悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【70話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は70話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

70話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たな戦力

冷たいお茶を⼀⼝飲んだアリアは、最後の楔を打つ。

カインの手でエマを罰する。

それがアリアの目的でした。

「こうやってお兄様とお茶を飲めたらいいのに・・・、⼤⼈になるまで時間がないです」

⽗のように、美しさに簡単に魅了されたカインは、すぐにアリアの熱烈な味⽅になりました。

彼はベリーの捜索人数を2倍にする事を提案した。

「これ以上時間が経過すれば、家族の信頼性さえも問われます」

カインの言葉に伯爵はすぐに同意した。

否定的な意⾒を持ったのはミエールだけでした。

「すでにたくさんの⼈が彼⼥を探しているので、⼈を追加しても違いがあるのでしょうか?」

アリアがとても孤独な表情を浮かべると、眉をひそめたカインがミエールに答えた。

「ミエール、私はエマがこの事件に関係していると思う」

「お兄様、エマを疑うのですか!?」

「煙があるところには⽕はある。実際、ベリーは⻑い間、エマのために働いてきた」

「そんな訳がありません!彼⼥はそんなひどいことに巻き込まれるような⼈ではありません!」

ミエールは叫び、否定していました。

今まで⾒たことがない醜い姿に、アリアは彼女がどれだけエマを守りたいかを⾒ることができました。

アリアはミエールに落ち着いて⾔いました。

「彼⼥が本当に有罪でなければ、そんな噂はすぐに消えます、ミエール。⼼配しないでください。そうですよね、お兄様?」

「・・・はい」

ミエールは、アリアが⾃分よりも友好的に話している姿を⾒て、顔が⽩くなった。

直感的に、彼⼥は何かがおかしいと感じたに違いありません。

 



 

  • 手紙の処理

「お嬢様、エマが外出しました!」

アリアはアニーの報告を聞いて、笑顔を浮かべた。

これまでミエールの側を離れなかった彼女が、カインが調査に力を入れると一人で出かけるようになった。

アリアは騎士に彼女を追わせることで、ベリーのいくつかの痕跡を見つけることが出来ました。

彼⼥が捕まるのは時間の問題でしょう。

ベッドを整理しているアニーが尋ねます。

「もうお休みになられますか?」

「いいえ。毎日多くの手紙が届くので、全部読まないと」

「・・・どうして他の人に処理してもらわないのですか?お嬢様の評価が上がるのは嬉しいですが、それにしても多すぎます」

アニーはテーブルの上の⼿紙の⼭を⾒て驚く。

「私も、ここで待ちましょうか?」

「いいえ、もう休んでください。読みながら寝るわ」

「分かりました、お嬢様。それではお休みなさいませ」

アニーが部屋を出ていった後も、アリアは手紙を読み続けた。

何が起きたのか知りませんが、他国のビジネスマンからも提案が寄せられるようになりました。

気が付けば、一日の終わりに近づいています。

このまま読み続けると朝になるので、急いで⼿紙を整理してベッドに横になります。

中々寝付けずに、ベッドでゴロゴロしているアリア。

そして突然、彼⼥は既視感のある奇妙な感覚を感じました。

アリアは目を開けた。



 

  • 真夜中の訪問者

「・・・!」

真夜中の訪問者はアースに他なりませんでした。

「私はあなたを驚かせるつもりはありませんでした・・・、すみません」

彼は急いで謝罪した。

真夜中の突然の訪問にアリアは呆然とし、何の反応も出来ません。

彼が残したチューリップのせいで、時々訪ねていることを知っていましたが、直接会うと何て言えばいいのか分かりませんでした。

「アリアお嬢様・・・?」

アースは彼⼥のことを⼼配し、慎重にアリアの名前を呼ぶ。

「・・・⼤丈夫ですか?顔⾊が悪く、痩せているように見えます」

いつもの様子とは違い、彼はアリアを⼼配していたので、アリアの額に⼿を置いた。

「熱があるようですね」

アースの声には⼼配と後悔が混ざっていた。

その後、彼は⼀歩下がってアリアの視線を避けます。

「アースさん?」

アリアが彼の名前を呼んだとき、彼は答えなかった。

「とても・・・⼼配しました。⼤きな事件があったと聞いて。私はあなたに危害を加えるつもりはありません」

彼⼥はそれを疑いませんでした。

時間、場所、状況はとても不思議でしたが、彼が会いに来てくれた事が嬉しかったです。

けれど、アリアは素直にそう言いません。

「それで、あなたはこのような夜明けに、結婚すらしていない⼥性の部屋に頻繁にここに来るのですか?」

彼⼥がそっと尋ねると、アースは⼝を覆いながら頭を向けた。

ちょっとした冗談でしたが、彼はそれを恥じています。

「えっと、⼈々がここで私を⾒るかもしれないので、⽇中は訪れるのが⼤変でした。それで、代わりに夜明けに⽴ち寄って、あなたが⼤丈夫かどうかを確認しようと思って。それから私は・・・、今⽇も前回もあなたの顔⾊が良くなかったので、戻ることが出来なかった」

「・・・どうして?」

アースの考えていることは分かりますが、それでもアリアは本人から聞きたかった。

 



 

カインの態度の変化は丸わかりですね笑。

ミエールもかなり精神がすり減っていると思います。

毎日届く手紙を自分一人で読むアリア。

砂時計だけに頼らず、ここまで来た一番の理由は彼女の努力に他ならないでしょう。

そんな中での不法侵入者アース笑。

彼は以前から頻繁に訪れていたようですね。

やはりチューリップの差出人は彼でした。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【71話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は71話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...