悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【201話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は201をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

201話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【200話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • おばあさま

会話の後、カリンとアリアはバイオレットを⾒つめる。

家族なのだから名前で呼ぶべき。

しかし、注⽬を集めたバイオレットは、答え⽅が分からず、緊張した状態で凍りついていた。

「・・・本当に私をレディと呼びたいのなら、私はこれ以上何も言えません」

アリアが最後のチャンスであるかのように告げたとき、驚いたバイオレットは最後までどもり、彼⼥の名前を呼んだ。

「ア・・・、アリア!」

「はい・・・、おばあさま」

そして、アリアは、バイオレットを「夫人」ではなく「祖⺟」と呼んだ。

おばあさま。

年齢的には可愛くて若く⾒えたバイオレットにとっては、ふさわしくない呼び方だが、バイオレットはとても気に⼊っているかのように泣き始めた。

このまま放っておくと、彼女はいつまでも泣き続けるので、カリンはできるだけ早く2⼈の間に介入し、話題を変える。

「呼び方も変えたのですから、屋敷を⾒てみませんか?ここは帝国で⽐較されるべきではない、最も美しい家です」

「おばあさま、そうしましょう。⺟が丁寧に飾った屋内庭園も⼀⾒の価値があります」

しかし、話題を変えたにもかかわらず、バイオレットの涙は止まらない。

それでも、彼女はとても明るく⽢い笑顔で答えたので、カリンとアリアは優しい笑顔で応えた。

 



 

国⺠結婚まであと数⽇だが、ドレスに合わせた装飾品は届いていない。

それは、アースの過度の要求のためにドレスの完成が遅れたため。

その間、アリアはすべてのスケジュールを延期し、帝国を訪れていた彼⼥の家族と楽しい時間を過ごした。

特別なことは何もしていない。

ピアスト侯爵の邸宅にいた時と同じように、散歩をしたり、お茶を飲んだり、⼀緒に⼣⾷を⾷べたりしていた。

それにもかかわらず、この単純な喜びがすぐに終わることを彼⼥が気の毒に思う時が訪れる。

「お嬢様!お客さまです!彼らは宝石店の方々です!」

アニーが駆け寄り、彼女は爽快な声で訪問者を発表する。

「宝石店?」

「はい!彼らはいくつかの⼤きな箱を持ってきました!」

「本当に?」

(宝石が完成したの?)

スケジュールが短かったので宝石なしでセレモニーを⾏うのではないかと⼼配していたアリアは、幸運を感じて少し急慌てていた。

「時間が⼼配でしたが、到着して良かった。私は彼らをロビーに案内したわ」

そう告げるカリンに続いてバイオレットも登場する。

春の真っ只中、庭で花を楽しみながらお茶を飲むと約束したからだ。

バイオレットは目を輝かせながら、宝石をチェックするために向かうように促す。

「ドレスを着て、装飾品を選ぶべきですか?」

「私はあなたがそうすることを願っています。ですが、それが壊れることになるのではないかと⼼配しています。とても繊細なドレスでしたから」

アリアがドレスを着て装飾品を選ぶかどうか尋ねると、バイオレットは⾮常に⼼配そうな⼝調で答える。

それにもかかわらず、彼⼥の表情はとても明るく、彼⼥は本当に奇妙に⾒えた。

そして、カリンも口を開く。

「真っ⽩なドレスなので、着る必要はありません。⽩はどんな⾊にも合うのだから」

「確かに」

短い距離だが、ロビーに移動する間、アリア、バイオレット、カリンは彼⼥に最も合う装飾品について話し合う。

それから彼らはすぐに、アリアは何でもエレガントに美しく着こなすことができるだろうという結論に達した。

それは⾮常に速い結論。

彼らがロビーに着くと、宝⽯店の召使いのように⾒える男が深くお辞儀をし、3⼈に挨拶した。

三⼈は間もなく出会う装飾品に気を取られ、違和感なく⼤興奮でロビーに入る。

 



 

「レディ・アリア」

「・・・!」

そしてロビーの意外な姿がアリアを⽯のように固くした。

「な、なぜ殿下がここにいるのですか・・・?」

3人を代表して、カリンはアースが邸宅を訪れた理由を尋ねる。

「私はアリアお嬢様に会いに来ました」

「・・・何てことでしょう。殿方は、当⽇に花嫁がドレスアップする姿を見るはずです」

バイオレットが優しく微笑んで不満を⾔ったとき、アースは⾔い訳をした。

「装飾品の中には、私の指⽰で作られたものがあります。私はそれらをチェックするために来ました。そんなに怒らないでください。時間が緊急で、仕⽅がありませんでした」

彼の答えに、バイオレットは笑う。

その笑顔には、アースが本当にアリアの相手に相応しい人であったことを確認するための安堵が含まれていた。

カリンも同じで、そっと微笑んで飾りをチェックするように促す。

「これらすべての装飾品をチェックするのにはしばらく時間がかかります」

「その通りね。どれもアリアに似合うから、時間がかかるでしょう」

カリンとバイオレットが装飾品をチェックするために急いでいる間、それまで静かに⾒守っていたアリアはアースに近づく。

「忙しかったですよね?」

「私はすべての緊急の仕事を終わらせて、ここに来ました」

(それは、他の⼈々が緊急ではない残りの仕事を扱っていることを意味しましたか?)

アースの⾔葉の隠された意味を解釈したアリアは、自分のせいで多くの⼈が苦しんでいると知って、内心ため息をつく。

「ああ、これを⾒て、侯爵夫⼈。このエメラルドはアリアに似合うと思いますか?」

「ええ。リングに合わせたサファイアのイヤリングは⾒栄えがします」

「⼈々の⽬を引き付けるために⾚いダイヤモンドを⾝につけることはそれほど悪くないでしょう?」

「アクセントになりますね!」

「すべてを真っ⽩にドレスアップするのは悪くありません。どれも彼⼥に似合うので、何が⼀番いいのかは⾔えません」

「同意します」

カリンとバイオレットはそれぞれの装飾品を注意深くチェックしていたが、その光景をしばらく⾒ていたアリアはその必要はないと話す。

「どうして?」

「私はすでに決めていますから」

「見ていないのに?」

アリアは⼀度アースをちらっと⾒て答えた。

「アースさんが指⽰した飾りに決めるつもりです」

「・・・事前に⾒たのですか?」

「いいえ、そうではありませんが、宝石は彼が⾃分で注⽂したドレスにぴったりのデザインだと思いますから」

ドレスに合わないデザインでも構わないが、忙しくてもアースが⾃分で⽤意してくれたという意味もある。

それに、⼀⽣に⼀度の結婚式だったので、恋⼈が飾ったドレスや装飾品を着ても悪くないでしょう。

もちろん、彼⼥は何でも美しくエレガントに着こなせると確信していた。

「・・・殿下だけだと思いましたが、アリア、あなたも・・・」

カリンはそれについて⾔及しなかったが、ロビーの誰もが省略された⾔葉を期待する。

彼らはお互いに狂ったように恋をしているのですか?

 



 

バイオレットの呼び方が変わって良かったですね。

これで本当の家族になったような気がします♪

アリアとアースの仲は、第3者から見ても甘い関係のようです(笑)

悪女は砂時計をひっくり返す【202話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は202話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...