悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【200話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は200をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

200話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【199話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は199話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 家族の到着

「誰が今誰を⼼配しているのですか?ジェシー、あなたが⼼配していることが起こっていても、お嬢様がそれを放置すると思いますか?・・・まあ、いいわ。あなたの好きなようにしてください。私は聖⺟から多くの恩恵を受けているので、私は⾃分の分け前を得るつもりです」

「アニー・・・」

⾔葉を残したアニーは、ジェシーと⾔葉を混ぜたくないかのように部屋を出る。

ロビーに残されたジェシーは、ため息をつき、彼⼥の複雑な感情を⼀⼈でコントロールすることに。

 



 

その後間もなく、ピアスト侯爵家の⼈々が結婚式に出席するためにクロアから到着した。

式典まであと数⽇で、緊急の訪問だ。

涙を流してアリアの⼿を握ったバイオレットは、遅れて来てごめんなさいと謝り始める。

「遅れてごめんなさい。急いで来たのですが・・・」

「いいえ、来てくれてありがとうございます」

アリアの答えは誠実だった。

「早く来るつもりだったけど、爵位を獲得するのに思ったよりも時間がかかったのよ」

カリンはクロエを指差しながら話す。

アリアは、クロエが侯爵の称号を受け継いだということを、事前に手紙で聞いていた。

母親は完全に侯爵夫人になり、彼女は本当にエレガントで美しく、そして彼⼥の地位に相応しい雰囲氣を醸している。

彼⼥の過去の視⼒を⾒る場所はどこにも見られない。

アリアは⺟親のことを⼼配していなかったが、カリンは思ったよりも上手くやっているようで、安⼼したアリアはバイオレットとカリンを部屋に連れて⾏き、二人に見せたいものがあると話す。

「何でしょうか?」

「見たら驚くと思います」

アリアがこのように振る舞うことは⾮常に珍しいので、バイオレットは⾔うまでもなく、カリンも興味深そうな表情を浮かべる。

そしてしばらくして、アリアが持ってきた⼤きな箱に、カリンとバイオレットは⽬を⼤きく開いて、アリアにこれが何であるかのように答えを求めた。

「これは私が結婚式のために着るドレスです」

「何てことでしょう!」

「ああ、私の神よ・・・」

バイオレットは、結婚式の⽇までそれを⾒るとは思っていなかったかのように、⾮常に感情的な表情で話すことができない。

「アリア、箱を開けてもいいかしら?」

「もちろんです、お母様。開けてください」

アリアの許可が与えられるとすぐに、カリンは箱の蓋を開けた。

箱の中にきちんと折りたたまれたドレスは、芸術作品に近い美しいドレス。

「何て綺麗なドレスなの・・・」

「着てみましょうか?」

アリアがそう尋ねたとき、バイオレットとカリンは答えることができなかった。

それは、アリアが結婚式で着るのにとても貴重なドレスだったから。

もしも汚れてしまったら?

