悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【209話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は209をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

209話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【208話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • あるデザイナーの噂

愛する⼈が元気に過ごすことが嬉しかったが、アースが妙に残念な気分に。

そして彼はイライラした。

「アステロープ様。南部の状況を概説した報告書が到着しました。彼を⼊れましょうか?」

「・・・」

「・・・殿下?」

だから、仕事に集中できる状態ではない。

(アリアに会うために、出来るだけ早く仕事を終わらせなければ・・・)

そんな気持ちを抱えながらでは仕事に集中できるはずもなく、アースはゆっくりと書類を調べることに。

いつものように。

「・・・彼を入れてください」

「かしこまりました」

使⽤⼈が訪問者を知らせて、アースの許可が下がったのは、かなりの時間が経過してから。

明らかに、それらの⽂書を受け取った場合、もはや逃げることができない仕事の数を増やされるでしょう。

しかしそれについて何もすることはなかった。

「殿下、体調が優れないように見えます。何かあったのですか?」

報告書を持ってきたレインは、アースの顔を見て尋ねる。

「結婚してからそれほど⻑くはありませんが、あなたはすでに酷い顔をしています。お互いに狂ったように恋をしていて、⼀夜にして王⼥を憎むことはないはずです。一体何が起きているのですか?」

アースが顔を曇らせて何も答えなかったので、レインは全ての使用人を退出させた。

「私に出来ることがあればお手伝いします。しばらくは首都に滞在しますので」

「本当に?それなら、私の代わりに書類を調べてもらえますか?」

「・・・はい?私に可能な書類であれば」

レインの答えに更にイライラするかのように、アースは机の上にペンを投げる。

彼に任せることの出来る書類はなかったからだ。

(皇太⼦妃は皇太⼦の気性が悪いことを知っているのでしょうか?彼⼥は知らないかもしれません」

レインはアースが苛立っている理由を静かに考え、あまり考えずに結論に達することができた。

それは彼が以前に何度かそれを経験したから。

(殿下は仕事で忙しくて、王⼥を頻繁に⾒ることができないという事実に不満を持っています。さらに、彼は王⼥が帝国の城で⾮常にうまくやっているという噂を聞いたのでしょう。⽗親がどんなに高貴な貴族であっても、⺟親が娼婦であるにもかかわらず、彼⼥はすべての⼈に愛されています。アリアの前に王⼥の候補だったイシースと⽐較すると、両者の違いは昼と夜のようです)

⾮常に適切な結論。

アースがアリアに会えなかったことへの失望と、アリアに代わって会う⼈々への嫉妬は明らかだ。

レインは、いつものように代替案を思いついた。

「私が皇太子妃様の様子を見に行きましょうか?」

「何?」

「殿下が報告書に⽬を通し、次の指⽰を私に与えるまで、私は何の関係もありません。殿下が⾏けないのであれば、私は帝国の城を歩いている使用人のふりをすることが出来ます」

「・・・」

「使用人のふりをするのは難しくないでしょう。私の顔を知っている人は少ないですから」

「・・・1時間ごとに報告してください」

「かしこまりました」

 



 

「あら、レインさんではないですか?」

「お久しぶりです、皇太子妃様」

アリアは久しぶりに出会ったレインを喜んで迎えた。

彼⼥はまるで天国から降りてきた天使のように明るい笑顔で彼に挨拶する。

(彼⼥の美しさのために、皇太⼦が⼼配するのも不思議ではありません)

レインはアリアの笑顔を見て、アースの気持ちを理解した。

「今日はどのような用件で?」

⾼貴な⼥性のグループに囲まれたアリアは本当に忙しそうだ。

彼らは皆、帝国でかなり⾼い地位にあった貴族の妻たち。

新たな王女が戴冠した今、それがテストであろうと友情であろうと、彼らは来るに値した。

「私は主⼈の⽤事で少しの間だけ帝国の城に⽴ち寄りました。皆様、申し遅れました。私はピノ・レインと言います」

「そうですか」

「どういうわけか私はその名前に聞き慣れています」

「私もです。ピノ・・・、ピノ・・・。どこで聞いたのでしょうか?」

アリアは冒頭で⽬を丸く開いた。

(彼はまだ自分の正体を明らかにしていないのね)

 



 

「ちなみに、ある噂を聞きましたか?」

「噂ですか?」

「はい。⾮常に美しく斬新なドレスを作るために、新しいデザイナーが脚光を浴びているという噂があります」

「そのような⼈が?」

「王女様のウェディングドレスも、その方のデザインらしいです」

その言葉で、全員の目がアリアに向けられた。

「・・・はい。ええと・・・。多分それは私が注⽬していたデザイナーかもしれません・・・。今回彼⼥に投資することに決めました」

「王女様、彼⼥がどんなデザイナーなのか教えてください」

すぐに⼥性の注⽬を集める話題を提起したレインは、⾃然に彼らの間に⼊り込む。

「彼⼥は⾸都ではまだ知られていませんが、南部では⾮常に有名なデザイナーです」

隠すものは何もなかった。

少し前のことだが、南部ではすでに多くの噂が。

彼⼥がアリアに⽀持されたことは、彼⼥が彼⼥の能⼒で認められたと同時に、彼⼥の名前を⼤陸全体に知らせる機会があったことを意味する。

では、どうして彼⼥は⾃慢できなかったのでしょうか?

レインは会話のためにここに来たわけではないが、彼は少し離れたところからアリアを⾒て、彼⼥から情報を得たいと考えた。

「・・・彼⼥は後で⾸都を訪れる予定なので、正式に紹介します。彼⼥はまだ少し経験が浅いので、あなたはがっかりするかもしれません」

「そんなことはありません。本当に楽しみにしています」

「私もそう思います。美しいものを作る⼈が多ければ多いほど良いのですから」

彼らはテストに来たようには⾒えず、彼らは本当にアリアが好きだったようだ。

そもそも貴族派に抑圧されていた自分達をここまで連れてきてくれたので、彼らはアリアを憎むことはできなかったでしょう。

 



 

アリアのウェディングドレスを、アースがデザインしたことをレインは知らないのでしょうか?

アリアもどう説明すればいいのか困惑しています。

噂のデザイナーが皇太子だと判明したら、彼女たちはどんな反応をするのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【210話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は210話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...