悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【206話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は206をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

206話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【205話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新たな王女の誕生

「ローハン様は、いつあのような姿に成⻑して結婚するのでしょうか?」

ローハンは式典が⾏われる予定のホールに座っていたので、クロア国の貴族たちは彼らの⾔葉を隠さなかった。

彼らは皇居に⼊ることができなかったので、何⼗万⼈もの庶⺠が⾨の外に集まり、アリアとアースの二人を見つめている。

まるで全ての秩序を破るつもりはなかったかのように、アリアとアースは⾺⾞から出てて、チューリップでいっぱいの道をゆっくりと辿っていく。

温かいそよ⾵に包まれた皇居は、新鮮なチューリップの⾹りが漂っていた。

拍手を惜しまなかった何⼗万⼈もの⼈々、過去に呪われて虐待されただけの貴族、そしてアリアの⼿を握って並んで歩いたアースの暖かい視線に・・・。

(私はこんなに幸せで大丈夫なのでしょうか?)

アリアは思った以上に胸が膨らむのを感じて深呼吸をし、夢ではないかと数回瞬きをすると同時に、プレッシャーに晒されて不安を感じた。

唇は緊張して乾いている。

「大丈夫ですか?」

アースは非常に心配した声でアリアに尋ねる。

「顔色が優れていません。どこか具合が悪いのですか?」

「いいえ、そうではありません・・・」

「それじゃあ・・・?」

アリアの言葉に、アースは不安を感じた。

彼女が自分の何かに不満を感じ、心変わりしたのではないかと心配しているようだ。

普段の彼であれば違うことに気づくのだが、アースはアリアと同じくらい緊張していた。

それは、元プレデリック公爵の⻑⼥であるイシースとの契約上の結婚ではなく、彼が本当に愛していた⼥性との結婚式のため。

アリアが不安の兆候を⽰した場合、アースも不安を感じるのは当然のことでしょう。

アースも自分と同じく緊張していることに気づき、アリアは安定を取り戻す。

緊張するのは当たり前だと気づいたアリアは、優しい笑顔でアースの⼿に少し⼒を⼊れた。

「ありがとうございます、アースさん」

自分は大丈夫だと落ち着いて話す。

「私が死んで、私の体と魂がなくなった後でも、私の気持ちは決して変わるつもりはありません」

「死んだ後でも?」

「ええ」

それは馬鹿げた⾔い訳と主張。

 



 

セレモニーが⾏われるホールに近づいたので、もう話すことはできない。

⼆⼈は⼼配事を解消した後、歩き続けてホールに⼊った。

何⼗万⼈もの⼈々の声が⽿を痛めている外とは異なり、ホールの内部はとても静かで敬虔。

選ばれた他国の⾼貴な貴族や役⼈、そしてアリアが特別に席を求めたアニーとジェシー、そしてボブーン男爵とハンス。

アリアはアースと⼀緒にゆっくりと前に歩き出す。

頭にティアラを置けば、彼⼥は王⼥として認識されるでしょう。

そう考えると再び緊張し、背中が強張っていく。

しかし、アリアは優雅で堂々とした姿勢をとっていたので、緊張していることに誰も気づかなかった。

そして、表彰台の下で、アリアとアースは歩くのを止める。

帝国で最も下品と⾒なされていた⼥性が、最も⾼貴な⼥性に変⾝する瞬間。

過去とこれまでの出来事を思い出したアリアは、表彰台に向かう⾜⾳をゆっくりと⾒上げ、急上昇する感情を飲み込んだ。

彼⼥は彼が準備したティアラと⼀緒に現れる⼤祭司を⾒たかったのだ。

 



 

「・・・皇帝・・・陛下?」

大司祭は、裏切り者の処刑でアリアがほんの少しだけ顔を⾒た皇帝だった。

皇帝が王室の結婚式に登場するのは不思議ではなかったが、気をつけて姿を現さなかった皇帝が登場したのは驚きだ。

「⽗はついに安⼼したと思います。これまで、父は貴族のいずれかによって脅かされることを恐れて城の中にいましたから」

アースは、アリアだけが聞く声でとても静かに囁く。

表彰台に到達した直後、皇帝は新しい王⼥の⽬の前で⾃分で準備したお祝いの⾔葉を発し始めた。

そのほとんどは帝国の繁栄の明るい未来を願った言葉。

お祝いのメッセージを聞いていると、アースはこっそりと⼿を握り、とても静かにアリアに囁く。

「⽗は辞任した後は⾸都を去ると⾔いました」

「ティアラを」

皇帝は祝辞の後に厳粛な声で告げる。

彼は待機している使⽤⼈から王⼥のティアラを取り、それをアースに渡した。

ティアラを受け取るとすぐに、アースはアリアの⽅を向く。

アリアはティアラを頭に乗せることができるように頭を少し下げた。

細⼼の注意を払い、アースはゆっくりとティアラをアリアの頭の上に置く。

ティアラが落ちないように、とても思いやりのあるタッチで。

「新たな王女の誕⽣を祝福してください!」

そして、ティアラがアリアの頭の上に置かれたとき、皇帝は声を上げて、新しい王⼥が⽣まれたことをホールに知らせた。

指輪を交換して聖⽔を飲むという儀式が残っているが、遠くに座っていたカリン、バイオレット、サラは泣き始める。

アースとアリアがお互いの⽬の⾊の宝⽯でできた指輪を交換したとき、アリアの側にいて⾃分の利益を実現していたアニーでさえ、ハンカチを取り出して涙を拭った。

彼らは、新しい皇太⼦と皇太⼦の伴侶の誕⽣を祝福することを惜しまなかった。

 



 

ついにアリアが王女となりました。

最初はミエールに復讐することを願っていた彼女が王女になるとは。

二度目の皇帝の登場ですが、あまり印象は残っていません。

アースとアリアが作る国はどんな国家になるのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【207話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は207話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...