悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【53話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は53話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

53話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 貴族党の衰退

貴族党によって独占されていた⾼級品を取り上げる。

皇太子はいくつかの貴族を破産させようとしていました。

「私がここで市場を奪うつもりなら・・・」

⾼級品を法外な値段で購⼊して損失を被った貴族たちは、安いものを買おうとするでしょう。

ヴィンセント侯爵は常に皇太⼦が貴族党に押されていると思っていましたが、彼はかなりの策士でした。

被害を受けるのは貴族だけです。

侯爵が考えを正したとき、彼は皇太⼦が行っていることに⾮常に満⾜していた。

「⼿紙を書かなければなりません。ペンと紙を持ってきてください。」

返信することに躊躇はありません。

皇太⼦の指揮の下、侯爵は⾼級品の価格を下げ、再び貴族党のいくつかの貴族の破産に繋がりました。

 



 

  • ベリーの異変

「お嬢様!ニュースを見ましたか?」

アリアはちょうど新聞を読んでいたので、アニーが何を言いたいのか分かりました。

「カジノ事件のこと?」

「そうです!またカジノのオーナーがいなくなりました!これは呪いなのでしょうか!?」

自分の発言にアニーは顔を⾚らめ、急いで⾔い訳をした。

「ええと、その・・・、つまり・・・本当にそのような呪いはあるのでしょうか?」

「そうかもしれないわね」

確かに、それは皇太⼦の呪いでした。

2⼈のカジノ所有者は皇太⼦によって厳しく罰せられました。

「まぁ、悪い話ではないと思うわよ」

「そうですか?旦那様もかなり混乱しています」

貴族党が崩壊すればするほど良いです。

そうすれば、愚かなミエールを完全に破壊することは可能ではないでしょうか?

ロースチェント伯爵⼀家が倒産しても問題はありません。

いいえ、彼が破産した場合、イシース王⼥はもうミエールの世話をしないでしょう。

投資家Aが率いる会議に参加したいと、養父が涙を流して言う光景。

それも気持ち良さそうでした。

「古着を着て路上で泣きながら倒れるミエール・・・」

アリアは笑顔でお茶を飲んだ。

「お茶が不味いわ。どうすればこのようなものを作ることが出来るの?ねえ?ベリー」

ベリーは怯えて⾝震いしました。

それと同時に、彼⼥は怒っているようにも見えます。

アニーは扇でベリーの腕を叩き、彼⼥に警告した。

「怒っていませんよね?」

「・・・はい」

そんな答えでしたが、彼女はプライドがとても傷ついた表情をしています。

なぜ彼⼥はまだプライドが高いのでしょうか?

アリアはお茶を床に落とした。

「それを⽚付けて、新しいお茶を持ってきて。喉が渇いたので、5分以内で」

ベリーは⽬を閉じて、⼿の傷を無視して部屋から急いで出ます。

「もうすぐ⼣⾷の時間です。お嬢様、またお茶を飲むつもりですか?」

「そんな訳ないじゃない。・・・ベリーに全部飲ませるわ」

5分後にベリーは現れます。

「お嬢様・・・、新しいお茶を持ってきました・・・」

震える⼿はとても哀れに⾒えます。

「遅いわ。片付けておいてちょうだい」

席から⽴ち上がったアリアは、優雅に部屋を出て行った。

アニーとジェシーも彼⼥を追いかけたので、ベリーはアリアの部屋に⼀⼈で残されました。

「浅くて下品な⼥・・・」

今の彼女の表情は、過去にアリアを陥れた時と同じ表情をしていました。



 

  • 雰囲気の重い夕食

⼣⾷の雰囲気は重いが、アリアは笑顔で⾷事を取っていました。

葬儀場の雰囲気はこれよりも明るいでしょう。

カウントは暗い顔で⾔った。

「彼らがこんなに簡単に倒産したなんて信じられない・・・」

貴族社会の知識を持っていなかった伯爵夫⼈は、⾮常に控えめでした。

それは賢明な選択でしょう。

「⾼級品の価格を下げたのはヴィンセント侯爵と聞きました。彼は・・・穏健派ではなかったのですか?」

ミエールの顔も明るくなかった。

「そう思っていたが、なぜ突然寝返ったかは分からない。私が彼に値上げをするように⾔ったとき、彼は少しも動かなかった・・・」

「私はビゲー⼦爵がしたことも信じることが出来ません」

⼦爵の名前が出たとき、伯爵の顔⾊は死体のように青褪めていた。

⾼級品が資⾦調達の問題であるとすれば、ビゲー⼦爵の問題は貴族党の内部を揺るがす⼤きな問題でした。

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【54話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は54話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...