悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【207話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は207をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

207話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【206話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は206話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最初の夜

新しい皇太⼦妃の誕⽣と皇太⼦の結婚式は、王室だけでなく、帝国のすべての⼈々のお祝いだった。

それはまた、次の皇帝が貴族派の影響下で何の⾏動も起こさなかった現在の皇帝に取って代わる準備ができていることを意味している。

式典の後、皇居の前に集まった庶⺠は、アルコール、歌、踊りを伴って新しい時代に⼊ったことを喜んだ。

「皇太子殿下と皇太子妃殿下はどこに?」

「しばらくの間探しましたが、彼らを見つけることはできませんでした」

「彼らはどこにいるのでしょうか?」

「明らかなことは、彼らが庭にいないということです」

「彼らは⾃分の部屋に戻らなかったのでしょう?」

「もしそうならば、誰かが彼らを⾒たでしょう」

貴族の最⼤の⽬的は、今⽇の主⼈公であるアースとアリアに会うこと。

彼らはすでに同じ船に乗っていたにもかかわらず、彼らと顔を合わせて話し、友情を築きたいと思っている⼈がたくさんいた。

彼らが貴族派に反対した皇太⼦派であったとしても、貴族は貴族。

⾃⼰利益を完全に排除することはできず、彼らはアースとアリアを探す。

もちろん、彼らとは異なり、純粋な意図でアリアを待っていたサラとヴィンセント侯爵もいたが、どういうわけか彼らもアリアに会うことができなかった。

これを予期していたかのように、ローハンは短い⼿紙だけを残して、早々に帝国を去っている。

そもそも、彼は⻑い間クロアを離れることができなかったから。

ピアスト侯爵家の⼈々であるアリアの親族との簡単な対⾯での会話後、ローハンは帝国の城で時間を無駄にすることなくカリンの邸宅に戻った。

これからアリアに会うのは難しいと思っていたので、屋敷で休憩してクロアに戻るとのこと。

 



 

意外にも、アースがアリアと⼀緒に逃げたのは、帝国の城の庭だった。

アリアも以前訪れた場所。

「忙しい⼀⽇でしたね」

「・・・はい」

アースが⾔ったように、アリアは穏やかな池を⾒ながら答える。

彼が⾔ったように、今日は⾮常に忙しい1⽇だった。

アリアの体調を考慮して、アースは彼⼥を皇室の庭に連れてきたのだ。

そこは、王室の⼀員である場合を除いて⼊ることができない場所。

「これから忙しくなるでしょう、あなたは⼤丈夫ですか?」

「今日もよりも忙しい日をたくさん経験してきましたから」

砂時計を使うには丸⼀⽇の睡眠が必要だが、彼⼥はもっと⼤切に時間を活用している。

その上、彼⼥は忙しくて疲れていたにもかかわらず、些細な理由で⾃分⾃⾝を傷つけることをいとわなかったので、精神的にあまり疲れていなかった。

「私はあなたを過⼩評価していたに違いありません」

「ええ、あまり⼼配しないでください。アースさん、あなたは私よりも疲れていると思うので、寝室に戻ってみませんか?」

アリアが寝室に戻るかどうか尋ねると、アースは額に皺を寄せる。

彼はとても嫌いなことを思い出させる顔をしていた。

(「寝室に戻りましょう」と⾔ったのに、どうしてそんな反応をするの?)

理解できなかったので、瞬きをして彼の返事を待つ。

「私たちの寝室は・・・、今は⼈で賑わっているに違いありません」

「・・・人で賑わっている?」

(他人の寝室に?どうして?)

アースは少し躊躇うが、仕方がないかのように答える。

「・・・王室の最初の夜です。彼らが私たちを⾒るのは習慣なのです」

「見られるのですか!?」

アリアは声を上げて、叫びながら尋ねた。

(なぜ他人が最初の夜を⾒に来るの!?)

