悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【215話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は215をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

215話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【214話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は214話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 待望の回答

⾼貴な⼥性との短い会合の後、アリアはまっすぐ自分の部屋に戻る。

アリアがテーブルに座るとすぐに、ルビーはお茶を出した。

「ルビー、あなたは知っていたの?」

「はい」

真実を尋ねられたとき、ルビーはすぐに「はい」と答える。

彼⼥は⾃分に尋ねられるのを待っているように⾒えた。

「⾃分のことなのに知らなかったのは私だけだったわ。私よりも愚かな王⼥はいますか?」

「王女様にいつ話すべきか分かりませんでした。ですので、適切な時期を待っていました」

⾃⼰批判的なアリアに対するルビーの答えに躊躇いはない。

まるでもう少し頭が良くなったアニーを⾒ているようだった。

彼⼥はこの機会を利⽤してアリアの情報源になりたいと思っていたようだ。

皇帝の城に情報源を持つメイドがいるのは悪い考えではないでしょう。

いいえ、今回のように不快なニュースを素早く届けるメイドを必要としていた。

ルビーは適任でしょう。

彼⼥は最初から自分を売り込むチャンスを探していたようだ。

「教えてちょうだい」

アリアがその役割を許可したとき、⽬を輝かせていたルビーは、彼⼥の⾃⼰利益を満⾜させるために、彼⼥が知っているすべてをアリアに話し始める。

 



 

「アリア?」

⼣⽅に仕事を終えたアースを迎えたのは意外な人物。

アリアは彼の側に移動し、⽬で笑顔を作る。

「仕事は終わったのですか?」

「・・・」

なぜ彼⼥が自分に会いに来たのか、どれくらい待っていたのか、なぜ彼⼥が来たときに指⽰を出さなかったのかを尋ねる代わりに、アースはアリアを抱きしめることを選ぶ。

「事前に教えてくれれば」

「今着きました。そして時々は、私が先にあなたを待つのも悪くないでしょう」

「・・・」

⾔葉にできず、腕の中でアリアを静かに⾒つめる。

「私の素敵な妻について他に何か⾔えることはありますか?」

「思いのままに待っていたのは迷惑でしたか?」

アリアは、濃いまつげでわざと上下に瞬きをして尋ねた。

その姿はとても綺麗に見える。

「・・・はぁ」

アースは短い呻き声を上げ、唇を彼⼥に向ける。

「誰かが見たらどうするのですか?」

アリアは彼の胸を軽く叩き、不平を⾔った。

「前にも⾔ったように、私は帝国のすべての⼈に、可能であればこれを⾒て認識してもらいたいです」

過去の光景を思い出したアリアは、アースの胸に顔を埋め、低い声で笑う。

嬉しかったと⾔う笑顔で。

その素敵な姿に、アースは彼⼥の頭の上にキスをした。

⼤切なことを話し合う会話ではないが、貴重な時間。

そんな短い時間を⼀緒に過ごしていたアースとアリアは、すぐに⼿を取り合って⾷堂に向かう。

「それで、あなたは私が尋ねたことに答えていません」

「え?」

「私が意のままに⾏動したことに気分が悪いかどうか尋ねました」

「ああ・・・、あなたが私に尋ねた最初の質問ですね」

それは彼が答える必要がなかった質問。

それにもかかわらず、アリアはまだアースからの答えを必要としていた。

「アリア、あなたが何をしても、あなたが何を⾔っても、私の機嫌が悪くなることはありません」

「過去の噂のように寛⼤で慈悲深い王⼥ではなく、意のままに振る舞うように私が再び邪悪な⼥性になった場合は?」

「あなたの本当の⾃分を意味しますか?その方が良いでしょう。そうすれば、誰も私たちの邪魔をすることはありませんから」

もちろん、それがは国政を台無しにしないことは前提条件だが。

「・・・気が変わってはいけませんよ」

待望の回答を得たアリアは、⾮常に重要な回答を残す。

彼⼥のもう⼀⽅の⼿はアースの指をくすぐり、約束するように促した。

「・・・アリア」

しかし、アリアの⾏動は、アースからの決定的な答えではなく、危機をもたらしてしまう。

⼣⾷を抜いてすぐに部屋に戻るという危機を。

「部屋で⾷事をするのは悪い考えではないこともあります」

しかし、その危機はアリアが望んでいたことでもあり、彼⼥はそっと微笑んでアースの腕に寄りかかった。

アースはすぐにアリアの腰に⼿を置き、新しい⽬的地に向かう。

 



 

ジェシーとアニーの噂を聞いた後、アリアは派⼿に彼らと⾏動し始めた。

「このようなドレスを貰うわけには・・・」

ジェシーの顔はぎこちない。

彼⼥は⾃分の居場所を知っている⼥性だったので、贅沢で過負荷になりがちだった。

しかし、アリアはそうは思っていない。

「ジェシー、⼀晩で適応できないのは当然です。ですが、ハンスに適応する必要はありませんか?」

「ハンス・・・?」

「ええ、ハンスです」

ジェシーは瞬きをして、なぜハンスについて⾔及しているのか分からないかのように答えを求めた。

「ハンスが私の派⼿な服と何の関係がありますか?」

「ジェシー、あなたは私のように謙虚な出⾝ですが、皇帝の城での彼の能⼒でのみ認められているハンスの恋⼈に扮するに値します」

「でもハンスは・・・」

彼の能⼒が優れていたとしても、庶⺠は庶⺠。

彼は⾃分の能⼒だけが認められた庶⺠だ。

庶⺠がどれほど裕福で強⼒であっても、過度の贅沢は嘲笑しか得られない。

「ジェシー、なぜハンスが⽣涯平⺠であり続けると思っているのですか?」

「・・・え?」

庶⺠はいつも庶⺠だ。

彼らの地位が結婚によって⾼められない限り、彼らは⽣涯にわたって平⺠。

それは男性には不可能でしたが、⼥性にのみ可能なこと。

しかし、アリアはハンスを平民のままで留まらせるつもりはない。

庶⺠が永遠に庶⺠であるのは当然だったが、そのような法律は存在しないのだから。

庶⺠は、⼤きな功績のある⼟地を与えられれば、いつでも貴族になることができる。

噂がなかったら、アリアはハンスを貴族に変えることを考えていなかっただろうが、今はそうではない。

彼⼥はハンスを貴族に変えるほうがよいと考えたのだ。

なぜなら、ハンスの出⾝によって差別されることがどれほど不公平で苦いことかを知っていたから。

 



 

アニーはボブーン男爵がいますから、いずれは貴族になれます。

ですが、ジェシーとハンスは平民ですので、彼女の気持ちも分かりますね。

ハンスが貴族になれば、ジェシーの後ろめたい気持ちも軽減されるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【216話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は216話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...