悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【51話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は51話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

51話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • ミエールの贈り物

「それは本当に・・・、画期的ですね・・・」

しかし、ミエールが⾔えることはそれだけです。

彼⼥にとって、男爵夫人とアリアが話していた会話は、異世界の⾔葉のように聞こえた。

それでも、彼⼥には心強い味⽅のエマがいます。

ミエールの⽬の合図で、エマは彼⼥が準備したものを持ち出しました。

貴族や庶⺠を問わず、誰もが欲しがる宝石を。

エマの指⽰で、メイドたちがそれらを⼥性たちに配りましす。

「あのミエールお嬢様、これは?」

⼥性たちはバラの形をしたクリスタルのブローチに驚きます。

「特別な事ではありません、ささやかな贈り物です」

「・・・このブローチを頂けるのですか?」

「訪問のお祝いと考えてください」

訪問のお祝いとしては、大きすぎる宝石です。

サイズは⼩さいですが、その存在感はどの宝石にも負けていません。

妻たちは震える顔でミエールをちらっと見ます。

漠然と彼らの訪問を祝うための単なる贈り物ではないと感じたからです。

アリアは彼らの表情を読んで、笑いを飲み込んだ。

(ブローチで丸め込むつもりかしら?)

オスカーが約束したとしても、彼⼥は結婚するのに3年かかります。

彼⼥はプレデリック家の所有者でさえありません。

(あなたは本当にそれがうまくいくと思ってるの?)

彼らは繋がりを誇⽰して社交的な花になるのではなく、夫のビジネスを自分で助けると⾔った。

彼らがブローチに落ちることはあり得ないでしょう。

ミエールにはその考えがなかっただけ。

井⼾の中のカエルの方が、彼女より賢いでしょう。

 



 

  • 屈辱

「⼼から感謝しますが、私には重すぎます。庶⺠として貴族の間に入るなんて、恐れ多くて・・・」

隅の⼥性が宝石をテーブルに置いて⾔った。

「申し訳ありませんが、私もそうです。ミエールお嬢様にとって、大変失礼に値すると思うのですが」

夫人たちがブローチを次々と下ろすと、ミエールの顔は⻘ざめた。

密かに宝石を受け取る⼈もいましたが、ほとんどの⼈はそれを受け取れないと⾔った。

(ミエール、彼らが最初に拒否したときに彼らを⼿放すべきでしたね)

後悔の表情が醜く、とても面白かったです。

公爵夫⼈となるミエールには、庶⺠の⼼すら知りません。

(これが彼女の本来の力かもしれないわね。ロースチェント家の後ろ盾が無ければ、何も出来ない小娘)

彼⼥に出来ることは仮面をかぶって、高貴なふりをすることだけでしょう。

私は過去で、こんな馬鹿に殺されたと思うと怒りが収まらなかった。

これからは、私が受けた屈辱はすべてミエールにやってくるでしょう。

その⽇の勝者であるアリアは、扇を折りたたんでアニーに⼿渡します。

「ミエール、今すぐ会議を終了したほうがいいと思います。まだ始まったばかりじゃない。事業を拡⼤し始めたばかりの妻を⻑く抱きしめるのは失礼ですよ」

まるでアリアの⾔葉を待っているかのように、夫人たちは時間を何もチェックしていないふりをして、恥ずかしそうに⾒えました。

「・・・そうですね」

ミエールがそう言うととすぐに、夫人たちは急いで帰る準備をしました。

数え切れないほどの⼥性の前で侮辱されたミエールは、明るい笑顔で彼らを送りません。

彼女は冷たい顔をして、帰ろうとしている夫人たちにアドバイスをした。

「会議は本⽇終了します。楽しかったです。次に会うときは、顔を合わせて話をすることができないかもしれません」



 

  • 会議への招待

それは彼⼥を軽蔑した⼈への警告のようなもの。

ミエールの警告で、夫人たちは不安の兆候を⽰しました。

慈悲深いと噂されているミエールがそんな態度をとるのを知らなかったからです。

そんな夫人たちの不安を解決したのはアリアでした。

ミエールの顔から⽋けている柔らかな表情を盗むかのように、アリアは優しい笑顔で⼥性たちに別れを告げた。

「また機会があればお茶会をしませんか?⼤切な関係を簡単に終わらせることはできません」

表⾯的には、ミエールに劣っているアリアでしたが、それでも伯爵家の⻑⼥だったので、夫人たちはとても安⼼したようです。

「ミエール夫⼈の未来が幸せに満ちていることを願っています」

さよならを⾔った夫人たちに冷たい笑顔で答えたミエールは、庭から最初に姿を消した。

「それでは、お気をつけてお帰りください」

アリアは⾃分が望んでいたことを成し遂げたので、席から⽴ち上がった。

「アリアお嬢様!」

彼⼥が去ろうとしたとき、クリーン夫⼈が名前を呼んだ。

彼⼥はとても興奮した顔で話し出した。

「もしあなたさえ良ければ、次の会議に参加してみませんか?正確には私たちの会議ではなく、投資家Aが投資した⼈々の会議ですが、・・・あなたが会議に来て、彼らにアドバイスをしてくれることを願っています」

彼⼥の周りに座っている夫人たちも明るい顔で頷く。

私は笑顔で彼⼥に答えました。

「けれど、私なんかが参加しても・・・」

「そんな事はありません!あなたはここの誰よりも知識が豊富です!あなたも投資家Aと同じ視点を持っているので、彼ら全員があなたのアドバイスから恩恵を受けると確信しています!」

いずれは出席するつもりでしたが、⾃分の⾝元を明かすタイミングではないと思い、出席を延長しました。

「前向きに検討しますね」

アリアは拍⼿する夫人たちに丁寧に別れを告げ、庭を出ました。

彼⼥の正体を隠すのに苦労していた男爵とアンドリューは気絶するかもしれません。

その光景を思い浮かべて、彼女は笑みを浮かべた。

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【52話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は52話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...