悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【221話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は221をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

221話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【220話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は220話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • アニーのアドバイス

最も適切な場所は、校⻑としてアリアによって設⽴された庶⺠の学校に⾏くこと。

庶⺠の学校ではあるが、王⼥によって設⽴された場所だ。

残ったのはサラの許可だけ。

「ですが、私には侯爵家の仕事もありますので、私に校長が務まるかどうか・・・」

「心配しないでください。サラは報告書を見て子供たちを見守ってくれるだけで十分です」

もちろん、アリアはサラに負担を与えるつもりはなかった。

「そしてサラはもうすぐ⾚ちゃんを産むでしょう?サラの⼦供は、あなたがとても多くの⼦供たちの世話をする校⻑であることを知って誇りに思うでしょう」

(サラは遅かれ早かれ⾚ちゃんを産むでしょう。いいえ、予想より少し遅れているわ)

「サラの⼦供だけでなく、⾸都のすべての⼦供たちが⺟親のようにあなたを慕うことは明らかです。彼らを幸せにすることができるのはサラだけです」

「・・・」

アリアが⼦供を愛するサラの⼼に触れると、彼⼥の唇は固くなる。

彼⼥は決⼼したように⾒えた。

彼⼥は⼦供の頃から教師になることを夢⾒ていたのだから。

「・・・分かったわ、アリア。ですが、夫の同意が必要です。私は頻繁に家を空ける必要があるので、彼に相談しますね」

「ありがとう。ヴィンセント侯爵は喜んでそれを受け⼊れてくれると確信しています」

アリアの言葉通り、ヴィンセント侯爵はサラの要求を拒否しなかった。

そして王⼥が庶⺠のために設⽴した学校の校⻑がヴィンセント侯爵夫人であることが知られるまでそれほど時間はかからない。

 



 

「王⼥殿下!私が持ってきた新聞を⾒てください!」

現れたアニーは素早く⾜を踏み⼊れて喘ぎ、アリアに新聞を⼿渡す。

それは庶⺠が読む新聞。

以前は未来を予測するためによく⾒ていたが、ハンスがアカデミーに⼊学して以来、未来を予測する必要がなくなったため、それ以上⾒ていなかったのだ。

アリアが新聞を受け⼊れると、近くで待機していたルビーが額に皺を寄せた。

「庶⺠にとって最も尊敬されている⼈物は皇帝ではなく、王⼥と書かれています!」

アリアが新聞の中央を飾る記事を読んだとき、アニーは笑顔でそう⾔った。

「すべての⼈々はあなたが善⾏をしたことを称賛しており、あなたが天国の天使であると確信しています」

アニーは、アリアへの⽀援は皇帝を超えていると⾔い続ける。

「アニー、結婚式の準備で忙しいはずの花嫁であるあなたが、喧騒のためにあなたのスケジュールを遅らせる理由ではないと思います」

鋭く指摘したとき、アニーは⼝を閉じて、⽬を転がす。

「実は・・・、王女殿下にご相談がありまして・・・」

「何かしら?」

アリアは新聞をテーブルに置いて尋ねた。

結婚式には必要なものがたくさんあったので、それを⼿伝う必要があるでしょう。

「前回投資したデザイナーを紹介してもらえないかと思いまして・・・。私は他のデザイナーを個⼈的にチェックしましたが、思ったよりも⾼価で、彼らのスタイルが好きではありません」

⾔葉が終わる前に、ルビーは⽬を⼤きく開き、アリアの口角が上がる。

「ルビー、私が準備したものをアニーに⾒せてください」

「かしこまりました」

「・・・え?」

困惑した表情を浮かべたアニーは、ルビーの⼿のジェスチャーに従う。

「王⼥殿下はあなたを本当によく知っていると思います。だから王女殿下は事前に準備しておいたのです」

「・・・どういう意味ですか?」

ルビーに質問するはずだったのに、目的地に到着したので話すことができなかった。

目的地の扉が開かれ中の光景が広がると、アニーは目の前の光景に唖然とする。

「なんてことでしょう。これは一体・・・?」

「これは、王⼥殿下があなた⽅2⼈のために⽤意したものです」

驚いたことに、アニアはアニーがそのような要求をするだろうと判断して、事前にデザイナーにドレスを注⽂していたのだ。

アニーは⼝を⼤きく開けて、何⼗ものドレスが詰まった部屋を⾒て、ゆっくりと部屋に⼊る。

アニーが個人でチェックしたドレスと⽐較して、それらはすべてあまりにもカラフルで美しいものだった。

「これらのドレスは王女殿下があなたとジェシーに着るように注⽂したドレスです。あなたが好きなドレスを選ぶなら、デザイナーはあなたのサイズにそれを調整します。ドレスはいくつ選んでいただいても問題ないとのことです」

「・・・すごい」

「あなたはとても恵まれています・・・」

ルビーは静かに独り⾔を呟く。

(その通りね。ただのメイドでもとても恵まれています。私はミエールを捨てた後、アリアを選ぶのがとても上⼿でした)

アニーは何千回もそう考えていた。

「王女殿下は、数⽇前から準備していました。ですが、あなたが王女殿下の元を訪ねるとは思ってもいませんでした。・・・ただのメイドで、庶民のくせに」

ルビーは何度か不平を言い、隣で自分の言葉を気にせずにドレスを⾒ているアニーに静かに尋ねた。

「・・・王女殿下はどのようなメイドが好きなのでしょうか?」

ルビーのプライドは傷ついたが、アニーにどうやってアリアの⼼を満⾜させるかと尋ねると、アニーは隠すものが何もないように率直に答える。

「命令を上⼿にこなすメイドよ」

ルビーはそのような単純で明確な答えに額に皺を寄せた。

「・・・それでおしまい?」

「それ以上何ができるでしょうか?⼀度やれば分かるでしょう」

「・・・あなたは良い仕事をしているようには⾒えません。王女殿下があなたに受付の仕事に割り当てたとき、あなたは何回間違えましたか?」

ルビーがこれを指摘したとき、アニーはしばらくの間口を閉じ、言い忘れていたことが⼀つあると⾔った。

「王⼥殿下は、他の誰もやらないことが得意なメイドが好きです」

「誰もやらないこと?」

「例をあげるのは難しいわ。まあ、チャンスがあれば分かるだろうけど、一生分からないかもしれないわね」

アニーは意味のあるコメントを残した後、興奮しながらドレスを眺める。

気に入ったドレスを見つけると、アニーはルビーによけて置くように指示をした。

(私はあなたのメイドではありません・・・!)

腹を⽴てようとしていたルビーは、アニーから聞いたばかりのアドバイスを思い出して、⼝を閉じる。

彼⼥は、「これは誰もやらないことだろう」と考えたのだ。

「・・・分かりました」

ルビーは、アリアが与える⽢い報酬を想像して、静かにうなずく。

アニーはいくつかのドレスを選び、ルビーは静かに彼⼥を追いかけた。

 



 

アリアが結婚をして帝国の城の⽣活に適応し、アニーとジェシーの将来が保証されていたために、残ったのは彼らの結婚だけ。

その中で最初に結婚式を挙げたのはジェシーだった。

 



 

サラ以上に校長に相応しい人物はいないでしょう。

サラ自身の夢でもありましたし、その願いが叶って嬉しいですね!

ルビーはアニーの後釜となれるのでしょうか?

そしてジェシーの結婚式です。

悪女は砂時計をひっくり返す【222話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は222話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...