悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【203話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は203をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

203話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【202話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は202話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 親愛なる友人

「本当に?では、なぜ⼀⼈なのですか?アニーはボブーン男爵と⼀緒に城に向かったわ。朝から私が彼⼥に与えたドレスを着て⾒せびらかすつもりだと⾔って・・・。もしかして、ドレスが気に入らなかった?」

「そんなはずがありません!とても気に入っています!それが理由ではありません・・・」

「違うの?じゃあどうして?」

アリアは、メイクで⻑くて濃厚になったまつげを瞬きしながら尋ねた。

しかし、ジェシーは答えない。

そして、理由を知っていたメイドの一人が彼⼥に代わって慎重に口を開く。

「あの・・・、お嬢様。よろしければ私がお答えしてもよろしいですか?」

アリアの全⾯的な⽀援とその優れた能⼒により、ハンスは庶⺠であったにもかかわらず有名⼈になったので、彼女は彼の所在を知っているようだった。

「ハンスを知っているの?」

「はい・・・。本当に申し訳ありませんが、私はあえて許可を求めず、お嬢様を助けるために⼝を開けました」

アリアは、彼女が毎回チャンスを探していたアニーのように⾒えた。

彼女は、この機会にアリアに恩を売っておきたいと考えているようだ。

「そう?ジェシーは答えないので、代わりに教えてくれませんか?」

そして、アリアはそのような⼈々を嫌いではない。

なぜなら、代価を要求しない優しさよりも、いくらかの代価を受け取りたいと考えている方が関係を築くのは簡単だったから。

アリアの許可が下りるとすぐにメイドの⽬が輝いて、素早く不謹慎な表情で答えた。

「はい、彼は帝国の城で働いていると思います。彼は国の結婚に贈られる贈り物を整理していると聞きました」

「・・・ハンスは贈り物を整理しているの?」

「はい、あまりにも多くの贈り物が持ち込まれ、残りのすべての⼈員が動員されたと思います」

「なんて事・・・」

アリアは、ハンスが⾮常に有能で、あちこちで助けを求められたと聞いていたにもかかわらず、彼が今⽇まで働いているとは想像もできなかったかのように驚いた。

「・・・あなたのお名前は?」

「私はセグ・ルビーと申します」

セグ・ルビー。

彼⼥はセグ⼦爵家の貴婦人のようだ。

彼⼥は皇太⼦に仕える⼥中だったので、貴婦⼈がこの役職に就くのも不思議ではないでしょう。

アリアからの注⽬を集めていたルビーは、⽬を輝かせながら次の⾔葉を待っていた。

「分かったわ、ルビー。ハンスに私が彼を探していると伝えてちょうだい」

「かしこまりました、お嬢様」

別の注⽂を受け取り、ルビーは嬉しそうな顔で急いで屋敷を出ていく。

「どうされるのですか、お嬢様?」

ジェシーはアリアに尋ねたが、忙しいハンスを屋敷に呼んだ理由は一つしか残っていないことを彼女は知っていた。

「ジェシー、急いでドレスアップしてメイクをしてください。私に⾔わせないでちょうだい。あなたはメイドの制服を着て私の一生に⼀度の結婚式に出席するつもりなのですか?あなたに代わるメイドはたくさんいます」

「・・・」

「ハンスを⼀⼈で出席させたくない場合は、今すぐ準備してください。それでも制服を着たまま出席したいと言うのであれば、私は止めないわ」

半ば脅迫的だったが、その言葉の意味はとても⽢く、アリアの⾔葉を聞いた⼈は誰も脅迫的だと感じていなかった。

「お嬢様・・・」

「ですが、その制服を着て結婚式に参加すれば、私があなたのために買ったドレスはおそらくあなたのクローゼットの中で泣いていることでしょう。デザイナーはどれほど悲しむでしょうか?」

アリアの励ましで、途⽅に暮れて何をすべきか分からなかったジェシーはゆっくりとうなずく。

「・・・ありがとうございます、お嬢様」

「私に感謝するのをやめて、すぐに準備をしてください」

そして、ジェシーは自分の部屋に向かう。

 



 

