悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【222話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は222をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

222話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【221話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は221話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 悪女への道

アニーが最初に式典を開くことになっていたが、ドレスを含むアリアのサポートが始まると、彼⼥は新しい式典を準備し、すでに彼⼥が決定して準備したすべてをキャンセルしたのだ。

対照的に、ジェシーはアリアの必要なサポートを受け、予定通りに準備した式を使⽤した。

そもそも、彼⼥は負担が⼤きすぎて拒否しようとしたが、アリアに受け⼊れさせられたのだが。

「これが庶⺠の結婚式なのでしょうか?⾦持ちの貴族だけがこれを行う余裕があります」

ジェシーの拒否にもかかわらず、アリアは結婚式場をより美しく装飾したので、訪問者は驚いた。

「王女殿下が彼女の後ろにいます。ジェシーは普通の庶⺠ではありません」

「その通りですね。その上、彼⼥の夫の能⼒は卓越していて、彼は正しい位置にいるので、彼⼥が爵位を得るのは時間の問題でしょう」

「前例は稀ですが、あり得る話ですね」

「皇太⼦殿下は皇女殿下をとても愛しているので、彼は彼⼥が望むものは何でも聞くでしょう」

「皇太子殿下はすぐに皇帝になると確信しているので、それは簡単かもしれません」

ジェシーと彼⼥の夫について話したのは、彼⼥とあまり親しくない貴族。

彼らが式に参加した理由は、アリアから良い印象を受けるためだ。

さらに、彼らはアリアのお気に⼊りのメイドであるジェシーがすぐに爵位を得ると信じていたので、彼らはジェシーの親戚に暖かい挨拶をした。

「何てことでしょう。皇太子殿下、皇女殿下が本当に来ました!」

式典が始まる直前、聴衆が予想したように、アリアはアースと⼀緒に現れる。

ジェシーは最も愛されているメイドだったのでアリアが来ることは期待されていたが、アリアがアースと⼀緒に現れたことで、ジェシーとハンスの地位が上がると誰もが再び確信した。

誰とも挨拶を交わしていなかったアリアは、すぐにジェシーが待っていた待合室を訪れ、挨拶をする。

「来てくださると思っていませんでした・・・」

「ジェシー、どうすればあなたの結婚式を逃すことができますか?」

(ジェシー、あなたの言葉のおかげで私はここにいるのよ)

アリアはジェシーの⾔葉に従わなかったために悲惨な終わりを迎えたが、それは彼らを通してジェシーへの信頼を固めることに繋がった。

アースもそれを知っていたので、彼はアリアを追いかけて結婚式に顔を⾒せたのだ。

「⻑い休暇を過ごし、あなたの夫と楽しくリラックスした時間を過ごしてください。あ
なたが戻ったとき、あなたは再び重い義務に苦しむ必要があるでしょうから」

「・・・ありがとうございます」

ジェシーの目が⾚くなる。

なぜなら、彼⼥は仕事に戻ることがアリアのおかげで祝福されていることを知っていたから。

結婚したからといって、メイドが休暇に⾏けるでしょうか?

週に⼀度の休⽇に結婚式をしなければならなかったのが普通だ。

それすらできない⼈がたくさんいる。

いいえ、結婚できなかったメイドも大勢いた。

結婚すると、戻れないという理由で引退する⼈もいる。

「私はあなたの顔を⾒たので戻りますね。仕事が残っていますので、⻑く滞在することはできません」

「来てくださっただけで⼗分です」

アリアが結婚式の終わりまで滞在しなかったにもかかわらず、ジェシーの表情はすでに満足感に満ちていた。

その結果、アリアは躊躇うことなく彼⼥の歩みを変える。

 



 

どういうわけか、ホールは混雑していて賑やかだった。

彼らの⽬は嫉妬、そして不快感が混ざり合っている。

(どうしたの?なぜ彼らは、祝福に値するジェシーの結婚式をそれほど不純に⾒ているのですか?)

確認するために⽬を向けると、ボブーン男爵とアニーの姿が。

彼⼥はアリアから受け取ったドレスの1つを着ていて、貴族を上回り、花嫁に次ぐ豪華さを示していた。

このように、⽬⽴った⾏動をとらなかったにも関わらず、彼⼥は⾃分⾃⾝に注意を向けたようであり、それは貴族を怒らせたようだ。

「私は彼らがアニーとジェシーに腹を⽴てるのをやめたと思っていました」

それはアニーの⽬をかろうじて覆った叱責に等しい。

過去にアリアを笑っていた貴族を思い出させる。

そのため、しばらくその光景を⾒た後、彼女の表情は変わった。

それは、彼⼥が砂時計を⼿に取って、ミエールに復讐する⽅法を計画したばかりの過去の彼⼥の顔に似ている。

道のりはまだ長いようだ。

 



 

「すぐに帝国の城に戻ろうと思っていましたが・・・、しばらくの間ホールに⽴ち寄るべきですね」

ホールの雰囲気とアリアの変化を⾒た後、アースは選択の余地がないかのようにうなずいた。

彼は⽌めるつもりはなかったようだ。

ホールへのアリアの足取りは軽かった。

これまで密かにアニーを⾮難していた貴族たちは、どうすればもっとよく⾒えるのだろうと考えて、堂々とした優雅な外⾒で彼⼥に丁寧に敬礼し始める。

「アニー」

アリアがアニーの名前を呼んだ。

彼⼥の接近に気づかなかったアニーは、最⼤限に微笑んで、礼儀をとった。

彼⼥は過去の愚かな⾃分のよう。

「ボブーン男爵がどれほど好きでも、少なくともあなたに注意を払っている貴族たちに挨拶しませんか?遅かれ早かれ、あなたは貴族社会の⼀員になるのですから」

貴族たち全員を監視していたニュアンスを放つと、貴族たちの顔が⻘ざめ始める。

(今さら怖がるのなら、そもそも私に気分を害するべきではなかったわね)

アリアは微笑んで、貴族の顔を⼀つずつチェックした。

また、全員の顔を確認する確認プロセスでもある。

ますます怯えた表情をチェックしたアリアは、アニーの顔をチェックし、ゆっくりと⼝を開く。

彼らに自分の立場を分からせる時が来ました。

 

-終わり-

 



 

ジェシーとハンスの結婚。

ジェシーも幸せそうで良かったです。

ですが、ジェシーとアニーの存在を認めない貴族は大勢います。

アリア自身が馬鹿にされないためにも、彼女の悪女としての活動はまだまだ終わりそうにありませんね!

 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...