悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【212話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は212をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

212話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【211話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は211話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 可愛いお願い

「あなただったのですね」

レインは近くから死をもたらしたの声を聞く。

彼の背中は一瞬で固くなった。

「アースさん?あなたは忙しいはず。どうして来られたのですか・・・?」

アリアが彼の名前を確認したとき、レインの表情は青ざめる。

ほんの⼩さな悪戯だったが、来たるべき対価は明らかに極端な罰に匹敵すると予想されているでしょう。

「私と王⼥の間で錯乱したのはあなただったのですね」

「どういう意味ですか?」

アリアは⽬を⼤きく開いて尋ねた。

アースは⽬を輝かせ、レインに罪を告⽩するように促す。

「私のパニックは楽しかったですか?」

「そ、そうではありません・・・!」

その通りだった。

アースがパニックになるのを見るのはとても愉快だった。

もし可能なら、その画像を寝室に持ち込み、落ち込んでいるときはいつでもそれを⾒ていただろう。

しかし、そう⾔った場合、王室侮辱罪で死ぬ可能性があるので、お互いを近づけようとする⾔い訳をしなければならなかった。

レインは必死に頭を回転して、突然良い考えを思いつく。

褒められなくても逃げられる考えを。

「アステロープ殿下が王⼥と接触しているすべての⼈々に嫉妬していたので、私はただ道を⾒つけようとしただけです!王⼥とお喋りをした⾼貴な⼥性たちに嫉妬しませんでしたか?」

突然の告⽩にアースは眉を深くひそめた。

「何?あなたは・・・!」

「死にたいのですか?」と尋ねようとすると、レインが慌ててアースの言葉を遮る。

「あの時、殿下はあなたの仕事を放棄し、王⼥のことしか考えていませんでした・・・。だから私はあなたを助けたかったのですが、うまくいきませんでした・・・!」

そう言って、レインはアリアに懇願の表情を与えた。

アースがアリアのことしか考えておらず、嫉妬の化⾝のように振る舞っていたので、自分には選択の余地がなかったかのように訴えかけるような表情で。

驚いて何度かまばたきをしたアリアは、すぐに元の顔に戻って微笑んだ。

「アースさん、仕事をしないで何をしているのですか?」

彼女はレインに願いを受け入れてくれたようだ。

アースが帝国の城を訪れた⾼貴な⼥性に嫉妬していたと聞くのが好きだったに違いない。

「・・・」

アースはレインに怒鳴る準備ができていたが、黙ってしまう。

これを利⽤して、レインはゆっくりと静かに後退し始めた。

逃げる絶好のチャンスだから。

「貴婦⼈にどんな嫉妬をしましたか?⾼貴な⼥性は、あなたと⽐べて私にとって重要ではありませんでした・・・。私は彼らと1、2時間しか話していません。それは全てアースさんのためでした」

予期せぬ爆弾を残して逃げたレインのせいで、アースはまだ答えることができず、⽬を避けていた。

⾼貴な⼥性にさえ嫉妬し、訪問者が帝国の城に⼊るのを妨げていたのは恥ずべきことだから。

「あなたが私を恋しく思った、もしくは嫉妬からそれをしたとだけ私に⾔っていたなら・・・。私は⼀⽇中あなたの近くにいたでしょう」

しかし、アースの目はアリアの言葉で何度も瞬きする。

「どういうことでしょうか・・・?」

「私はあなたから離れることができて幸せではありません。できれば、⽴場を変えて、⼀⽇
中あなたに近い補佐官になりたいです」

アリアは⾃分の気持ちを⾔葉で表現し、⾚く染まったアースの⽿に触れた。

「私の王⼥・・・」

我慢できないかのように、アースはアリアの腰をしっかり抱きしめる。

それから彼は彼⼥の髪にキスをした。

このままベッドに押し倒しても不思議ではないでしょう。

二人の間にすれ違いは消えていた。

 



 

