悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【31話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は31話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

31話 ネタバレ

サラはその地位を大幅に向上するでしょう。

アニーがその現実に直⾯した時、恐らく、彼女は嫉妬するでしょう。

そして、アニーが頼る事ができる唯⼀の人物は、アリアのみです。

アリア「お茶会に参加するなら、これからは⾃分のことを⼤事にする必要があります」

アリアは、ジェシーに⾹⽔を持ってくるように命じました。

貴族の⼥性が肌に使⽤する⽔で、2、3回使⽤すればツヤのある肌になります。

若く無知なアニーは、アリアの簡単な餌⾷でした。

かつて、アリアは毎晩のお酒で肌が劣化していたため、この製品を頻繁に使⽤していました。

アリア「あなたの肌は、この香水と非常に相性が良いです」

アニーは自身の肌荒れが、1回の使用できれいになったのを見て感銘を受けました。

アニーはこのような⾼品質のスキンケアを受けたことがありませんでした。

アニーは興奮し、ローションを塗った顔に何度も触れました。

 



 

アリア「ああ、そういえば、聞きたい事があります」

アリアはアニーに2度⽬のチャンスを与えました。

アニーがその時に正しく答えなかった場合、もうチャンスを与えないかのように冷たく⾒つめ、アリアは尋ねました。

アリア「ミエールは先生を変えたのですか?」

アリアは軽い口調で尋ねたが、それはアリアが何よりも知りたかった情報でした。

アリアを信頼し始めたアニーは迷う事なく喋りました。

アニー「ええ、そうです・・・。ミエールお嬢様は最初は苦労していましたが、先⽣を変えた後、突然、刺繍が上手になりました。私もレッスンを数回⾒ましたが、先⽣の説明はとても分かりやすかったです」

アリア「彼⼥は先⽣を変えたのですね。どんな方なのですか?」

アニー「はい、新しい先⽣は結婚するために国を出ようとしていましたが、ミエールお嬢様はなんとか彼⼥を⾒つけてここに連れてきました」

アリア「そうだったのですね。それはとても運が良かったのですね」

アリアはアニーの髪を優しく掃きました。

そして、アリアは彼⼥に⾦⾊のブローチを与えました。

アニーの灰⾊のメイド服とは対照的に、⾦⾊のブローチが明るく輝いていた。

アリア「良かった。やはり、アニー、あなたはその宝⽯がよく似合っています」

その瞬間、アニーの不安は⼀瞬で消えました。

そして、彼⼥は更に口を滑らせました。

アニー「ええと・・・、それで先⽣が最初にハンカチの⼤部分を刺繍して、ミエールお嬢様は彼⼥が開いたままにした部分を完成させていました」

アリア(何てことでしょう!謎が全て解けたわ!)

アリアはおしゃべりなメイドが屋敷に騒ぎを起こすことを期待して、そっと微笑んだ。



 

ある⽇、お茶会が間近に迫った時に、レインはプレゼントでいっぱいのワゴンを持って再び訪れました。

彼が持ってきた贈り物のほとんどは、⾼額で希少な物ばかりでした。

レイン「これは私の主からミエールお嬢様への贈り物です」

母親「まぁ!」

伯爵夫⼈は唖然としました、そしてそれはミエールも同じでした。

婚約者のオスカーはミエールにあまりプレゼントを渡しませんでした。

彼と⽐較して、贈り物の違いは歴然でした。

アリア(彼の主はどんな⼈なのだろうか?)

それは普通の貴族が準備できるものではありませんでした。

普通の貴族が全財産を売ったら可能かもしれないが、そんな事はあり得ないでしょう。

したがって、彼の主は並外れた⼈物である事は間違いありませんでした。

アリア(彼の主は外国の貴族でしょうか?)

恐らく彼の主は、ロースチェント家についてあまり知らないのかもしれません。

少しだけ調べれば、彼⼥がオスカーの婚約者だと分かるでしょう。

アリア(それとも、彼はそれを気にしない程強⼒な地位の男性なのでしょうか?)

もしそうならば、アリアはミエールに注がれていた注意をそらさなければなりませんでした。

彼⼥の気が変わって新しい愛を⾒つけた場合に備えて。

伯爵夫⼈、ミエール、アリアは多忙な養父が外出していたのでレインと昼⾷をとりました。

アリアは前回と同じように、レインを⾒ながらゆっくりと⾷事をした。

 



 

母親は興奮していたので、⾷堂は騒がしかった。

母親「あなたの主はどんな⼈ですか?」

ミエールの⽬は伯爵夫⼈の質問に輝いていた。

彼⼥はたくさんの贈り物を受け取ってから、レインの主に興味を持っていました。

レイン「ええと・・・、まだ明かすことはできません」

彼の顔は鈍くなり、答えるのが本当に難しいようでした。

それでも、母親は諦めず、レインから情報を聞き出そうとした。

レイン「そうですね・・・、彼は⼤家族の相続⼈です。彼は賢い⼈が好きですので、ミエールお嬢様に興味を持つようになったと⾔っていました」

母親「彼はどうやって、ミエールが賢いことを知ったのですか?」

レイン「主は彼⼥と直接会ったと⾔っていました」

ミエール「彼は私に直接会ったのですか?」

ミエールは⼾惑いながら尋ねた。

彼⼥はそのような出来事に気づかなかったように⾒えた。

彼⼥はめったに出かけなかったが、いつ、どこでレインの主に会ったのだろうか?

アリアもそれを疑問視した。

レイン「はい、詳細はお伝えできませんが、彼はあなたに会ったと⾔いました」

ミエール「私は覚えていませんね・・・」

レイン「しばらく前の出来事ですので、覚えていないかもしれませんね」

ミエール「・・・そうですか?」

ミエールはまだ困惑しているように⾒えた。

⻑い間沈黙の後、彼⼥は⼀⾔だけ喋った。

ミエール「たぶん・・・お兄様と⼀緒に出かけた⽇に彼に会ったのでしょうか?」

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【32話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は32話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は131話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は70話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...