悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【68話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は68話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

68話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【67話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は67話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • いつもとは違う表情

温かいお茶を飲んで少し不安を和らげたミエールは、エマに「公女様は本当に怒っているのかしら?」と尋ねます。

「いいえ、そんな事はありません。突然の訪問にも、彼⼥はあなたを庭に入る事を許してくれたのですから」

「いつも優しい⼈ですから、今回も優しさを⾒せてくれますよね?」

「はい。それに加えて、あなたは将来の公爵夫⼈であり、すでに約束の指輪も受け取っています」

「そうですよね」

結局、イシース公女は太陽が沈む直前に現れました。

「・・・イシースお嬢様」

予想よりも待ち時間が⻑かったため、ミエールの顔は⾮常に暗かった。

しかし、それさえ気にかけなかったイシースは、彼女の向かいに座って、簡単に挨拶した。

「少し忙しくて、あなたを待たせたわね。今度からは事前に約束してちょうだい。あなたが突然ここに来るなんて信じられないわ・・・、あなたの仕事は何?」

「ええと・・・、あの・・・」

いつも慈悲深いイシースの⾏動の変化に、ミエールが涙で⾚⾯するのを⾒たエマは、彼⼥に代わって庭の床に土下座した。

「何のつもり?」

「申し訳ありませんでした!すべて私の責任です!ベリーを逃がしてしまったのは、私の責任です!」

エマの思いがけない⾏動の後、無表情で⾒つめていたイシースは、すぐに⼝を上げて優しい笑顔を浮かべた。

「知っています。ですから、許しを求める必要はないわ」

イシースの慈悲深い声に感動したエマは、すすり泣きます。

 



 

  • 事件の後始末

「けれど、エマ。あなたはあなたが始めたものを終わらせなければいけないわ」

「・・・と言いますと?」

「⼿紙の中には、ベリーを⾒つける⽅法がないことが書いてありました・・・。そうよね、ミエール夫⼈?」

ミエールは彼女が何を言いたいのか、理解出来なかった。

イシースは黙る彼女にその⽅法を親切に説明した。

「当初の⽬標を達成できれば完璧でしたが、この雰囲気の中でそれを達成すると、問題が発⽣するだけ。それなら・・・」

イシースの視線は、エマに移る。

「まさか・・・」

驚いたエマは、口を開けて呆然とします。

「誰かが、本当の犯⼈だと⾔わざるを得ません」

「イ、イシースお嬢様!」

ミエールは驚いて席から立ち上がり、イシースの隣に⽴った。

母親と慕っているエマを、ミエールはこんな形で失いたくなかった。

誰かが自白した場合、彼⼥が良い死を遂げることはありません。

「別の⽅法はありませんか?エマを・・・、私は彼⼥を死なせたくありません」

ミエールは今にも泣きそうだった。

他に何か方法があるに違いない。

短い間苦しんだ後、ミエールは良い考えを持っているかのように⼝を開いた。

「なぜ、皇太⼦に圧⼒をかけないのですか?」

イシースの唇はひきつり、答えました。

「あなたはまだ私にそのような⼒が残っていると?」

貴族党が皇太⼦の策略によって台無しにされたことをミエールは思い出し、慌てて謝罪した。

「気分転換になると思いましたが、あなたが私の⼼配事の1つになったことに、私はひどく傷ついたわ」

イシースも簡単な仕事だと思い、ミエールに任せた。

しかし、結果は失敗に終わり、更なる混乱を引き起こしています。

「それでもエマだけは・・・、私には出来ません・・・」

ミエールがそのような⾔い訳をしたとき、イシースはすぐに頷きました。

「それなら、あなたの好きなやり方で終わらせてちょうだい。私もエマに恨みはないから、早く解決したいだけなのよ」

彼⼥は優しい表情を浮かべる。

「あなたは知ってるわよね?。染みを残すことは出来ないって」

「はい・・・」

「オスカーが戻って来るまでに、厄介ごとは終わらせる必要があるわ」

イシースが⾔ったように、オスカーが戻ってくる前に彼⼥は解決しなければなりませんでした。

ミエールは最後のチャンスを得た後、急いで屋敷から出ます。

ベリーが逃げ出した今、彼⼥は仕事を終えるために他の誰かを⾒つけなければなりません。

ミエールが消えた庭でしばらくお茶を味わっていると、執事が⼿紙を持ってきました。

それは帝国では⾒られなかった印章。

執事は⼿紙を⼿渡したとき不安に満ちていた。

手紙を読んでいる間、イシースの⼝はゆっくりと上がっていく。



 

  • ミエールの動揺

アリアは、ミエールが急いで出かけたと聞き、すぐに後を追いかける騎士を派遣した。

「プレデリック公爵の邸宅・・・?」

「はい、彼⼥は確かに邸宅に向かいました」

(いったいなぜミエールは公女に会いに?アドバイス?それとも気分転換?いいえ、彼⼥が望むように進まないこの状況で、彼⼥にそんな余裕はないはず)

公女がこの事件に関与しているのではないかとアリアは考えた。

(しかし、何故彼女が?貴族党が崩壊し、皇太⼦が台頭する中で、庶⺠の⼥性に時間を費やす必要があるかしら?)

アリアはその理由を考えましたが、答えを⾒つけることが出来ません。

⾼く評価していた公女は、それほど偉⼤ではないことに気づきました。

「ミエール・・・、あなたはどんな解決策を持って来るのかしら」

⾺⾞の⾳を聞いて窓を開ける。

ミエールがすでに戻ったかどうかを確認したが、伯爵と⼀緒に出かけたのはカインだった。

 



 

イシース公女が一番の悪役ですね。

けれど小物臭が半端ないです。

案の定、後始末にエマを犠牲にしようと考えています。

けれど、母親代わりのエマをミエールは手放せないでしょう。

彼女がいなくなったら、ミエールは何も出来ないと思います。

よく考えたら、オスカーは邸宅にいないのですね。

彼には罪が無いので、オスカーだけでも幸せになって欲しいところです。

 

悪女は砂時計をひっくり返す【69話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は69話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...