悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【218話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は218をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

218話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【217話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は217話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 約束事

ルビーの表情を⾒ると、彼女は以前のアニーのように帝城の使用人たちを扇動しようとしていたようだ。

貴婦⼈と何度も会った後、世論は急速に変化する。

アリアが⾼貴な⼥性に異なる情報を漏らしたからではなく、彼⼥が彼らが互いに競争するために時間をかけて同じ情報を与えたからだ。

貴婦⼈の⽬的は、アリアに対して良く⾒せるために、他の⼈が知らなかった情報を⼊⼿すること。

それだけでなく、時折、アリアは男性の貴族に情報を漏らし、彼らが妻を叱る状況を作り出した。

「どうしてお前はその情報を知らないのだ!?」と。

 



 

「最近、どこでも王⼥のことを聞かされて、本当に不思議に思っています」

アースはとても酸っぱい顔つきで、あたかもイライラしているかのようにアリアに告げた。

それは、アリアが貴族間で競争を⽣み出したからではなく、単に彼らがアリアについて⾔及したから。

「それが私が安⼼できる唯⼀の⽅法でしたから」

「じゃあ、それらを取り除きましょうか?」

「取り除く?」

「王⼥が快適に感じるなら、私は彼らをあなたの視界から外すべきです」

「・・・⾼貴な⼥性を?」

「あなたが望むなら」

「ああ、私の神様・・・。そうすれば、あなたは珍しい暴君として歴史のページを飾るでしょう」

アリアがフォークを下ろしてそう答えるとすぐに、アースはとても楽しそうに笑い出す。

幸いなことに、彼の表情は嘘の混合物のよう。

「そうですか。私はあなたをとても⼼配していますので、私は⾃分⾃⾝を抑制しなければなりません」

それが彼の本⼼であるかのように、アースの⽬は厚くなる。

アリアは貴族と戦う皇太⼦妃になるつもりはない。

「・・・アースさん、申し訳ありません」

「謝罪する必要はありません。私もその姿が好きでしたから。あなたの好きにしてください。代わりに、私を放っておいてはいけません。寂しくて乾いているように感じるかもしれません」

⾷べるのを止めたアリアは、アースの隣に移動する。

⾷欲がなくなったかのように、アースはフォークを下ろしてアリアの⼿を取った。

「部屋に戻りましょうか?」

「そうしましょう。⾷事は・・・、後で⾷べることができますから」

アリアが待ち望んでいた⾔葉を持ち出すと、アースはすぐに席から⽴ち上がる。

「アースさん」

「はい?」

「あなたは私にこれを早く終わらせて欲しいですよね?」

「ええ、私だけを⾒てほしいですから。あなたのことを話す⼈は好きではありません」

「じゃあ、私が⾔うようにしてください」

「どういうことでしょうか?」

「私の話をした⼈を責めないでください」

「・・・」

アリアがそう⾔ったとき、アースは彼⼥の話をした⼈を⾮難したに違いないので、明らかに気が進まないように⾒えた。

「アースさん、あなたは私にあなたのことを他の誰かと話してもらいたいですか?あなたを褒め称える⼈と交流してもらいたいですか?」

「私はあなたに彼らと交流してほしくありませんが、彼らが私の話を持ち出すのを⽌めないでください」

「・・・」

「噂がすぐに広まったら、仕事を終わらせないといけないと思いませんか?」

アースが答えずに額を皺くちゃにしたとき、アリアはそれを助けることができないかのように⾔った。

「完了するまで我慢してくれるのでしたら、私はあなたの願いを叶えます」

「・・・願い?」

「はい、願いです」

「・・・どのような?」

「私にできることは何でも」

その瞬間、アースの額に落ち着いた不満は消え、彼の⽬は輝き始めた。

実際、そのような条件を付けなくても、アリアはアースの求めることであれば何でも叶えてあげるつもりだ。

「⼤丈夫。ただ私を信じてください」

 



 

「王⼥殿下は今⽇会議を開くことができません」

「何?どうして?⼀週間前に予約したので、今⽇来るように⾔われました・・・!」

アニーの⾔葉は、レセプションルームの前で⻑い間自分の番を待っていた貴族を驚かせた。

彼⼥が持っているリストをチェックしたとき、彼の名前は書かれていた。

アニーは⾃分の間違いで省略されていることに気づき、⼝を閉じたまましばらく⽬を転がす。

(ど、どうしよう?)

しかし、レセプションはすでに完了していた。

アリアはアニーを信頼していたので、彼⼥に仕事を約束させた。

「次回はまた貴族に連絡しましょう」

彼⼥は皇太子妃と呼ばれる強いバックグラウンドを持っていたので、それは可能な対応。

アニーは何も問題がないかのように漠然と答えた。

「予約してもよろしいのですか?それはおかしい。なぜ私の名前が書かれていないのですか?」

「え・・・?」

「非常識だ!」

どうやら、彼は直接帝国の城を訪れ、予約をし、確認さえも受けていたようだ。

だから彼は応接室にたどり着くことが出来たのだ。

アニーは首を傾げ、リストをもう⼀度⾒るふりをする。

しかし、すぐに⾸を横に振って否定的な答えをすると、貴族の顔は⻘くなった。

「もう⼀度確認してください。王⼥殿下は私に会いたがっていると確信しています︕!」

「・・・」

貴族は必死にアニーにしがみつき、彼女は困惑する。

⼀週間待った⼈をこんなに冷たく扱うのは無情だったから。

さらに、アニーは自分が間違いを犯したことを知っていた。

「・・・王女殿下。彼に10分の時間を分けてもらえないでしょうか?」

⾮常に困った顔をしたアニーがアリアに尋ねる。

応接室を出ようとしていたアリアは⽬を瞑り、お馴染みの質問でアニーに尋ねた。

「どなた?」

それは、アニーが訪問者のリストで多くの間違いを犯したため。

気性が短かったアニーは、しばしば間違いを犯している。

元ロースチェント伯爵の邸宅での繋がりがなかったら、アリアは彼⼥に⽬を向けていなかっただろう。

彼⼥は、短時間で⼈々を特定し、適切に対処する能⼒を⾼く評価して、仕事を任せていました。

「ストロー⼦爵です」

「ストロー⼦爵?」

「はい、彼はあなたと話すのに重要な何かを持っていると思います」

誰もが⾃分の利益を満⾜させるという重要な⽬的で彼⼥に会いに来る。

間違えたとしても、あと1、2⼈に会うのが普通だったので、許可してくれると思っていたアニーは、思いがけず拒絶された。

「それを拒否します」

「え・・・?」

「私は彼に会うつもりはありません」

「・・・?」

「どうしたの」

「ど、どうしてでしょうか?」

突然トラブルに巻き込まれたとき、アニーは⼝を⼤きく開いた。

アリアの後ろで待っていたジェシーも、⽬を丸くして不思議に思っている。

これには理由があるに違いないと思ったアニーは尋ねた。

「も、申し訳ありません・・・。ですが、理由を聞いてもいいですか?」

「彼は貴族派の名残です。彼は元ロースチェント伯爵と⾮常に良い関係を持っていました。けれど、彼はなんとか罰を免れました」

 



 

アリアの計画が気になります。

自分が噂されるような行為とは?

貴族派の残党がアリアに面会を求めることが出来るのは驚きですね!

悪女は砂時計をひっくり返す【219話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は219話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...