悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【72話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は72話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




72話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【71話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 取引

「なぜこのような悪いことをしたの?」

長い間洗っていなかった彼女の髪は、酷く汚れていた。

なぜ神様は私にこんな貴重な機会を与えてくれたのでしょう?

アリアはいつものように微笑んで、震えているベリーを⾒ながら⼝を開けた。

「提案があるのだけれど。これはあなたにとって悪い申し出ではないはずよ。すべてが終わったら、あなたを海外に逃がしてあげる」

アリアがそう⾔うと、ベリーの震える体は止まった。

彼⼥のゆっくりと持ち上がる顔は疑問でいっぱいでした。

「あなたは私を殺すことが出来なかったので、もう⽣きることは出来ない。私の提案を受け入れる?」

アリアはベリーに尋ねる。

「どうして答えないの?」

「うーん・・・」

ベリーは⼝が塞がれて正しい⾔葉を⾔えなかった。

アリアはロープを緩め、⼝を閉じた布を取り除く。

「とても簡単なお願いよ。いくつかのことを証言して欲しいだけ」

「はい・・・!はい・・・!」

彼⼥はすぐに頷いた。

今なら靴を舐めてと言えば、彼女はそれをするでしょう。

 



 

  • アリアの目的

満足したアリアは笑って言った。

「明⽇の朝、屋敷に戻ってください。そして、あなたがしたことと誰があなたにそれを命令したのかについてのすべての詳細を皆に伝えてください」

ベリーの顔は青褪めた。

「・・・え?でもそうしたら・・・」

ベリーが⾃分のしたことを告⽩した場合、彼⼥はすぐに警備員に連れて⾏かれます。

そして、彼らはすぐに彼⼥を斬⾸するでしょう。

ベリーの⽬には不信感が⾼まった。

「ベリー、もし私があなたを殺すつもりだったら、私はこのように⼀⼈でここに来ることはなかったわ。どうして私がここに来たか分かる?」

しばらく悩んでいたベリーが、とても⼩さな声で答えました。

「本当の犯人を捕まえるためですか・・・?」

「そのとおりよ。私は本当の犯人を捕まえたいの」

それでもベリーは、アリアの事を疑っていた。

「信じられないなら仕⽅がないわ。それでも、あなたはいつまで逃げれると思っているの?」

ベリーを助ける⼈は誰もいなかった。

彼⼥が逃げ続けても、すぐに捕まるでしょう。

「私はあなたに選択を任せます。⾔い訳はいくらでも出来るわ。家族が⼈質にされたという同情を持って⽣きることは悪い考えではありません。そして何よりも、私は死んでいません。あなた⾃⾝が決めなさい」

アリアは床にお⾦を置いて振り返り、「これで何か⾷べなさい」と⾔った。

「お、お嬢様・・・!」

アリアが明るく微笑んで振り返ると、ベリーは慎重に⼝を開けた。

「私はどうやって屋敷に⾏けば・・・?」

「明日の朝、ここに馬車を送りますので、それで」

ベリーはうなずいて、そうすると⾔った。

望んでいた顔を確認したアリアは、明⽇の楽しいスケジュールを期待して倉庫を出た。



 

  • 決行の日

ベリーに会った後、アリアは馬車と⾷べ物を⼿配して外国に向けて出発する準備をしました。

アニーは頭をかしげて尋ねました、

「どこか遠くへ旅⾏するつもりですか?」

「誰かが⻑い旅に出るの」

アリアは本と⼿紙を読みながら、ベリーを待ちました。

しかし、朝が来て、ベリーが来る気配が⾒えなかったので、アリアは少し緊張します。

(気が変わったと⾔わないでよ)

心配になったアリアは、部屋を出ようとしたが、突然誰かが彼女の名前を呼んだ。

「アリアお嬢様」

「・・・?」

アリアが頭を向けると、ドアの横に何か⿊いものを見つけた。

それに驚いたアリアは、なんとか悲鳴を抑え、わずかに露出した顔を特定します。

その正体はベリーでした。

アニーを⾒つけたベリーは、急いで顔をマントで覆った。

「あなたは誰?」

「彼⼥は私のゲストなので、アニーは部屋に戻ってください。今⽇の⾷事は止めておくわ」

⼼配しているアニーを送った後、アリアとベリーは部屋に⼊った。

ベリーはアリアの部屋の真ん中に⽴っていた。彼⼥の外⾒はとても緊張していた。

「なぜあなたは私の部屋にまっすぐに来たの?」

「・・・申し訳ありませんが、⽣きる⽅法があることを確認する必要がありましたので」

アリアは「⼼配しないで」と窓を開けた。

外には、ベリーを待っている⾺⾞が。

「あれは本当に私の⾺⾞ですか?」

「⼼配しないでちょうだい。たくさんのお⾦も用意してあるわ」

それを確認したベリーは、決⼼したかのように深くため息をつき、すぐにアリアの部屋から姿を消した。

そしてその瞬間、いつも落ち着いていた屋敷の1階から叫び声が響き渡った。

その叫び声を聞き、アリアは笑う。

「この世界で、これよりも美しい⾳楽はあるのかしら?」

ゆっくりと1階に降りたアリアは、ベリーが使用人に捕まっている光景を見た。

「お嬢様!ここは危険です!」

使⽤⼈とメイドはアリアを⼼配し、ベリーを掴む⼿に⼒を加えた。

 



 

ベリーと裏取引をしたアリア。

国外に逃すという条件は少し意外でしたね。

前世でも自分を陥れたベリーを、彼女は許すのでしょうか?

後、ベリーがどうやって3階まで来れたのか?(すみません、これは僕の読解不足です・・・)

ベリーは自分の役割を果たすことが出来るのでしょうか?

アリアの名演技にも期待ですね!

 

悪女は砂時計をひっくり返す【73話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は73話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...