アリアはとてもショックを受けて⾔葉を失う。

彼⼥の瞼は震え、彼⼥の⽬はあちこちをさまよった。

彼⼥はこれまで以上に恥ずかしそうに⾒えた。

「王室の結婚式は主に政治的な結婚であるため、彼らは本当に⼀緒に夜を過ごすことを確認したいと考えています。彼らは将来の世代のために⾚ちゃんを産まなければなりません・・・。あなたがとても怒っているので、ここにいるのは良いことだと思います」

「・・・それは素晴らしい選択でした。なんでこんなに酷い習慣があるのでしょうか・・・?」

(誰かの前で私たちの最初の夜を過ごすよりも最悪なことはあるのでしょうか?覚えておくのは恥ずかしいことだし、その恥は私が墓に⾏くまで治まらないでしょう。しかし、私が嫌うのは私が嫌うものであり、ここに永遠に留まることはできません。式典を⾏った花嫁は、池の前で⼀夜を過ごすことはありませんでした。それよりも不幸なことは何でしょうか?)

アースは、アリアの質問に代わるものを注意深く提案する。

「以前⾏ったことのある私の別荘に⾏きませんか?」

「アースさんの別荘?」

アースの⾔葉で、アリアは彼の別荘を思い出す。

誰もそこに来ないのは明らかだ。

アリアはうなずきそうだったが、アースはすぐに次の⾔葉を付け加えた。

「しかし、私たちは問題を抱えています」

「問題・・・?どのような問題でしょうか?」

「ご存知のとおり、私たち以外に誰もいません」

「・・・え?なぜそれが問題なの___」

そう尋ねたアリアは、スピーチを終えることができず、固くなる。

それはアースの沈んだ⽬を通して⾒ることができた。

希望していた⼥性と結婚し、誰も来られない場所で夜を過ごすことになるので、考えが⼀つしかないことは明らかだ。

「・・・それじゃあ、すぐに⾏きましょう」

それはアリアが望んでいたことでもある。

アリアの答えが落ちるとすぐに、アースは⽬を⼤きく開いた。

意外な答えのようだ。

「⾏きたくない?」

今度は、アリアがアースに尋ねる。

「そんなまさか」

アースはすぐにアリアの⼿を急いで取り、2⼈は跡形もなく庭から姿を消した。

 



 

アースが⾔ったように、別荘は空で、執事さえいない。

いいえ、たぶん彼らはそれをチェックする時間さえ惜しんだ。

いつも屋敷近くの森に移動するアースは、どういうわけか屋敷の寝室に直接移動した。

移動すると決めた瞬間、アースの目は変わる。

彼⼥は何も準備していなかったが、アースの⼿はアリアの腰に巻きつけられたまま。

もう⼀⽅の⼿は、アリアのふわふわで柔らかい頬を一掃する。

許可を求めるタッチで。

(このような状況でも、あなたが許可を求めているなんて信じられません)

アリアはすぐに腕を⾸に巻いて⽬を閉じ、アースが本当に優しくて寛⼤な男性だと感じた。

それから彼らの唇は⼀瞬で重なる。

彼⼥の意志を丁寧に尋ねる姿は、既にどこにも見当たらなかった。

彼の行動はとても焦っていた。

これまで何度かふざけて挑発してきたアリアを無視して、⻑い間⾟抱していたから。

⾻さえも残さずにアースに⾷べられそうな感覚に陥ったとき、アリアは震えた。

彼⼥の腰を包んだアースの⼿に⼒を感じたので、ますますそう感じる。

「ああ・・・」

彼らの唇が⼀瞬離れたとき、不可解な息の爆発が。

突然視界が変わり、ふわふわのキルトが背中に触れる。

 



 

最初の夜を他人に見られるなんて絶対に嫌ですよね!

アースがアリアのことを最優先に考えてくれて良かったです。

皇室の習慣とはいえ、二人も望んでいないでしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【208話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は208話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...