悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【32話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は32話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

32話 ネタバレ

ミエールは誰かのことを思い出しているようでした。

レインは笑顔を浮かべた。

レイン「彼は今少し忙しいので会うのは難しいですが、すぐに会えるでしょう」

ミエール「それなら、私は待っていますね」

レイン「はい、これ以上お話できないことをお詫び申し上げます」

ミエール「いいえ、構いません」

彼女は笑顔で答えました。

しかし、アリアはまだ⼤きな疑問を抱いていました。

アリア「⼀体誰のことを⾔っているの?」

アリアは待機しているメイドをちらりと⾒た。

待機していたのはジェシーではなくアニーでした。

アリアは砂時計の必要がないと感じていたので、彼⼥は砂時計を持っていませんでした。

アリア「ああ、彼の主は他国の貴族ではないのですか?」

アリアを⾒ていなかったレインは頭を向けた。

彼がミエールと接する態度とは異なり、彼は素っ気ない態度でした。

レインはなぜそう思うのか尋ねました。

アリア「申し訳ありませんが、これほどの富を持っている帝国の貴族を思いつかないです。さらに、あなたの主はミエールについてあまり知りません」

レイン「主が何を知らないと思うのですか?」

アリアを挑発するかのように、彼は再び同じ質問をしました。

アリア(どうしてこんなに冷たく私を⾒ているの?)

その態度はまるで彼が自分の話を聞くのに時間を無駄にしていると⾔っているかのようでした。

アリア(どうしてこんなに態度を変えるの?)

アリア「ミエールは間もなく誰かと婚約します。帝国の誰もがそれを知っていますが、あなたの主はそれを知らないようです。もしくは、彼はそれを知っていますが、気にしません。あなたが今⽇持ってきた贈り物を考えると、両⽅の選択肢が出てきます」

頭だけをアリアに向けたレインは、今度は全⾝を彼⼥に向けた。

レイン「へぇ!あなたはどんな方だと思いますか?」

アリア「外国の偉⼤な貴族で、帝国の貴族の事柄に精通していない⼈。それか・・・」

レイン「それか・・・?」

可能性はほぼ0でしたが、帝国にたった⼀⼈だけいます。

アリア「皇太⼦でしょうか」

すぐに、レインの顔は⽬に⾒えて凍りついた。

ほんの⼀瞬でしたが、彼と向き合っていたアリアははっきりと彼の表情を⾒ました。

伯爵夫⼈とミエールが気付く前に、彼の顔は変わり、突然、彼は激しく笑い始めました。

レインの理解できない振る舞いに、アリアは皺を寄せた。

レイン「それは面白いアイデアです。私はそのもっともらしい理論にほとんど説得されていました」

アリア「では、あなたはどちらでもないと⾔っているのですか?」

レイン「ええ、私は何も答えることができません」

レインは結局、何の質問にも答えなかった

彼は本当に厄介でした。

年齢差のため、アリアの美しさであるハニートラップは彼に効かなかったようでした。

アリアのこれまでの経験に基づいて、彼女はレインを警報の原因として分類しました。

アリア(・・・落ち着きましょう)

アリアは優しく顔をほぐして、同年代の⼥の⼦らしい素敵な笑顔を浮かべました。

アリア「失礼しました」

レイン「そんな事はありません。とても良い会話でした」

レインの口調は、まるで彼が真実を語っているように、アリアを深く貫きました。

興味深い表情でしたが、アリアはもう喋る気がなかったので、⽬を無視してお茶を飲みました。

そうして、レインの視線もミエールに戻りました。



 

それから数⽇が経過し、成⼈式も過ぎました。

アリアは2⽇間よく眠れなかった。

サラはマーキス・ヴィンセントと前世と同じように良い関係を築いていたのだろうかと考えていました。

明⽇のお茶会ですぐにその答えが分かりますが、同時に不安を感じ、夜明けまで⽬を⼤きく⾒開いて⼀晩中起きていました。

何時間も寝ていなかったアリアは、外出の準備で忙しかった。

彼⼥は腫れた⽬を冷たいタオルでマッサージし、新しく注⽂した薄⻩⾊のドレスを取り出した。

アリアが以前に着ていたシンプルなものとは異なり、⽣地は豪華で、袖のレースはタイトで美しいものでした。

髪を細かく梳かした後、⾚いリボンを伸ばし、同年代の⼥の⼦の可愛らしさをプラスしました。

アニー「ああ・・・お嬢様、本当に私も行けるのですか?」

顔に化粧をして髪を編んだアニーは尋ねた。

メイドの制服は同じままでした。

アリアはアニーがとても幸せそうに見えた。

しかし「なぜ彼⼥はそれを⾔うのだろうか」と疑問に思いました。

アリア「はい、綺麗ですよ。何か問題ですか?」

アニー「・・・私はミエールお嬢様のお茶会に⾏ったことがないので、本当に行けるのか疑問に思いました」

アリア「大丈夫ですよ。ちゃんと化粧も出来ていますし問題ありません」

アニー「そうだと嬉しいのですが・・・」

アリアは少し⾵通しの良い笑い声を上げました。

アリア「あなたは世界がどのようなものか分かっていません」

主と⼀緒にパーティーに出席したメイドは、ドレスアップしていました。

彼らは地位の向上を求めていました。

下層階級の貴族が彼らの標的でした。

下層階級の貴族は、彼らがきれいである限り、地位に関係なく恋をしました。

奥さんになるのが難しければ愛人になればいいと⾔った愚かなメイドもいました。

それは彼らの外⾒だけを見た⼈々がしたことでした。

彼らは若さが終わったときに⾒捨てられるであろう⾺⿅でした。

そして、それは過去のアリアでした。

アリアはアニーの将来を期待して、彼⼥と⼀緒に邸宅を去りました。

「ああ、アリアお嬢様。しばらく見ない間に、あなたはとても背が⾼くなりました」

「今⽇もとても綺麗です。新しいドレスを購⼊されたのですか?」

アリアは明るく微笑んで、彼らの賞賛に応えました。

「私は最近⾷欲が旺盛だったからだと思います」

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【31話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は31話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...