ジェシーが姿を消した後、アリアのドレスアップを⼿伝っていたメイドたちは、内心で微笑んで、彼⼥の良⼼を賞賛した。

しばらくして、ハンスはアリアが自分を探していると聞いて屋敷にやって来たが、身に覚えがないので不安な表情を浮かべる。

彼はドアの前に⽴ち、⾮常に緊急の声でアリアに尋ねた。

「お嬢様が私を探しているとお聞きしました!」

「ええ、その通りです。あなたはジェシーを放っておいたのですから」

「・・・え?」

「・・・あなたは贈り物をそんなに早く整理する必要がありますか?彼らはどこにも⾏きません」

「じゃあ、お嬢様が私を呼んだ理由は・・・」

「彼⼥はもう準備ができていると確信しているので、ジェシーを連れて⾏ってください。⾺⾞がない場合は、最も美しい⾺⾞を邸宅から借りることができます」

「・・・!」

「ジェシーは私のお気に⼊りのメイドです。あなたが彼⼥を不⾜することなく扱ってくれることを願っています」

ハンスの能⼒は素晴らしく、彼は過去の知り合いだったので、アリアは多くの⽅法で面倒を見てきたが、より⼤きな理由はハンスがジェシーの恋⼈だったということ。

アリアはハンスが成功し、ジェシーを幸せにすることを望んでいたのだ。

アリアにとって、彼の成功は優先事項ではなく、ジェシーの幸せのみ。

「分かりました!」

ハンスが⽴ち去る音を聞いたとき、アリアは安堵のため息をついて鏡の中の⾃分⾃⾝を⾒つめる。

過去から現在に⾄るまで、数え切れないほどの⼈々を魅了してきた顔は本当に美しいものだった。

誰にも負けないほどの美しさは、式典のために丁寧に装飾されていたので、まるで絵画のよう。

「アースさんが気に⼊ってくれることを願っています」

 



 

「とても綺麗よ、アリア・・・」

「天界から現れた天使のようです。私はあなたを出産しましたが、賞賛の言葉が⾃然に出てくるわ」

カリンとバイオレットは準備を終えた後、アリアの部屋を訪れる。

出発の準備をする時が来た。

皇太⼦妃のティアラは、式典の最中に皇太⼦によって上げられ、アリアの髪を固定する宝⽯のヘアピンだけが彼らの順番を待っている。

これは通常、花嫁の⺟親によって⾏われ、カリンは⾃分がそれに値すると思っているかのようにヘアピンを⼿に⼊れようとしたが・・・。

「ごめんなさい、お⺟様。ヘアピンを⼊れる⼈が他にいます」

「・・・え?」

カリンの⽬はバイオレットに向けられ、バイオレットは信じられないほど⽬を開いたが、どちらもアリアの髪にヘアピンを置くことができなかった。

「じゃあ誰が・・・?」

メイドたちも好奇⼼旺盛であるかのように、みんなが息を⽌めてアリアの返事を待つ。

「私の親愛なる友⼈です」

「そ、それは誰ですか?」

答えと引き換えに、アリアの待望の「親愛なる友⼈」がすぐに邸宅に到着した。

「サラ!」

「アリア!ああ、私の女神よ、どうしてそんなに美しくなることができますか?あなたはとても美しいので、私はあえて嫉妬することさえできません!」

サラは、できればアリアの美しさをどこかに秘密にしておきたかった。

カリンは少し落胆したが、サラがヘアピンを娘につける⼈であるという事実にどうしようもなく微笑む。

「彼⼥は私の祖⺟です。会ったことがないですよね?彼女は私の親友で、ヴィンセント侯爵夫人のサラです」

「そうですか。あなたがアリアの親愛なる友⼈なのですね・・・。初めまして、私はアリアの祖⺟です」

「それは名誉です、奥様」

サラは、敬意を表するジェスチャーでバイオレットに挨拶した。

バイオレットは貴族の間で著名な⼈物。

バイオレットは、⾼貴でエレガントなサラが気に入ったかどうかにかかわらず、アリアを扱っていたときと同じように穏やかに微笑む。

「サラ、私のヘアピンをつけてください」

「・・・それは名誉なことです、アリア」

アリアはサラの結婚式の役割を置き換えていた。

 



 

無事にハンスと結婚式に参加することができたジェシー。

残るはアリアの準備のみですね。

久しぶりのサラの登場ですが、彼女の存在がなければアリアもここまで成長することはできなかったでしょう。

ヘアピンをつけるに相応しい人物ですよね♪

悪女は砂時計をひっくり返す【204話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は204話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...