悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【199話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は199をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

199話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【198話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は198話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • メイドへのプレゼント

アリアの答えが終わるとすぐに、待機していた使⽤⼈は巧みなタッチで彼⼥が着替えるのを手伝った。

エレガントでありながらシンプルな服は、アースの考案した真摯な⾊彩のドレスに変⾝し、誰もが負けてしまうであろうドレスはアリアの⼀部となり、彼⼥を際⽴たせる。

「ああ、神様・・・!あなたはとても美しいです・・・!」

そう感じたのはアニーだけではない。

誰もが感⼼して話すことができず、アリアの姿が埋もれてしまうのではないかと⼼配していたデザイナーも同様だった。

「別のドレスを試着する必要はありません。修正する必要もありません。私はこのドレスが気に入りました」

それは本心だったので、アリアは⼝⾓を最⼤限に持ち上げる。

昼夜を問わず作ったドレスはまだ100枚残っているが、それらをチェックしないというアリアの声明に失望した⼈は誰もいなかった。

その判断は⾮常に⾃然な結果であると誰もが認めたから。

 



 

「ですが少し待ってください。ドレスを選ぶ⼈がまだ残っていますので」

「・・・はい?」

思いがけない⾔葉を発したアリアは、ジェシーとアニーを笑顔で⾒つめた。

「二人は私のために最善を尽くしてくれた大切なメイドですので」

「お嬢様・・・」

「・・・!」

アリアが彼らにプレゼントを与えると⾔ったとき、デザイナーは⾮常に焦り、どもり、そしてあえて反論する。

「ですが、ピアスト夫⼈・・・!このドレスは王室や王室に加わる⼈のために特別に作られたドレスですので、庶⺠には少し過分すぎま___!」

しかし、すぐに戻ってきたアリアの肌寒い視線で、デザイナーは⼝を閉じたままにしなければならず、最後まで言い終えることができなかった。

「あまり⼼配しないでください。私は彼らにこの美しいドレスに合う⼤きな結婚式を行いますので、不必要なことは何も⾔わないでください」

アリアも庶⺠の半分の⾎を持っていることに思い出し、デザイナーはその考えに異議を唱えなくなる。

それでも、彼女は不満を抱いた表情を完全に隠すことはできなかった。

これを感知して、ジェシーは不安を感じ、慌てて断ろうとしたが、恍惚状態だったアニーはそれよりも早く⼩さな叫び声で注⽬を集める。

「お嬢様、本当にいいのですか?本当に好きなドレスを選んでもいいのでしょうか?」

「ドレスは誰かが着るために作られたドレスでしょ?」

「ああ、神様・・・。こんなに上品で綺麗なドレスが着れるなんて信じられません!」

アリアの許可が与えられるとすぐに、興奮したアニーはドレスの間をさまよい始め、彼⼥に合う最も美しいドレスを探し始める。

「ジェシー、なぜドレスを選ばないのですか?」

「お嬢様・・・」

アリアは躊躇して他⼈を警戒していたジェシーに近づく。

彼⼥はジェシーの背中を押して、ドレスを選ぶように促した。

「で、ですが・・・、私には過分です。・・・それに、お嬢様にとって⾯倒なことになると思います・・・」

アリアは、ジェシーの愚かさを⾮常に⼤きな笑顔で指摘した。

「ジェシー、あなたが⼼配していることは知っていますが・・・。私はとても弱く見えるのですか?」

「・・・え?」

「⼼配することは何もありません。いいえ、気にしていることは起こりません。そもそも私はあまり善人ではないですよね?」

「お嬢様・・・」

「ここで私に⽿を貸さず、彼らに⽤⼼することは、私にとってより屈辱的で侮辱的であることをあなたが理解してくれることを願っています」

アリアは再びジェシーに促した。

上品で優しい表情だったが、その意味はとても重要でしょう。

デザイナーが帝国でどれほど有名だったとしても、間もなく皇太⼦妃になるアリアの指⽰に逆らった場合、それ以上に恥ずべきことはないのだから。

ジェシーがそれに気づいたとき、唇を噛み、選択の余地がないかのようにゆっくりとドレスに向かって動きだす。

最終的に、アリアはジェシーとアニーにそれぞれ2枚のドレスをプレゼントし、彼⼥は⾃分のためにさらにいくつかの追加のドレスを選んだ。

「ピアスと夫人、私はドレスの金額は帝国に請求します」

デザイナーがそう⾔ったとき、アリアは⾸を横に振った。

「いいえ、私が⽀払います。ジェシーとアニーの分もありますので、帝国に請求することはできません」

⼿招きをすると、近くで待機していたメイドが、⾦貨を取り出して⽀払う。

⼩切⼿ではなく現⾦の⽀払いを⾒たデザイナーは、目の前の人物が誰であるかを再認識し、表情を変える。

彼⼥は礼儀を⽰し、邸宅を去った。

 



 

全員が去った後、思いがけない贈り物を貰ったアニーは、夢を⾒ているのだろうかと思いながらロビーを⼀周する。

「このデザインの凝った服を⼿に⼊れたなんて信じられないわ・・・!どれだけボブーン男爵がビジネスに成功したとしても、彼は私にそのような素晴らしいドレスを与えることができないでしょう!」

「・・・そうですね。どこで着ればいいのか分かりません」

興奮するアニーとは異なり、ジェシーはやや不安で落ち着きがなかった。

アニーは、その反応で興奮を失ったかのように批判をする。

「久しぶりのプレゼントなのに、どうしてそんな表情を浮かべるのですか?結婚式にも着れるのに、何が気になるの?ジェシー、あなたの結婚式もありますよ」

「けれど、私はただのメイドです・・・。これらのドレスは少数の貴族だけが着ることができます。きっと誰かに笑われるでしょう」

「・・・は?そんなことを心配していたのですか?」

アニーはジェシーの不安を笑う。

「ジェシー、あなたはただのメイドだと⾔いましたか?私たちが誰のメイドか理解していないのですか?私たちは帝国の星であり、皇太⼦妃になるアリア夫⼈のメイドです。私たちは王⼥のメイドでもあります!」

「そ・・・、その通りですが・・・。でも・・・」

彼⼥は王⼥のメイドでさえあった。

ジェシーは、⼀般市⺠が夢⾒ることのできない⽴場をとっていたにもかかわらず、⾃分自身を卑下し、不安な態度を⽰す。

 



 

自分のデザインしたドレスをすぐに選んでくれたアリアの反応を、アースはどう感じるのか楽しみですね♪

ドレスのプレゼントですが、二人の反応は正反対でしたね(笑)

それよりも、ジェシーの結婚が決まった?

相手はおそらく・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【200話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は200話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...