悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【50話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は50話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

50話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 男爵夫人の誇り

「いいえ、私はそれらを取り戻しませんでした。安い宝⽯を取り戻す必要はありませんでしたので」

男爵夫⼈は⾃信を持って答えた。

ほんの数ヶ⽉で富を取り戻したので、古い宝⽯に注意を払う必要がなかったことを意味します。

「それは良かったです」

「今は宝石に注意を払う時ではないと思っています。夫のビジネスが安定するまで、私は彼を助けるために最善を尽くします」

彼⼥の⽬から⽕花が出て、夫の仕事を助けているようだった。

それは、すべてを持って⽣まれた貴族には⾒られない情熱です。

ミエールに関しては、夫のビジネスを積極的に⽀援していることは理解できないようでした。

「彼にいくつかのアドバイスを与えれば⼗分だと思うのですが?最善を尽くす必要は何ですか?」

「いいえ、これまで⼀緒に取り組んできました。専⾨家にはまだ少し遠いかもしれませんが」

二人の意⾒が噛み合うのは難しいでしょう。

「⼀緒に働いたという事は興味深いです。どんな仕事を⼿伝っているのですか?」

男爵の妻は、まるでアリアの質問を待っているかのように、彼⼥の役割について熱烈なスピーチをしました。

「彼は外の仕事で忙しくて、内政を詳細に管理することが出来ません。ですから、私は内部管理を担当しています。輸⼊資材の管理・経理を。今は難しいことではありませんので、⾃分自身で出来ています」

彼⼥は⾃分がしていることに誇りを持っているようだった。

 



 

  • 静かな言い争い

アリアは純粋な賞賛で答えました。

「あなたは多くの仕事を担当しているのですね。他⼈に任せると不安な仕事をしているので、あなたの夫は信頼されているのですね」

「・・・ありがとうございます。もちろん、ミエールお嬢様が⾔ったように、ビジネスがもっと繁栄しているなら、人を雇わないといけないのですが」

「そう思います。あなたが今出来ないとしても、あなたはあなたの家族に注意を払わなければいけないと思います。その場合、専⾨家に仕事を任せるのが効率的ですよ」

バロン夫⼈の⼝の中で自分の名前が⾔及されたとき、ミエールは⼤きな喜びで微笑んだ。

「いいえ。それは違うわ、ミエール。⼈を雇ったとしても、彼⼥が彼らを監視する役割を果たさないといけないわ。あなたも⾃分の能⼒を放棄する気はありませんよね?」

アリアは議論に固執し続けました。

「お姉様の言うことも分かりますが、しかし・・・それでは誰が家族の世話をするのですか?夫が安⼼して外で仕事に集中出来るように、男爵夫⼈はそれを世話する必要があります」

「もちろん、家業は重要よ。私はビジネスを続けるべきだと⾔っているのではありません。私は彼⼥に管理をするように言っているの。彼⼥にはそれをするのに⼗分な⼒があります」

ミエールとアリアは、お互いの意見を譲らなかった。

最⼤の理由は、お互いの意⾒を受け⼊れることが出来なかったからです。

もちろん、⾳⾊は柔らかく、表情も優しいので意⾒交換のように⾒えますが。

「あの・・・、お二人ともありがとうございます。今は夫の仕事を⼿伝いたいと思います。やりがいがありますので。もちろん家の仕事も手抜きをする気はありません」

賢明な男爵夫⼈はアリアとミエールの両⽅を受け⼊れることになった。

しかし、ミエールは結論が気に⼊らなかったので、不必要な⾔葉を付け加えた。

「いい考えだと思います、奥様。家族を導くためにやるべきことが沢山あると思います。これからゆっくりお知らせしますので、来週の会議にも参加してみませんか?」

ミエールは愛情を込めて⾔った。

男爵夫人が⼿を差し伸べれば、彼⼥は順調な未来を⼿にするでしょう。

ロセント伯爵の⽀持は投資家Aの⽀持よりもはるかに⼤きいでしょう。

しかし、男爵夫⼈は静かに⾸を横に振った。

「お誘いは嬉しいのですが、仕事が軌道に乗ったばかりなので少し難しいかもしれません。彼はまだ私を必要としています」

「・・・ええ?分かりました。他の方はどうですか?」

仕事が始まって間もなく、みんな忙しくて参加は難しいでしょう。

「私のような庶⺠が出席するのも負担です」

彼⼥は庶⺠の出⾝だったので、遠慮なく笑顔で話しました。

彼らは⾼貴な相手に招待されて、好奇⼼から参加しただけで、繋がりやお世辞を続けるつもりはなかったようです。

ミエールの⼝がとても細かく揺れていることに、誰も気付かなかった。

⼀部の妻は興味を持ってミエールと話していましたが、⼤多数の妻は仕事の話にのみ熱⼼でした。

そして、表⾯上しか知らなかったミエールは、当然取り残されます。

(あなたが引き付けようとしている⼈たちについての情報を準備しなかったのは、なんて愚かなことでしょう)



 

  • 投資家A

「バロン・クリーン男爵が最近新しいスパイスを輸⼊したと聞きましたが?」

アリアは⾔いました。

ミエールとは異なり、アリアは夫の仕事をすべて知っていたので、⾃然に溶け込めます。

男爵夫⼈は⽬を⼤きく開いて「はい」と⾔った。

「どうしてその事を?まだ市場に出ていませんが・・・」

「個⼈的に興味があったので、探しているうちに知りました。安くて味が濃いそうですね。きっと成功するでしょう」

「それが・・・、上手く売れるかどうかはまだ問題です」

「心配する必要はありません。帝国ほどスパイスに熱⼼な国は他にありませんから。貴族にほぼ独占的なスパイスを提供できるので、失敗する理由はありません」

「・・・あなたは投資家と同じことを⾔います。投資家Aも応援の⼿紙をくれました」

「みんなのお気に⼊りのスパイスになると確信しているわ」

妻たちは皆、アリアの話を聞いていました。

会議の流れはミエールからアリアに移った。

(何故すべての招待者が、下品で邪悪な⼥性の⾔葉に夢中なの!?)

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【51話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は51話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は133話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は71話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...