悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【61話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は61話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

61話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【60話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は60話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アステロープ

冬だったので庭の準備は出来ていませんでしたが、アースが姿を消したのは庭に通じる廊下でした。

「ここから彼は出ていったのかしら?」

アリアは廊下を通り抜けて庭への扉を開いた。

残念ながら、そこにアースはいません。

彼⼥は彼の痕跡を探して庭を歩きました。

冬の冷たい空気がアリアの肺に⼊り⼩さな咳が出ます。

誰かが彼⼥の肩に、まだ暖かいコートを与えました。

「ここで何をしているんだ、アリアお嬢様?」

「・・・アステロープ様」

アースの眼差しは、愛情と不安に満ちていた。

「私をアースと呼んでください」

「どうして・・・?」

「あなたが疎遠になっているような気がするので、苦しいのです」

 



 

  • 能力の代価

思い返してみると、アリアはいつも彼の前で落ち着きを保つことが出来ませんでした。

「ネックレスがとてもよく似合います」

「ええ・・・」

アリアは話題を変えます。

「あなたはここで何をしているの?」

「私はヴィンセント侯爵の婚約を祝うために⽴ち寄りました」

「・・・あなたは突然現れたように⾒えました、もしかして能⼒を使いましたか?」

「いいえ、あの能力はあまり使⽤しません。代償がありますので」

「代償」という⾔葉は、砂時計を使って⼀⽇も⽬覚めなかった⾃分を思い起こさせます。

以前は深刻な疲労でしたが、今はかなり軽減されています。

アースとアリアは、能⼒を使う代わりに代償を払わなければならないという同様の力を持っているようでした。

アリアは自分の父親が誰かは知りません。

おそらく、永遠に知る事は出来ないでしょう。

「そうですか。このように訪れていることを考えると、あなたは侯爵と良い関係にあるようですね」

ヴィンセント侯爵と彼の関係を知らないかのように、彼⼥はそれについて尋ねました。

「あなたは既に把握していると思っていました」

それは高級品を流すように指示したのが、自分だという事を示しているようなものです。

満⾜のいく笑顔で、アースの⼿はゆっくりとアリアの顔に近づきました。



 

  • 抑えきれない感情

「本当は、さっきあなたを見かけたのですが・・・」

彼の⽬は悲痛だった。

アリアがここに到着したことを知って、遠くからしばらく彼⼥の顔を⾒るつもりでした。

しかし、アリアが彼女の周りの男性に微笑んでいるのを⾒たとき、彼はそれを⾒ることが出来なかった。

だから彼は、わざと見つかるように姿を消して、アリアの関心を引き寄せたかったのです。

「私と話したくない理由があったのですか?」

寒さにも関わらず、アリアが熱を帯びた目で⾃分を⾒つめる事に、お腹の奥から熱が上がり、頬に巻かれた⼿のひらに熱が⼊った。

(あなたはいつも私を当惑させます)

「アースさん・・・」

突然の気分の変化と鋭い視線にアリアの声が震えた。

彼⼥の揺れる⽬はアースの意図に気づいたようだった。

それでも、避けずにアイコンタクトをとったアリアを⾒ると、⼿を腰に巻いたアースはゆっくりと腰をかがめ、視線を下げた。

すべての美しい光景を⽬に⼊れたアースは、アリアの髪を優しく⼿渡し、柔らかい額にわずかなキスをしました。

「寒いので、戻った⽅がいいと思います」

成人になるまでに2年も残っていたので、彼らは⽴ち去らなければならず、恥知らずなことは出来ませんでした。

アリアは、しばらくの間魔アースを⾒つめて、その後頷いた。

少し躊躇したアリアは振り返り、ゆっくりと庭から出ました。

もし彼女を手にする事が出来るのならば、自分が知っている最高の騎士を護衛にしないといけない。

そんな事を考えていると、アリアが消えた廊下の終わりに、嫌いな相手の顔が見えた。

 



 

アースと出会ったアリア。

彼の能力にも代償はあるのですね。

どちらの能力が優れているかと言えば、う〜ん、難しいですね・・・。

僕だったらアリアの砂時計の力が欲しいですが、乱用してしまいそうで怖いです笑。

二人は徐々に惹かれ合っていますね〜。

このまま付き合って欲しいと思いますね♪

最後の嫌いな相手とは一体誰!?(恐らく、予想は出来ますがね笑)

 

悪女は砂時計をひっくり返す【62話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は62話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...