悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【216話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は216をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

216話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 邪悪な女性の警告

「ジェシー、あなたが王⼥のメイドで才能のある恋⼈がいるなら、あなたがアニーのように振る舞うことは奇妙ではないでしょう」

ジェシーは過去から現在まで⼀貫している。

そして、アリアは本当にそれが好きだった。

すべてを説明したかったが、帝国の城にはたくさんの聴衆が存在する。

アリアはジェシーの頭を撫で、何も⾔わないようにした。

「・・・未来がどう変わるか分からないので、今から準備してください。その上、私は私のメイドが世界で最も美しいことを望んでいます。特にジェシー、あなたは私の一番のメイドです」

「・・・」

ジェシーは⼝をしっかりと閉じ、⾼貴な⼥性たちが待っていた庭まで歩き続けた。

 



 

「王女殿下にご挨拶申し上げます」

アリアが庭に⼊ると、⾼貴な⼥性たちは敬意を表して急いでお辞儀をする。

彼らは今までに呼ばれたことのない令嬢たち。

過去の貴族派の貴族だ。

彼らは皇太⼦の側にいたが、貴族は貴族。

彼らは皆、潮流を追い、権⼒を求めることへの⾃⼰利益を実現することに興味を持っていた。

アリアが腰を下ろすと、メイドたちは急いでお茶を注ぐ。

まるで⽔が流れているかのように⾃然な反応で。

しばらく待ってからお茶を⼀⼝飲んだアリアは、お辞儀をしていた⾼貴な⼥性たちに⼝を開く。

「顔を上げてください」

「・・・ありがとうございます」

礼儀正しく挨拶をするのではなく、顔を紅潮させた⼥性達はどこにも⾒当たらなかった。

⾼貴な⼥性は不快に染まった顔を消すことができなかったので、アリアは困惑した表情で彼らに尋ねる。

「お茶は美味しいです。どうして飲まないのですか?」

「・・・はい」

アリアは何も悪いことをしていないという表情を浮かべ、⾼貴な⼥性は何も尋ねることができず、今起こったことを埋めなければならない。

「お元気でしたか?」

「え?ああ、はい。王⼥様は、お元気ですか?」

「私はなんとか上手く過ごしています」

「・・・」

どのような反応がベストなのでしょうか?

⻑い間帝国を⾷い尽くしてきた貴族派を追い出し、⼼を⼀つにした。

⾼貴な⼥性の顔は、反逆罪の犯罪者であるかのように自分たちを扱ったアリアにますます冷たくなる。

それを気にしなかったアリアは、少し離れたところにある準備されたテーブルを指差す。

「アニー、ジェシー。あなたたちもそこに座ってちょうだい」

「「・・・はい?」」

「久しぶりのスウィートティーを味わうべきだと思いませんか?」

アリアの⾔葉は⾼貴な⼥性の動きを⽌めた。

王⼥と貴族の⼥性たちの会合のテーブルに、メイドたちを座らせる?

もちろん、それは珍しいことではない。

メイドのほとんどが貴族だったので、同じテーブルに座るケースもあるのだから。

そのため、メイドであったとしても、貴婦⼈として扱われることが多かった。

そのような女性は、普通のメイドとはまったく異なった扱いを受ける。

アリアが⾔ったように、隣のテーブルに座るのは不思議ではないのでしょう。

しかし、ジェシーとアニーは例外だ。

彼らは平民のはずでは?

貴族のメイドと同じ扱いを受けることは⽐類のないこと。

そう考えていたのは皇帝の城のメイドたちも同じであり、アリアがすでにそれを求めていたとしても、誰も軽⾷を⽤意しなかった。

「何をしているの?」

「・・・はい?」

「お茶の準備をしないのはどうして?」

「は、はい・・・」

アリアがメイドの⼀⼈を指差して尋ねると、メイドはジェシーとアニーのためにテーブルを準備するために慌て始める。

 



 

