悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【60話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は60話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

60話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【59話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は59話をまとめまし...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • サラへのプレゼント

最後に降りてきたミエールも、アリアの美しさに顔を向けた。

彼⼥も装飾で⼀⽣懸命頑張ったが、アリアの隣に⽴つと、彼⼥の存在は曇っていた。

「ミエール、そんな隅に座って窮屈じゃないの?」

アリアは馬車の窓の外を⾒ているミエールに尋ねた。

「・・・いいえ、久しぶりの外出なので外を⾒たいんです」

「サラ!」

いつものようにサラの前で⼦供を真似したアリアは、彼女に抱きついた。

サラもアリアに素敵な顔で挨拶した。

⾒つめ合う⽬は、まだ来ていない春の太陽のように暖かかった。

「⼊って、アリア。待っていました」

「あなたが祝うためにここに来てくれて嬉しいです」

ヴィンセント侯爵も、友好的な表情でアリアを歓迎しました。

「これはささやかな贈り物です。あなたの幸せを祈って、準備しました」

アリアの⼿招きで、アニーは彼⼥が持っていたプレゼントを注意深く侯爵に⼿渡した。

「・・・何てことだ!どうすればこの貴重なものを⼿に⼊れることが出来ましたか?」

アリアが⽤意したのは⽔晶の⿃のペアでした。

夫婦としての良好な関係で知られる⿃で、⽬にはダイヤモンドがちりばめられ、ベースは⾦で作られていました。

「ヴィンセント侯爵とサラ侯爵の未来が幸せに満ちていることを願っています」と書かれた碑⽂もあります。

侯爵はアリアの贈り物に深く感銘を受け、注意深く観察しました。

「それはサラの婚約と共に、私の親友であり教師であるあなたに素晴らしい贈り物を準備したかったのです。気に⼊ってくれると嬉しいな」

サラは涙を流して頭を頷いた。

 



 

  • サラの悪い感情

カウントは暖かい光景を⾒て、⾃然に彼らの間に⾜を踏み⼊れました。

「お久しぶりです、マーキス・ヴィンセント」

「来てくださり、ありがとうございます」

伯爵に続いて、伯爵夫⼈は注意深く彼に挨拶し、そしてミエールもサラとヴィンセント侯爵に挨拶した。

「おめでとうございます。サラ夫⼈は優しく、侯爵の慈悲深い妻であるに違いありません」

「ありがとうございます、ミエール夫⼈」

ミエールの⽢い笑顔にも関わらず、サラは公式の笑顔しか⾒せなかった。

ヴィンセント侯爵は不思議に思い、彼⼥をちらっと⾒ました。

「あなたはアリアお姉様を優雅な⼥性として教育されたので、あなたは皆のためのモデルでなければなりませんよね?私もあなたとお茶を飲み、沢山のことについて話したいです」

「・・・時間が許せば、そうしたいですね」

「それでは、ロースチェント一家が宴会を楽しんでいただければ幸いです」

サラが不快に感じているのを見て、マーキス・ヴィンセントは会話を中断した。

ミエールはしばらく固まっていましたが、穏やかな笑顔で姿を消しました。

「体調が優れない?」

サラはヴィンセント侯爵の質問に軽く⾸を横に振った。

「いいえ、緊張しているからだと思います」

「それを聞いて嬉しいですが・・・、⼼配ですから・・・休憩しませんか?」

サラの額を指差して、⼼配そうな表情で⾔います。

しかし、ミエールが去った今、サラは本当に元気だったので再び⾸を横に振った。

アリアの起源について話していたミエールに対するサラの悪い感情は、ヴィンセントの優しさと愛情で消え去り、再び⼼から微笑んで伯爵の⼿を取りました。



 

  • 大人気

伯爵はサラと深い友情を持っていたアリアを彼のグループに紹介した。

前世で何度も経験しているので、アリアは優しい笑顔を保ちました。

「⼦供だと聞いていたので、あなたがこんなに美しい⼥性だとは知りませんでした」

「これほど美しい⼥性に会えて、私は嬉しいです」

何⼈かから好意的な反応を⽰されたのは未婚の男性貴族です。

光沢があり、美しい服を着たアリアを嫌う⼈はいないでしょう。

見慣れた反応に、アリアは魅⼒的な笑顔を浮かべる。

彼女の顔を見ていた男性は、真っ赤になります。

「伯爵、アリア様の婚約者を決めましたか・・・?」

「ははは、まあまあ。彼⼥はまだ若いです。ゆっくりと、いい相手を見つけて欲しいので」

伯爵夫⼈もアリアの肩を包み込み、⼤きな笑顔を⾒せた。

退屈に感じていたアリアは、遠くにある男性の姿を⾒ることが出来ました。

「アース・・・?」

後ろ姿なので、はっきりと彼だという保証はありませんでしたが、彼女の直感がアースと言いました。

(彼はここで何を?)

考えてみれば、それほど奇妙なことではありません。

彼は婚約を祝うために訪れたのかもしれません。

「アリアお嬢様?」

アリアが急いで彼を追いかけようとすると、男性たちも付いてこようとします。

「申し訳ありませんが、少し目眩がして・・・。しばらく新鮮な空気を吸う必要があると思います」

「じゃあ、私も同⾏して良いですか?」

「私はどう?」

「危険なので、私が同行しますよ?」

「いいえ、⼤丈夫です。⼥性は時々⾃分の時間を過ごす必要がありますので」

彼女の答え方に、出席した⼈々は咳をしたり、顔を⾚らめたり、共感したりしました。

アリアはアースが姿を消した場所に向かって素早く⼀歩を踏み出しました。

 



 

アリアのプレゼントは、相当に価値があると思います。

それを用意できるアリアの能力にも、ヴィンセント侯爵も高く評価したでしょう。

やっぱりサラはミエールの事があまり好きではないようですね。

彼女のような優しい性格でも、ミエールの性格は受け付けないようです。

そしてアースの姿を見たアリア。

彼がここにいる事は珍しいことでは無いと思います。

とういう事は、婚約者のイシースも?

 

悪女は砂時計をひっくり返す【59話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は59話をまとめまし...
悪女は砂時計をひっくり返す【61話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は61話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...