悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【220話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は220をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

220話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【219話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は219話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 明るい未来

アースがアリアの隣に座る。

不平を言われると思っていたが、彼の表情は柔らかかった。

彼は本当にアリアが邪悪な⼥性になって孤⽴することを望んでいたが、彼はまた、誰からも愛され、⽀えられていたアリアを誇りに思っているようだ。

「順調のようですね」

「アースさん、いつでも席を譲る準備をしておいてくださいね」

「はは、分かっています。私はいつでもあなたに席を与える準備ができていますので」

楽しい会話の後、まるで別の問題があるかのように、アースは真剣な表情で⼝を開いた。

「あなたが提案した部⾨は、王女殿下の事業の名前でまもなく作成されると思います」

「本当ですか?」

「ええ、ですから今後は寄付を受け⼊れる必要はありません」

それは、アリアによって作られた施設が帝国の公式施設として登録され、王⼥の名の下に運営費を⽀援する部⾨を設⽴することを意味した。

今まで国営事業を営んでいなかった王⼥や⼥王がいなかったので、新しいことは何もない。

アリアのように巨額の資⾦を注ぎ込んだ事業ではないことを除けば、特別なことではなかった。

「いいえ、私は寄付を受け取り続けます。私が許可したビジネスですから」

「では、寄付を別の場所に振り向けてみませんか?」

「いいえ、私はそれらを施設に⼊れ続けます。誰も差別されないようにするためにはたくさんのお⾦が必要です。⾃分の施設が震えたり、お⾦に苦労したりするのを⾒たくありません」

無駄にするのは好きではないが、不⾜して本来の⽬的を果たせなかった場合、アリアはそれをさらに嫌っていた。

「また、帝国城に部⾨が設置されているので、予算を透過的に管理できると思います。残りの予算をまとめて、感染症などの⾃然災害に対応できるので、寄付をやめる理由はありません」

「豊かな国で⾃然災害が発⽣したことはありません。それは神の意志ですから」

「万が⼀に備えることは重要です」

「私が愚かでした。予想通り、あなたは賢明ですね」

「アースさんは愚かではありません。⻑い間あなたと⼀緒にいたので、私は知っています」

結局のところ、お互いを称賛して終わった会話の間に残ったのは笑顔だけ。

「休憩時間が終わったので、執務室に戻らなければなりません・・・。次のスケジュールはどうですか?」

「⾃分の施設を⾒回すつもりです。ちょうど開いたところですので。新しい建物も順調に進んでいるかどうかを確認するために周りを⾒回します」

「そうですか」

「そういえば、お願いした担当者はどうなりましたか?」

「もちろん、あなたが尋ねたように、私はそれをうまく処理しました」

「それなら私は彼と⼀緒に周りを⾒回さなければならないでしょう」

自分と⼀緒に働く部⾨の⻑として任命するように頼んだのはハンスに他ならない。

彼は庶⺠であり、庶⺠の間でも貧弱な経歴を持っていたため、彼の昇進には限界があったが、アリアの全⾯的な⽀援により、誰も彼の上昇を⽌めることはできなかった。

 



 

「王女殿下、私は最善を尽くします!」

貴族さえも⾜元に置くことになるハンスは、緊張を隠すことができず、アリアに⾝をかがめた。

「ハンス、あなたがそうすることを願っています。そうすれば、不幸な⽣活を送る⼈々がいなくなるでしょう」

「⼼に留めておきます!」

アリアの後ろに⽴っていたジェシーは、喜びの涙を浮かべてハンスを見つめる。

「ジェシー」

「・・・はい?」

「私は毎回施設に⾏くことができず、忙しいので、あなたが今後も頻繁に施設に⽴ち寄ってください」

「・・・私が?ですが、私は・・・」

私はただのメイドです。

ジェシーの次の⾔葉を予期して、アリアはそれらを聞かずに答えた。

「私が信頼できるのはあなただけですよね?ハンス、ジェシーはこの種の仕事ではまだ未熟なので、あなたが彼⼥の世話をしてくれることを願っています」

「・・・は、はい!」

ハンスはこれからさらに忙しくなり、ジェシーに会う時間がなくなるでしょう。

だからこそ、アリアは思いやりを持って、ジェシーにアニーのような席を与えて彼⼥の⽴場を固めることにしたのだ。

⼆⼈は巨額の投資が⾏われ、今後も称賛され続けるプロジェクトに携わり、明るい未来を約束されるでしょう。

新しい医療施設が建設されていたので、完成するまで、それらは既存の建物で運営されていた。

アリアが医療施設の⽞関ドアを開けたとき、⽞関からの庶⺠の列が⻑かったため、店内は混雑している。

問題なく扱っているかどうかを確認するために訪れたとき、働いている⼈々は⼝を⼤きく開き、床に平らに倒れた。

「お、王女殿下!」

病気の庶⺠でさえ床に伏せるのは時間の問題でしょう。

「庶⺠を真に気遣う王⼥!」

アリアの不幸な⼦供時代の噂は、すでに帝国と⼤陸に広がっていた。

アリアがみんなに優しく微笑むにつれて、彼らの愛情と賞賛はより大きくなっていく。

「何か問題はありますか?」

「初めてのことなので忙しいのですが、しばらくすると安定感が出てくると思います・・・!」

アリアの質問に、医療スタッフはとても感謝しているかのように答えた。

「それは良かったです。念のため、担当者をお知らせします。私のお気に⼊りで信頼できる⼥の⼦、ジェシーです」

アリアの説明は、ジェシーにみんなの注⽬を集めた。

ジェシーはまるで自分を素晴らしい⼥性として⾒ているかのように顔を⾚らめる。

「ジェシーは1⽇1回ここに⽴ち寄りますので、難しいことや必要なことがあれば教えてください」

「あ、ありがとうございます!」

ただのメイドだったジェシーが王⼥の偉⼤な仕事の関係者になり、彼⼥を堕落させるものがいなくなったので、アリアの⼼配も消えた。

(その上、ジェシーは私が思っていたよりもうまくやったので、どうすれば⼼配し続けることができますか?)

原則を守り、⾼潔であるジェシーは、彼⼥の義務に最も相応しい⼈物。

ジェシーはとても明るく陽気に⾒えたので、ハンスに1⽇1回会い、やりがいのあることをしていたので、以前のように⾃分を卑下することはなくなった。

 



 

「王女殿下には多くの称賛がありますね」

「私を 『王⼥殿下』と呼ばないように⾔ったはずです、サラ。私もあなたを侯爵夫人とは呼びたくないわ。私たちだけの時は、私の名前で呼んでください」

初めて会った時のように、アリアが⼦供のように振る舞うと、サラはどうしようもなく微笑んで彼⼥の名前を呼んだ。

「分かったわ、アリア。誰もいないときにだけそうします」

アリアがサラを皇帝の城に呼んだのは、彼⼥と話すだけではない。

彼⼥はサラが新しい学校の校⻑になることを望んでいたのだ。

すでに⼿紙で⾔及していたので、説明を繰り返す必要はないでしょう。

アリアはサラが校長になるという答えを待っていた。

サラが公爵のいない帝国で最⼤の権⼒を握っていた侯爵夫人として仕事を受け⼊れるならば、帝国の権威は強化され、誰もアリアについての噂を簡単に広めることが出来なくなるでしょう。

 



 

ジェシーとハンスが気になっていましたが、二人にとっての最善の結果のように思えます!

ジェシーが自分自身に自信を持つことが出来て良かったですね。

サラとの会話も和みます。

二人の友情が崩れることは決してないでしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【221話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は221話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...