悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【214話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は214をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

214話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 単なる警告

「はい、彼女たちは元伯爵家のメイドでしたので、何をすべきかさえ知りませんでした。それで、私が勉強している間、彼らには帝国の城に順応してもらいたかったのです・・・。そうではありませんでしたか?」

アリアは何も知らないかのように尋ねると、哀れみが貴族の顔を横切った。

それはまた、彼⼥のメイドが⾮常に⼤きな間違いを犯した表情でもある。

アリアはこれに不安を感じ、表情を崩さないのを苦労し、再び貴族に尋ねた。

何が起きているのか分からないが、すぐに解決しなければならないという予感が。

「ですので、何か知っているなら私に知らせてください。何かあったら・・・、大変ですので。私が彼女たちをここに連れてきたので、私は彼らの世話をしなければなりません」

遠い昔の噂とは裏腹に、優しさと慈悲をもって帝城の⼈々に愛されたアリア。

貴族が知っていること全てを打ち明けるのは⾃然なことでしょう。

「実は・・・」

貴族は何度か続いたアリアの質問に答え、それを聞いた後のアリアの表情はすぐに冷たくなる。

 



 

『王⼥様が連れてきたメイドたちが、⾃分が誰なのかも理解しておらず、本来の立場を超えて行動しているという噂があります。彼らは派⼿なドレスを着て、お茶の時間を過ごし、貴族を演じていると。すべての費⽤があなたの資産から出ているという噂もあります・・・』

貴族が少し前に⾔ったことを思い出したアリアは、メイドが注いだ新しいお茶を⼀⼝飲む。

エレガントで⾼貴な仕草。

アリアがお茶を飲むと、反対側の⾼貴な⼥性もとても優雅な仕草でお茶を⼿に取る。

レインの陰謀とアースの誤解のために⼀時的に課されていた訪問の禁⽌が終わったので、彼らは幸せそうに⾒えた。

彼らの専属メイドが待機している。

雑⽤をした他のメイドとは異なり、彼らは豪華な服を着ていた。

彼らは⼒のない貴族の⼦供たち。

彼らは、彼らの家族が強⼒な家族のメイドになることを願っていた。

そのうちの⼀⼈がお茶を飲んでいたアリアと⽬が合う。

アリアはとてもはっきりと⾒ていたので、メイドは視線をそらした。

メイドは微笑み、頭を下げて礼儀を取る。

とても⾃然なルーチンで。

「彼らはなんて美しいメイドなのでしょう」

アリアがメイドを⾒ながら⼝を開くと、⾼貴な⼥性の⼀⼈が誇りを持って微笑んだ。

「彼⼥は私のお気に⼊りのメイドです」

かつて、アリアは貴婦人との交流が少なく、軽蔑されていて、裕福な家族の⼀員だったので考えたこともなかったが、綺麗なメイドを利用して個⼈的な繋がりを増やすのは⾃然なことだった。

それは相互援助と呼ばれている。

「彼⼥は頭が良くて、将来は王女様の⼤きな助けになることができます」

「過大評価です、奥様」

褒められた⼥性は、⾃分の性格に合わないように少し顔を⾚らめた。

「子供たちの幸せな未来を願っていますか?」

「はい、子供たちが幸せなときほど良いことはありません」

それはアリアも同じ。

そして、彼⼥⾃⾝にとって、⼦供たちはジェシーとアニー。

アリアは、自分を助けてくれた⼥の⼦たちがこのポジションにたどり着くのを望んでいた。

「私は誰もが同じだと思います」

「・・・その通りです」

「あなたは同じだと思いますよね?」

アリアが他の⼥性にそれを⾔ったとき、彼⼥はそれが正しいかのようにうなずいた。

「はい」

「あなたはどうですか?」

「え?はい、もちろんです」

「あなたはどうですか?」

「・・・もちろん、私もそう思います」

同じ質問が続くと、⾼貴な⼥性たちは戸惑う。

それは、⾼貴な⼥性が共有するのに相応しくない、単純で奇妙な会話。

彼らが不思議に思っていると、アリアは真っ直ぐな表情で尋ねる。

「ですが、なぜ彼らは私のメイドについて噂話をしているのですか?」

 



 

「・・・?」

「・・・え?」

⼀瞬の沈黙が生まれる。

王⼥のメイドについての噂がすでに帝国の城を越えて通過したのはずっと前のこと。

すべての⼈の愛を勝ち取り、王位に就いたアリアの名前を不名誉に利用したジェシーとアニーを呪わなかった⼈は誰もいない。

それは、今ここにいる貴族の⼥性も同じ。

アリアの突然の発⾔と冷たい視線に驚いた⾼貴な⼥性たちは、⽬を⼤きく開いて⼝を閉じた。

王⼥がこんなに恐ろしい表情で自分たちを⾒ているのか理解できなかったにもかかわらず、彼らは適切な⾔葉を持ち出すことができずにいる。

アリアの表情の突然の変化は、⾼貴な⼥性に衝撃を与えるのに⼗分だった。

「・・・」

お茶を飲みながらのんびりと過ごしていたアリアは、冷ややかな表情をしたことがないかのように、またもや優しい表情を⾒せる。

急いで腹を⽴てるべきではない。

これは単なる警告なのだから。

この時点で収集する必要があった。

「ああ、私は間違いを犯しました。私はあなたがそうしたと⾔っているのではありません。最近、いくつかの悪⼝が聞こえました。皆さんがこんなに寛⼤で惜しみない投資をしているのに、なぜ私のメイドだけが噂されているのでしょうか?奇妙な話だと思いません?」

「・・・え、ええ」

「・・・」

アリアは⼿に持ったカップを置く。

それから彼⼥は、短いお茶会の終わりを⽰すために、メイドが⼿渡したハンカチで⼝を拭いた。

「気分が悪いので、そろそろ解散にしましょう」

アリアがせいぜい10分でお茶会を終えると⾔ったとき、彼らの表情は青褪めた。

しかし、王⼥が気分が悪いと⾔っているので何を⾔うことができますか?

しかも、ほんの⼀瞬なのに氷よりも冷たいアリアの顔を彼らは目撃した。

幻想のようだったが、⼆度と⾒たくない冷たい顔を。

(たぶん、王女様は本当に気分が悪いのでしょう。それが表情を管理することができなかった理由のはずです)

⾼貴な⼥性たちは、それが彼らへの叱責ではないことをなんとか理解する。

「王女様がすぐに元気になることを願っています」

「次回は健康な王女様に会いたいです」

 



 

アニーとジェシーの評判は想像以上に悪化しているようです・・・。

アリアのメイドという立場は難しいですよね。

優しい王女と思われているアリアの冷たい表情。

これで解決するといいのですが。

悪女は砂時計をひっくり返す【215話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は215話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...