心配するのは当然のことでしょう。

⼆⼈がすぐに答えられなかったとき、アリアは彼女がドレスを着るのを⼿伝うように彼らに頼んだ。

「なぜ答えないのですか?⾒たくないのですか?二人には誰よりも早く見てほしいのです」

もともと、ドレスを選ぶときは、⼥性の親戚が⽴ち会うことが不可⽋。

しかし、アリアは帝国に⼀⼈でいたので、彼⼥は⾃分で全てを選ばなければならなかった。

当時は⼤したことではないと思っていたが、バイオレットとカリンと対峙したとき、どういうわけか、他の⼈に⾒せるためにドレスを⾒せなければならないと思ったのだ。

「見てくれないのですか?」

それで、アリアが再び尋ねたとき、バイオレットはすぐに彼⼥に近づき、彼⼥がドレスを着るのを⼿伝い始めた。

「どうすれば私の素敵な孫娘が他の⼈の前にそれを⾒たいという要求を拒否できますか?」

それはカリンも同じ考え。

やがて、アリアは美しくカラフルなドレスに着替える。

「・・・あなたは私が今まで⾒た中で最も美しい花嫁です。このようなデザインの凝った服と調和するなんて!この美しい⼥の⼦は私の孫です!」

涙ぐんだバイオレットは、ハンカチで⽬の隅を拭きながら言った。

そしてカリンも同意したかのようにうなずく。

「誰が作ったのかは分かりませんが、賞品を贈る言葉が見つからないわ」

カリンの⾔葉で、アリアはドレスを作った⼈について⾔及する。

「じゃあ、結婚式で彼に会ったら、⼀⾔⾔ってみませんか?このドレスは、アースさんが⼀⼈で指⽰したドレスだそうです」

「・・・誰って?」

「アースさんです。彼はカラフルなものが⼤好きだと思います。以前にもカラフルなドレスを送ってくれました」

「・・・!」

「これは皇太⼦⾃⾝が注⽂したドレスですか?」

彼らの表情は、それを信じることができなかったようだった。

皇太子自身がドレスを注文・・・!?

彼⼥が愛する誰かが彼⼥にこれほど多くの世話をするならば、⼥性は誇りに思うことでしょう。

 



 

鏡越しに自分の美しい姿をもう⼀度⾒たアリアは微笑んでバイオレットとカリンに⾔った。

「ここに着くのはドレスだけなので、これしか⾒せられません。彼らは私のドレスに合うジュエリーを作っています。数⽇でここに来ると⾔われたので、⼀緒に⾒ていただければ幸いです」

「ええ、もちろん。アリア夫人と⼀緒にジュエリーを選ぶことができて光栄です」

⾮常に当然のことながら、バイオレットは「はい」と答え、カリンも肯定の表情を⾒せる。

まるで温かく会話が終わったようだったが、バイオレットの答えに不満を持っていたアリアは、すぐに理由に気づいたかのようにバイオレットを⾒つめながら⾔った。

「バイオレット夫人。私を夫人と呼ぶのをやめませんか?」

「・・・え?」

バイオレットは突然の質問にかなり困惑し、アリアは⾃分の質問を理解していないことに気づき、再び⼝を開く。

「誰かが私を呼ぶとき、私を夫人と呼ぶのは正しいです。ですが・・・、バイオレット夫⼈は私の祖⺟ですよね?何度も考えても変です」

その時、アリアの意図を理解したバイオレットは何度も瞬きをする。

すぐに割れそうなガラスの上を歩いているかのように緊張していた昔とは異なり、アリアは些細なことでも気にかけて質問し、カリンは遠くから笑顔でアリアを⾒ていた。

「私を夫人と呼んでいない⺟のように、祖⺟が私を夫人と呼んでいるのは不思議だと思います。もちろん、祖母がいるのは初めてなので、正確には分かりません。⺟や⽗と同じようにアリアと呼ぶのは当たり前のことかもしれませんが・・・。間違っていたらごめんなさい」

「・・・!」

⾔い換えれば、アリアはバイオレットが自分をそう呼ぶべきであることを意味していた。

しかし、バイオレットには思いがけない要求だったので、圧倒されてしまう。

そして、まだ二人を⾒ているカリンは、バイオレットと彼⼥の娘のために⼀⾔を加える。

「ええ、アリア、その通りです。通常、家族は特別なことをしない限り、お互いに名前を呼びます。悪い関係にあり、彼らの間に壁があることを⽰したいのでなければ」

「まあ、私たちは悪い関係にないので、私たちの爵位を使ってお互いに連絡する必要はありません」

 



 

ジェシーの意識は変化するのでしょうか?

彼女もアリアの専属メイドという自信を持ってほしいですね♪

そして、無事に帝国を訪れたバイオレットたち。

お互いに名前呼びをするのは、バイオレットも望んでいたことでしょう。

悪女は砂時計をひっくり返す【201話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は201話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...