悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【62話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は62話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

62話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 婚約者?

「・・・イシース公女?」

貴族の模範となる⾏動に常に気を配っていた彼⼥は、ショックを受けた顔でアースのいる庭にやってきた。

慌てて駆け寄ってくる歩き方が、彼女の今の状態を表しているようでした。

恐ろしい表情のまま、彼女はアースへの挨拶を省略して言った。

「女性が顔を⾚らめたまま出てきたので、誰かが逢引きでもしているのかと思っていたら・・・。殿下がここにいるとは夢にも思いませんでした」

貴族の⼥性の⼝から出てくる軽薄な⾔葉に、アースは眉をひそめた。

「殿下は一体、どういうおつもりなのですか!?」

彼を⾮難する彼⼥の⾔葉に当惑したのはアースの方でした。

「あなたが気にする理由が分かりません」

「もし殿下が 『⼥性』とのスキャンダルを引き起こしたなら・・・、それは私の名声
を台無しにするからでしょう!!」

気が狂ったように、彼女は叫びます。

アースは偽の笑顔を浮かべる。

「本当?私の⼥性関係があなたの名声に影響するのか理解出来ませんが」

「惚けるつもり?彼⼥を側室にするつもりだと私に⾔わないのね?そんな事が可能だと思いますか?」

 



 

アースは、自分の許可が必要であるかのように⾔っていた彼⼥に⽪⾁を込めて微笑んだ。

「あなたは何について話しているのですか?」

「え?」

「なぜそのような許可が必要なのですか?」

「なぜって・・・、あなたは私の婚約者です・・・!!」

「ああ、あなたは⼤きな幻想を抱いているのですね。かわいそうに」

「殿下・・・!」

彼らの婚約についての噂があるのは事実でしたが、それは確⽴されていません。

それは、ずっとその優勢を維持していた貴族党からの単なる主張だったのですから。

しかし、今のアースには大きな力があります。

貴族党の存在はもはや⼤きな脅威ではありませんでした。

もし彼が学校を建て、投資家グループを吸収すれば、彼は地位と年齢を融合させた巨⼤な⼒を築くことが出来るでしょう。

「私はあなたと結婚するなら、独り身の方が良いですね」

「どうしてそんな失礼なことを⾔うことが出来るの・・・!?」

予期せぬ攻撃を受けて、イシースの顔は青褪めた。

必ず来る未来が否定され、彼⼥が疑うこともなかったからです。

「それが私の台詞です。もう噂で私を怒らせないでください」

「噂ですって・・・!」

イシースは震える声で答えました。

「分からないか?私があなたと婚約しようとしているという誤った噂を意味します。私
はいかなる肯定も表明したことがありません」

彼女の表情は、再びアースの冷たく明確な答えで崩壊した。

達成しなければならない⽬標が否定されたからです。

彼⼥が皇太⼦の妻でなければ、誰も彼⼥を追いかけません。

彼⼥は将来の王⼥になる⼈だったので、誰もが彼⼥を賞賛し、ついてきました。

「殿下!あなたが今⾔ったことを後悔すると確信しています」

それは警告のようでした。

「あなたはまだ状況を理解していませんね?帳簿に書かれている名前が全てではないという噂があります」

「・・・どういう意味ですか?」

イシースの⽬が揺れた。

「それは私の親切心です、残りは自分で理解してください」



 

  • 劣勢

イシースに心当たりはありませんが、もし彼女の名前が記入されていたという噂が流れれば、彼女の状況はますます悪化するでしょう。

証拠のない噂は、ゴシップを通じて⾸都全体を即座に覆います。

イシースが投げたガラスが壁にぶつかり、粉々に砕ける。

「・・・ロースチェント家のミエール様が到着しました」

実は到着してから、かなりの時間が経過していました。

落ち着いて話せる状態ではなかったので、準備の⼝実で待たせていました。

「・・・ああ、そうでした。私はミエールお嬢様に連絡するつもりでした」

幸いなことに、イシースは⾃分の立場を識別できた知的な女性だったので、すぐに怒りを⽌めて元の形に戻りました。

今はそんなに怒る時ではありません。

顔を正して整えたイシースは、ラウンジに向かった。

後に公爵夫⼈となるミエールは、彼⼥にふさわしい優雅な姿でお茶を味わっていました。

 



 

やっぱりイシース公女でしたね笑。

二人は一緒に訪問したのでしょうか?

会話を聞く限りだと。別々のような気もしますが。

まぁ二人に恋愛感情はなく、婚約の話も貴族党が持ち出したものですから、アースからすれば嫌な話でしょう。

彼女がこれからどう動くか注目ですね!

 

悪女は砂時計をひっくり返す【63話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は63話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...