悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【204話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は204をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

204話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【203話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は203話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 新しい道へと進む最後の別れ

あの時の約束を思い出すかのように、サラは優しい笑顔でヘアピンを持ち上げた。

すでに髪の⽑は固定されているが、失敗を恐れて繊細で慎重に触れる。

「・・・できました、アリア」

「ありがとうございます、サラ」

行動はシンプルですぐに終わったが、アリアとサラは再び友情を確認することができた。

最終的な準備を終えたアリアは⽴ち上がってもう⼀度ドレスをチェックし、サラ、カリン、バイオレットに⾮常に⻑く柔らかな表情を与える。

⻑い旅の末、ついに⼥性は⼦供から⼤⼈になり、家族を離れて新しい道へと進む最後の別れだった。

⾔葉で表現できない不可解な感情。

とはいえ、誰もが幸せを理解し、願っていた温かい気持ち。

 



 

準備を終えたアリアが屋敷を出る前に、廊下の窓から⾒える⾺⾞に少し⽬を向ける。

今⽇アリアに送られた⾺⾞は、チューリップと宝⽯で飾られたカラフルな⾺⾞。

馬車は暖かい太陽を反射してきらきらと輝いていた。

その光は、まるでアリアの未来を祝福しているように⾒える。

彼⼥が⾺⾞に乗って出発すれば、もはやカリンの邸宅に戻ることはないでしょう。

⼤切な荷物は予め皇帝の城に送られており、今⽇連れて⾏かれるメイドたちも⼀緒に⼊る予定だ。

だから、邸宅に戻る理由はもうないのだ。

「お嬢様・・・」

「・・・もう戻ってこないなんて信じられません!」

「私たちを忘れないでください!」

通常、所有者のいない邸宅は地球上の楽園であるはずなのだが、邸宅の使⽤⼈はアリアが去っていくことを心から嘆いていた。

「お城でお会いしましょう」

邸宅を出る直前に、アリアは家族にそう⾔った。

それは、ピアスト侯爵家の⼈々が、彼⼥の⾺⾞に続く別の⾺⾞で⼀緒に帝国の城に向かうことになっていたから。

アリアの⾺⾞は、⽩い⾺に乗る騎⼠を伴って、結婚式が⾏われる帝国の城に⼊る前にゆっくりと⾸都を⼀周する。

そして、アースが⾺⾞から降りるアリアを出迎える。

それが将来のスケジュールだった。

「・・・はい」

バイオレットの答えの表現は、⾮常に⾃然な順序で、かすかに寂しそうだった。

その後、カリンはバイオレットの⼿を取り、彼⼥を慰める。

「今は別々に⾺⾞に乗りますが、帝国の城に⾏くとまた彼⼥に会うことができます。そして、アリアは頻繁に訪れると⾔っていたので、楽しみに待っていましょう。行きなさい、アリア」

「はい、お母様」

アリアはそれに同意し、最後の別れを素晴らしい礼儀正しさと優雅さで終えた。

それでも、バイオレットは孤独な顔を消すことができなかったので、憂鬱な気分が続く前に彼⼥は体を向ける。

 



 

馬車に乗るときが訪れた。

しかし・・・。

「アースさん・・・?」

(なぜアースが邸宅の⼊り⼝の前に⽴っているのですか?)

驚いたことに、アリアは自分を待っていたアースを⼀瞬ぼんやりと⾒つめた。

「私はあなたを迎えに来ました。私の素敵な王⼥」

それからアースがアリアに⼿を差し伸べる。

「手を握ってください」という意味のようだ。

その光景に、アリアを⾒送るためにホールにやってきた使⽤⼈たちが、顔を⾚らめたり、口を⼿で覆ったりして、⼆度と⾒ることのないものを⽬にしていた。

「・・・どれだけ彼女に会いたがっていたのかしら・・・」

カリンは誰にも気づかれない声で呟く。

数⽇前に宝石を⼝実に屋敷を訪れたのはアースだったので、訪問の⽬的は明らかでしょう。

その上、彼は「私の素敵な王⼥」と⾔った。

今⽇は結婚式が予定されていたので間違いではないのだが、まだ終わっていなかったので、そのように呼ぶのは時期尚早だったのかもしれない。

しかし、彼⼥がこれを指摘した場合、アースは様々な理由でアリアを王⼥と呼ぶための⾔い訳をするでしょう。

「アースさん・・・」

顔を⾚らめたアリアは、アースの名前を呼ぶ。

「⼿を握ってください」

アースの勧めで、彼女はゆっくりと⼿を取る。

さりげない態度や話し⽅とは異なり、彼は⼿に強い力を持っていた。

それにもかかわらず、彼は外に何も⾒せず、アリアと⼀緒に邸宅を出て⾺⾞に乗り込む。

王⼥が乗るのと同じように、外側だけでなく内側も精巧に装飾されていた。

居⼼地の良い椅⼦に座ると、⾺⾞はまるで待っているかのように出発し始める。

非常にゆっくりな速度で。

それはアリアに窓の外の景⾊を⾒せるためではなく、帝国の⼈々に新しい王⼥が⽣まれたことを知らせるため。

邸宅の使⽤⼈が⼀⻫に頭を下げて敬意を表するのを⾒ていたアリアは、その光景が消えるとすぐにアースの⽅を向く。

「アースさん、どうして来られたのですか?帝国の城で待つべきではなかったのですか?」

「・・・できるだけ早くお姫様に会いたかったからです。先⽇、私を冷たく蹴り出しませんでしたか?」

不平を⾔いたかったのに、彼の⾔葉でアリアの⼼は溶けてしまう。

それは、今だけでなく将来も、彼⼥に⾃分のことを考えてもらいたいだけのように⾒たり話したりしたから。

 



 

旅立ちの時ですね。

期待を裏切らずにアースが訪問しました。

アリアのドレスを見た感想が知りたいです!

悪女は砂時計をひっくり返す【205話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は205話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...