「アースさんにお願いがあります」

彼らが⻑い間抱き合ったとき、アリアは突然⼝を開いた。

「何でも⾔ってください。帝国を売って、あなたにお届けします」

「そんなに素晴らしいことは期待できません。とても⼩さいお願いです」

皇太子が⼥性に対してどんなに盲⽬であったとしても、待機していた使⽤⼈は帝国を売るという⾔葉に唖然とする。

「私があなたの名前を呼ぶように、アースさん・・・、私はあなたに私の名前で私を呼んでほしいです。王女と呼ばれることは悪くありませんが・・・、あなたが私をレディアリアと呼んだ過去と⽐較して、私はどういうわけか壁を感じました」

(なんて可愛いお願いでしょうか?)

アリアへの愛をコントロールできなかったかのように、アースは下唇を噛んだ。

彼は彼⼥の腰を包んだ⼿にもっと⼒を⼊れる。

全てのスケジュールをやめて森の別荘に引っ越そうとしていたので、アリアはもう1つの恩恵を求めた。

「逃げた罪⼈を罰しなければなりません」

「・・・ああ、そうですね。⼼配しないでください。レインを⼗分に罰しますので」

誤解はすべて解決したが、レインは何⽇もアリアとアースを悩ませてきた張本人。

彼が逃げ切れることはないでしょう。

「しばらく別荘に⾏ってみませんか?」

アースの提案にアリアも同意する。

レインの策略のために、彼⼥はずっと勉強に費やしていたから。

⽬をそっと曲げたアリアは静かにうなずいた。

同時に、アースはすべての使⽤⼈を退出させる。

⾚⾯しながら姿を消した使用人たちがドアを閉めるやいなや、アースとアリアはまるで待ち望んでいたかのように姿を消す。

 



 

アリアが新しい環境に順応している間、帝国の城に連れて⾏ったジェシーとアニーも順応しなければならなかった。

これは、皇帝の城のエチケットがロースチェント伯爵家のエチケットとは異なっていたため。

もちろん、ロースチェント伯爵家の仕事には多くの貴族が同⾏していたため、他の伯爵家と⽐較して、使⽤⼈も徹底的に教育を受けている。

しかし、帝国城のエチケットは⽐類のないほど困難で複雑だったのだ。

そのため、ジェシーとアニーも新しいエチケットを学ぶため昼夜を問わず学ばなければならないのだが・・・。

「ジェシー、このドレスはどう?」

アニーは新しいドレスを手に取り、ジェシーに尋ねる。

繊細なレースとフリルは、貴族だけが着ることができる⾼価格のように⾒えた。

「どうやってこんなに⾼価なドレスを買ったの?いいえ、なぜ今そのようなドレスを⾃慢しているのですか?あなたはただのメイドです。そのようなドレスでどのように働くことを期待しますか?」

ジェシーが答えたとき、アニーは眉をひそめる。

「何を言っているのですか?私たちは誰ですか?私たちは王⼥のメイドですよね?」

「それは本当のことですが・・・」

「さらに、私たちは家事をしているメイドではなく王⼥の側近なので、このような服装をしてはいけませんか?」

ジェシーは黙り込み、アニーの質問に答えることができなくなる。

アニーの言葉は正しかった。

彼らは普通のメイドではなく、アリアが帝国の城に連れてきた最も近いメイドだったので、彼らはメイドのユニフォームを着る必要がないのだ。

愛情と富を誇⽰するために、愛するメイドをドレスアップした貴族の⼥性もいる。

そして、アリアに特に好まれ、他のメイドとは違って⾃分の部屋を持っていたのはジェシーとアニーだけ。

そのため、貴婦⼈のような服を着ても不思議ではないでしょう。

加えて・・・。

 



 

レインへの罰は恐ろしいものになりそうですね・・・。

とりあえず二人のすれ違いが解決されて良かったです!

次はジェシーとアニーのお話のようです。

彼らは価値観が違うので、互いに納得できる答えは見つかるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【213話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は213話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...