結局、ジェシーとアニーは⾃分たちのために⽤意されたテーブルに座った。

そのため、顔の表情をコントロールできない⾼貴な⼥性たちは、⼝を閉じて⾒つめるだけ。

「あなた⽅全員は明るい顔をしていませんね」

アリアは⾼貴な⼥性にそう話しかける。

彼女の失礼な振る舞いに対し、⾃分の気持ちを顔に表したからだ。

彼らは状況の処理をすることさえ考えることができない。

「・・・」

⾼貴な⼥性たちはまだ沈黙を守っており、彼らの不快感を隠さない。

するとアリアは低い声で笑って、「私の⺟が庶民の出⾝だからでしょうか?」と尋ねる。

もちろん、アリアの質問を聞いた⼈は皆、唖然とした。

アリアが⾃分の起源について⾔及するだけでは不⼗分であるかのように、彼⼥は⾼貴な⼥性に答えを求めたのだ。

⾼貴な⼥性は頭を横に振り、慌てて否定する。

「違います!」

「王⼥殿下について、あえてそんな不純な考えを持っているのは誰でしょうか・・・?」

彼らは、可能であれば頭を開いて無実を証明したかった。

「本当に?それなら嬉しいです。私が誤解したに違いありません。私の起源があまり良くないので、あなた方は⾮常に不快であるかどうか疑問に思いました。本当に変ですね。過去には、故フレデリック王⼥が私にした愚かな⾏為を嫌な顔で⾒たことはありませんでしたから」

イシースはかつて、元伯爵の邸宅を訪れたときに、アリアをテストするためにお茶について尋ねた。

それは愚かな悪役を笑うために仕組まれたもの。

しかし、アリアは落ち着いて対処するために砂時計を引き返し、結局、彼⼥は笑われることなく静かに通り過ぎることができた。

普通の世界だ。

真に権⼒を握った者がどんな不当な扱いを受けても、笑顔で上⼿に扱われなければならない世界。

(けれど、現状はどう?)

⾼貴な⼥性たちは、些細なことであるにもかかわらず、すべての⼥性の中で最も⾼く⾼貴な場所に到達したアリアの前で明らかに不快感の兆候を⽰した。

彼らが不満に思ったことは全て⾮常に些細なことであり、彼らは微笑んで軽く通り過ぎることができたはず。

「王⼥がフレデリック王⼥だったら、彼らはそのような⾏動をとることができたでしょうか?」

「・・・!」

「ほら、まだ刺された表情を隠すことはできませんよね?」

そう⾔ったアリアは、のんびりとお茶を⼀⼝飲んだ後、笑顔で⼀⾔告げる。

「そんな態度では、私に誤解を与えますよ」

「・・・」

庭に沈黙が生まれる。

アリアが笑っていたにもかかわらず、彼らが彼女の怒りに気づいたのはその時。

⾼貴な⼥性だけでなく、メイドも同様だ。

「私は最近、いくつかの悪い噂を聞いた後、それについて考えています」

彼ら全員が⾔葉を失ったので、アリアは再び話し始めた。

悪い噂?

誰もが尋ねることなく⼀つのことを考える。

それで、ジェシーとアニーを連れてきたのですか?

その時、彼らはしばらく⾏⽅不明だったメイドを連れてきたアリアの行為が何を意味するのかを理解する。

王⼥は彼らを使って噂の原因をテストし、警告していたのだ!

「・・・それは誤解です」

誤解ではない。

それは本当のこと。

もちろん、それはアリアの出身と無関係ではなかった。

フレデリックが王⼥だったとしたら、奇妙な噂が広まることはなかったでしょう。

「それは嬉しいです。また、私の経歴と壊れやすい外⾒があなた方を惑わしたのではないかと思っていました」

「・・・」

「誰もが優しい⼈に唾を吐かないと思っていたのですが、そうは思わなかったので気が変わってしまいました。ですが、あなた方がそれが誤解だと⾔ったように、私は対⽴しています。どんな態度を取るべきですか?」

アリアの言葉は、彼女がいつでも噂の邪悪な⼥性のように再び変わるだろうという警告。

 



 

ジェシーとアニーの悪い噂を流していたのは、元貴族派の女性たちだったのですね。

アリア自身にも反発している彼女たちを一掃する機会でしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【217話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は217話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...