悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【48話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は48話をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...

 




 

48話 ネタバレ

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 動揺を隠せず

「出席者の⼀⼈からかしら?」

「多分そうかと?」

ミエールの⻘⽩い表情が、贈り物の相手を明らかにしています。

「・・・とても可愛いと思います」

ミエールがブローチを確認した後、明るいエネルギーは彼⼥の顔から消えていた。

食事の半分以上を残したミエールは、最初に席から⽴ち上がって気分が悪いと⾔います。

伯爵夫⼈は⼼配そうな表情で「医者に連絡する?」と尋ねました。

「いいえ、少し休めば⼤丈夫だと思います。少し疲れていて・・・」

「エマ、万が⼀に備えてミエールの世話を頼む」

「分かりました」

伯爵の許可が下りるとすぐに、ミエールを部屋まで連れて行きます。

 



 

  • 叫び声

「少しだけ一人にしてちょうだい」

「・・・はい、お嬢様」

久しぶりにミエールからのお願いだったので、エマは急いで周りを⾒回して誰もいないことを確認した。

しばらくして部屋で何かが壊れる⾳とともに、ミエールの叫び声が聞こえ、エマは⽬を閉じた。

「お嬢様・・・」

部屋が静かになるとすぐに部屋に⼊った。

それから、エマは急いでミエールの状態をチェックした。

彼女の肌と絹のような髪に傷はありません。

「エマ・・・」

ソファに静かに座っていたミエール。

はい、お嬢様」

「私は何をすれば良いの?とても気分が悪いわ・・・」

それは明らかに事件でした。

ここまで怒りを露にするミエールを見たことがありません。

エマは痛みを伴う⼼で彼⼥を慰めた。

「あなたは公爵夫⼈になるお方、怒りを⼿放してください」

「エマ・・・」

しかし、エマの慰めにも関わらず、ミエールは怒りを和らげることが出来ませんでした。

不潔な少⼥がロースチェント伯爵の家族になってから2年が経ちました。

そしてどういう訳か、アリアはオスカーの⼼を盗んだようです。

これまでにも妙な出来事は沢山ありました。

「そしてブローチ・・・」

オスカー以外に、誰もあのようなブローチを作ることが出来ないでしょう。

ミエールはイシース王⼥の助けを借りましたが、オスカーとアリアの関係は安心出来ません。

「アリアに付き添った新しいメイドはどうなりましたか?」

「ええ・・・彼⼥は⼀⽣懸命働いているようですが、あの女が簡単に彼⼥の⼼を開くとは思いません」

ベリーはとても賢い⼥の⼦だったので、アニーよりも遥かに上手く成功すると信じていました

しかし、エマが思っていたほど簡単ではありませんでした。

ベリーは⽇の出前の暗い夜まで家事から逃れることが出来ません。

泣いていたベリーを思い出して恥ずかしくなったエマは、⾔葉を曖昧にした。

「王⼥に⼿紙を書く必要があるわ」

ミエールはエマに⼿紙を持ってくるように頼んだが、エマは彼⼥を⽌めた。

「お嬢様、婚約指輪を受け取ったので、オスカー様を信頼して待ってみませんか?」

毎回のように王⼥に⼿紙を書くのは、印象が良くありません。

更に、皇太⼦の最近の動きは王⼥を不快にしていました。

貴族党の⼀部の事業が破産したらしい。

彼らの倒産の数の増加は、貴族党内に不安を⽣み出すでしょう。

とにかく、そのような⼩さなことで王⼥を悩ませるべきではありません。

しかも、それは男性と⼥性の関係の問題です。



 

  • エマの提案

「もちろん、オスカー様を信じていますが、彼の周りに付着している悪い害⾍を取り除く必要があるわ」

「お嬢様、私が害⾍の処理をします。ですから、あなたは公爵夫⼈になることだけを考えてください」

「・・・何をするつもりなの?」

「彼⼥のお茶に調味料を加えても良いですか?」

「調味料を?」

それが飲み物を美味しくする調味料ではないことは明らかです。

「けれど、誰がそれを⼊れるの?」

外部から雇わない限り、それは不可能でした。

内部で実行するためには⾃分⾃⾝を犠牲にしなければなりません。

「私が探して来ます、お嬢様。だから、落ち着いて公爵夫⼈になるというあなたの未来を描いてください」

それはミエールを落ち着かせるための⾔葉。

エマは幼い頃から世話をしてくれていたので、⺟親と何ら変わりはありませんでした。

「それよりも、最近生まれた派閥があります。彼らと知り合いになってみませんか?」

エマは、ミエールに若い貴族と繋がりを作ることを勧めた。

彼らはこれまでの全てのビジネスで⼤きな成功を収め、誰もが殆どのプロジェクトに⼤きな関⼼を持っていました。

どういう訳か、彼らは誰かを信仰しているかのように結託していた。

「いい考えね、エマ。公女様もきっと気に⼊ると思います」

「私たちの側にはお嬢様と王⼥がいます。彼らはお近づきになることを切望しているかもしれません」

「なぜ私はそれを考えなかったのでしょうか?彼らの妻と⾷事をします」

 



 

悪女は砂時計をひっくり返す【47話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は47話をまとめました。 ...
悪女は砂時計をひっくり返す【49話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は49話をまとめまし...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 漫画最新話は57話。...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 漫画最新話は119話。 ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 漫画最新話は60話。 続きを読みた...
【二度生きるランカー】まとめ こんにちは、ツバサです。 【二度生きるランカー】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となってお...