話を・・・!うぐっ・・・!!」

ベリーが何とか言葉を絞っている姿に、ミエールは恐怖で顔を歪める。

「ええと・・・、ベリーを早く黙らせて!彼⼥は危険すぎる!」

エマは声を上げて⼤騒ぎしたが、アリアはベリーを去らせるつもりはない。

彼⼥がかろうじて作ったチャンスを失うつもりはなかった。

「ベリーは何かを言おうとしています・・・。もしかしたら、彼⼥は何か重要なことを言いたいのでは」

アリアはカインの袖を掴んで小さな声で囁いた。

彼はアリアの⻘⽩い顔を⼀瞬⾒つめ、すぐにベリーの声を聞く必要があると⼤きな声で主張した。

「彼⼥は縛られているので、危険はありません。警備員が到着するまでには時間がかかるので、なぜ彼⼥が現れたのかを聞く必要があります」

伯爵は彼の合理的な発⾔に同意した。

物事が予定通りに進まず、ミエールとエマだけが冷や汗を流す。

「しかし、彼⼥が⾃分の体に武器を隠している可能性が・・・!」

ミエールの忌まわしい発言に、アリアはカインの背中から頭を突き出して答えます。

「そうですね。ミエール、あなたは部屋に戻った方が良いのでは?」

「はい、ミエールお嬢様。そうされた方が良いかと」

アニーの言葉に、エマの表情はぞっとした。

「ミエール、あなたが⾔うように危険かもしれないので、先に部屋に戻っても大丈夫だぞ」

伯爵は事件とは何の関係もない彼⼥に部屋に上がるように促した。

結局、ミエールはエマの腕にしがみついて去りませんでした。

 



 

  • 自白

ベリーはアリアの煌めく⽬を⾒て、息を呑み、ゆっくりと⼝を開けた。

「・・・私は脅迫されました。私がアリアお嬢様のお茶に毒を入れなければ、彼⼥は私に家族を殺すと脅しました」

その言葉にエマは拳をしっかりと握り締める。

ベリーの声は、ホールの沈黙の中で再び鳴り響いた。

「それで仕⽅がなく・・・毒を受け取って・・・。何度か躊躇して苦しみ、少し不安を感じていた時にアリアお嬢様から心配されました」

アリアは涙が流し、カインの背中越しに答えた。

「私も覚えています・・・。ベリーの様子がいつもと違って・・・、それで私は彼⼥にすべてを聞きました。けれど・・・」

アリアは⻑い間涙を流し、そして再び⼝を開いた。

「申し訳ありません・・・。ベリーのことを可哀想に思って・・・、だから私は彼⼥に決断を下したことを許すと言いました。それがベリーが私のお茶に毒を⼊れた理由です・・・!彼⼥は悪くありません。私が彼⼥を促してしまったのですから・・・」

会場の全員がアリアの悲しみに共感した。

状況を覚えているアニーとジェシーだけは頭を傾げています。

そして・・・・

「・・・では、本当の犯⼈は誰ですか?」

伯爵の曇った声が会場に響き渡る。

答えを聞く必要はありませんでした、なぜなら誰もが疑った⼀⼈がいるのですから。

あっという間に、全員の⽬がエマに向けられます。

「こ、これは中傷です!私は本当の犯⼈ではありません!」

顔を青褪めたエマが叫んだ。

彼⼥の腕をつかんだミエールも彼⼥に同情し、不正を訴えた。

「そうです!エマは無実です!ベリー!どうしてそんな事を言うの!?」

二人の姿を見て、アリアはカインの背中で満足げに笑う。

「ミエール、どうしてエマが無実だと断言出来るんだ?真犯人を知っているのか?」

カインも彼女の必死な言葉に疑問を感じたようです。

「そうではありませんが・・・、私はエマの性格が良いことを知っています!エマは決してそのような⼈ではありません!」

カインは根拠のない説明にため息をついた。



 

  • 狂気の行動

伯爵もミエールの言葉を無視して、エマに尋ねる。

「エマ、あなたがやったとは思わないが、説得⼒のある説明をしてくれないか?」

エマは、誰も証明できない何かを証明するように言われて、⾔い訳出来ませんでした。

「私ではありません・・・、決して・・・」

彼⼥はオウムのように⾔葉を繰り返した。

アリアにとって、それは⼆⼈を地獄の深淵に追いやる絶好の機会でした。

「エマは本当にベリーにその命令を与えたの?ねえ?ベリー、お願い話して・・・!」

アリアは涙を流しながら、ベリーに聞きます。

ベリーも、チャンスを逃さずに⾃分の役目を果たした。

「・・・そうです。そもそも、私はエマの指⽰に従ってアリアお嬢様のメイドになりました。全てエマの命令で・・・」

「この雌⽝!何故あなたはそんな嘘を吐くの!?」

ベリー言い終わる前に我慢出来なかったエマは、彼⼥に⾶びついた。

あっという間にベリーに駆け寄ったエマは、髪を掴んで⼤きくに振ります。

ホールにベリーの悲鳴が響きます。

「ああ!エマ!痛い・・・!」

「そんな嘘で⽣き残ることが出来ると思ってるの!?」

「エマ!?エマ!」

エマの隣にいたミエールは⾛り出し、床に倒れて彼女の名前を叫んだ。

この瞬間に、彼⼥は⺟親代わりを失った。

「やめて!」

 



 

アリアとベリーの名演技に皆が騙されています。

ベリーは生き残るために必死ですが、アリアは込み上げる笑いを抑えるのが大変でしょうね。

さりげなくカインの背中に回る彼女の行動は、男性からすれば護ってあげたくなるのかもしれません。

そして、ついにエマが行動を起こしてしまいます。

ミエールは果たしてどのような行動に出るのでしょうか?

少なくともエマはもう・・・・。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【72話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は72話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【74話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は74話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...