悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【217話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は217をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

217話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たなビジネス

それ以降、⾼貴な⼥性との会話は、アリアにとって⾮常に有益な時間に。

それは、誰ももう迂闊な発⾔をすることはないだろうと気付いたから。

表⾯的にはまだ優しい笑顔を浮かべているが、⼀⾔⼀⾔が⼤きな警告を発していることに気づき、最初の打ち合わせに⽐べてお喋りな⼈はいない。

もちろん、商売だけで過ごしたアリアが王⼥に就任すると、不満を持っていた貴族の⼥性もいたが、彼⼥は彼らをコントロールする最も効果的な⽅法を知っていた。

「・・・ちなみに、しばらくの間、帝国の城に慣れるために延期した書類を再考しました。そこで⾮常に興味深いビジネスを⾒つけました」

その方法とは、⾼貴な⼥性の⾃⼰利益を満⾜させる情報。

「・・・それはどんなビジネスですか?」

「気になります」

何⼈かの貴族の⼥性が興味を持っているビジネスについてアリアに尋ねる。

アリアは顔を向けて、優しい笑顔で⾔った。

「特別な場所から新しいジュエリーを集めるプロジェクトです」

「新しいジュエリーですか?」

「そう、海と同じくらい美しい宝⽯だと⾔われています。ジュエリーを挽いて髪やドレスにまき散らし、繊細な輝きを放つことができます」

海のように美しい宝⽯は、海から集められる貴重な宝物。

それらは深海でしか発⾒されなかったため、特別な技術と装置なしで収集することはできなかった。

もちろん、アリアは確かなことは確認しなかったが、プロジェクトを提案したのは宝⽯店のオーナーに他ならないので、⼿紙に書かれていることと⼤差ないだろうと判断した。

宝⽯店のオーナーは、投資をせずに宝⽯だけを集めて販売することに何の困難もないはず。

それにもかかわらず、彼が⼿紙で事業計画を送って助けを求めた理由は⾮常に明⽩。

(彼は私の評判を利⽤することを考えているのでしょう)

皇太子妃が投資した宝石。

皇太子妃が着用する宝石。

おそらく適切な価格よりも数倍⾼価になる可能性があるでしょう。

他の国との交流も簡単なはず。

 



 

断ろうと思っていたけれど、アリアは本物を⾒て決断すると答えた。

(庶民のための商売だったら断ったけど、貴族のための商売なら別の話)

多くの貴族は、他の貴族よりも少し⾼価で珍しいものを購⼊して披露するのが楽しいと感じている。

「王女自身が⾒たことがありますか?」

「いいえ、まだです」

「ああ、なるほど」

⾼貴な⼥性の⽬は、アリアがまだ⾒ていなかったという知らせによってすぐに曇った。

アリアは彼らに希望を与えるために別の貴重な情報を発表する。

「でも、それはとても美しい宝⽯だと思います。これは秘密ですが・・・、⼿紙を送った男性が帝国で最⼤の宝⽯店を経営しているからです。彼は鋭い⽬をしているので、ナンセンスな話はしないでしょう」

「帝国で最⼤の宝⽯店を経営している⼈?」

宝⽯職⼈がどこにいるのか、男性の名前を⾔っていないのに、⾼貴な⼥性の⽬は男性を認識しているように⾒えたので、再び輝き始めた。

「・・・いつ市場でそれを⾒ることができますか?」

「私が最初に彼に会わなければならないでしょう。彼がどんなに信頼できるとしても、私はそれを⾒るまで自分の投資を確認することはできませんから」

「彼を帝国の城に呼ぶつもりですか?」

「そうだと思います。まだ外出する時間があまりありませんので。ですので、私は宝石を注意深く⾒なければなりません」

アリアの答えに、⾼貴な⼥性はお茶を飲み始め、喉をすっきりさせた。

彼らは市場に出る前に最初に⾒たいようだ。

「採集場所は特別な場所なので、少量のようです。その上、それは飾るのに最適でしょう」

その⾔葉で、コージーン伯爵夫⼈は⽬を⼤きく開いた。

それは、夫のコージーン伯爵が宝⽯や⾦を噴霧したデザートを販売する事業を営んでいたため。

「・・・王⼥殿下!」

コージーン伯爵夫⼈は⾮常に焦った声でアリアに声をかける。

彼⼥は他に何も⾔わなかったが、宝⽯が帝国の城に⼊るとすぐに自分を呼んで欲しかったようだ。

「ああ・・・、今⽇の会話はそろそろ終わりにしなければなりません。まだ検討中のビジネスがたくさんありますので」

(簡単に答えを与えたら面白くないでしょう?)

 



 

アリアが会話の終わりを発表したとき、⾼貴な⼥性の顔に後悔が浮かぶ。

彼らは情報を受け取ったが、ほんの少ししか得られなかった。

それでも、その情報は無視できず、アリアは彼らに役⽴つ情報を公開するために後味を残したので、彼らはもっと⼼配になる。

「少し短いですが、私に会うのは初めてではないので、次回お会いしましょう」

貴族の⼥性たちに希望を与えたアリアは、後悔することなく庭を去った。

最初から最後まで無礼に⾏動したが、誰もアリアに不平を⾔いませんでした。

(彼らが元々貴族であろうと庶⺠であろうと、利益を前提として彼らを説得するのが最も効果的であるにもかかわらず、私は復讐の後であまりにも優しくしてしまったわ。家族であっても、お互いを裏切ることはできますが、利益を得ることができる限り、お⾦と利益に何らかの関係がある場合は違う)

ジェシーは⼀⽅的に会話を終えたアリアを⾒て少し不安だった。

過去も現在も、彼⼥はいつもアリアを心配している。

アリアはジェシーに何も⾔わなかった。

なぜなら、ただ楽観的であるよりも⼼配したときに危機に対処する⽅が簡単だったから。

ジェシーとは異なり、アニーは勝ち誇ったように⾒える。

彼⼥は、アリアが傲慢な貴族の⼥性を⼀⾔で静かにしたことを喜んでいるようだ。

ルビーも同様。

アリアは皇帝の城に⼊ってからずっと慈悲を⽰していたので、ルビーはそれを簡単に解決できるとは思っていなかったらしい。

帝国の城で何が起こったのかについて⼤胆に話した愚か者には罰が残った。

⼀⼈ずつ⾒つけてお⾦を払わせたかったが、皇帝の城に散らばっているたくさんの召使いをすべて⾒つけることができなかったので、アリアは⼀度だけ静かにそれを⼿放すことに。

それぞれを⾒つけて叱った場合、彼⼥は使⽤⼈を苦しめた王⼥であるという汚名を得るだけだから。

むしろ、ジェシーとアニーの価値を上げて、これ以上の悪⼝が出ないようにしたほうがよいでしょう。

 



 

新しいビジネスを匂わせて、貴族たちの関心を集めるアリア。

情報は何よりも重要ですから、これまでアリアに対して良い感情を持っていなかった貴族たちも手のひらを返すのではないでしょうか?

ジェシーやアニーの立場が向上する日も遠くないでしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【218話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は218話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...