悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【197話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は197をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

197話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【196話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は196話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 花の咲く道

「お帰りなさいませ。ピアスト夫人」

アリアが⾸都に⼊ると、何⼗⼈もの騎⼠が彼女に丁寧に挨拶する。

彼らは王室の騎⼠であったにもかかわらず、公式の儀式の間だけ着ていた⽩い制服を着ていた。

壁を取り巻くチューリップはほんの始まりに過ぎないかのように、⾺⾞の通路や道路を除いて、どこを見てもチューリップが⽬に触れる。

騎⼠たちはアリアを護衛しているかのように⾺⾞を囲む。

「殿下がお待ちになっております」

開いた窓から騎⼠の声が聞こえた後、アリアは気づき、うなずいた。

その後、騎⼠と⾺⾞はゆっくりと⽬的地に移動し始める。

「⼀体どうやって、彼は⼀晩でこれらすべてを準備したのかしら・・・?」

⾸都全体と壁は素晴らしく、⼀晩で飾ることはほとんど不可能でしょう。

たくさんの⼈の助けを集めるのに少なくとも⼀週間はかかるはずだ。

「殿下はずっと前から準備していたはずです!お嬢様の帰りに間に合うように!」

アニーはそれが当然であるかのように答えた。

それは⾃然で正しい推測でしょう。

アースは⾸都全体を使ってアリアにプロポーズすることを守ったのだ。

「・・・もしかしてこの花は。お嬢様が以前に受け取った花ではないでしょうか?」

「あっ!枯れない花!」

「殿下はどれほどロマンチックなのでしょう・・・」

「そのとおりです。ボブーン男爵がこれを⾒て、学ぶことを願っています」

ジェシーとアニーが賞賛している間、アリアはアースが作った花の咲く道に感動し、何も⾔えなかった。

彼⼥が昨夜彼を批判した表情はどこにも⾒当たらない。

アリアは彼がこれをチェックして準備するために戻ったことに気づいたから。

 



 

⾺⾞は⾸都への⼊り⼝を通過し、広場を越えて帝国の城へと向かう。

⽬の隅々に美しい場所があったので、彼⼥は⽬を離すことができなかった。

けれど、人々は誰も花を気にしていない。

代わりに、ロイヤルナイツに護衛されたアリアの⾺⾞がより多くの注⽬を集めた。

人々は皆、喜びに満ちた顔でアリアの⾺⾞を⾒つめている。

「ああ神よ、彼⼥はなんて美しいのでしょう・・・!」

「彼⼥はとても美しくて賢い⼥性です。だからこそ、皇太子殿下はこのような素晴らしいものを提案したのですよね?」

「はい。彼⼥は帝国の⼒と呼べる⼥性ですから!」

「殿下は根深い邪悪な⼒を⼀掃しました。そして、彼は賢くて美しい王⼥さえも⼿に⼊れました。帝国は繁栄を迎えることでしょう」

彼らはアリアを賞賛し、⼼から喜んでいた。

帝国が素晴らしくなるという希望を抱いて。

彼らはまた、謙虚な起源から⽣まれ、キャリアのトップに達したアリアが彼らのために何かをするだろうと期待していたのだ。

騎⼠と⾺⾞は、アリアにアースの誠実さを⽰すかのように、ゆっくりと⾸都を⾏進する。

帝国のすべての⼈々は手を止めて、馬車の後ろを追った。

アリアを待っていた皇太⼦が、このような壮⼤で壮観なイベントを最後まで目撃したくて。

帝国の城に到着したとき、アリアが連れてきた観客よりも多くの⼈々が。

そして、いつも閉まっていた扉が⼤きく開き、厳しい顔で来場者をコントロールして確認した騎⼠たちは、何も⾔わずに深くお辞儀をし、アリアの到着を歓迎した。

「お帰りなさいませ、ピアスト夫人」

「どうぞお入りください」

その許可を得て、⾺⾞は遅滞なく城に⼊る。

 



 

今⽇のために城の広⼤な庭園をすべて空にするかのように、⾺⾞の途中で誰かの邪魔や痕跡は見当たらなかった。

いつも声を出して歌っていた小鳥たちでさえ、静かにこの光景を眺めていた。

⻑い旅の末に⾺⾞が⽌まった場所は、庭の真ん中にある巨⼤な噴⽔の前。

まるで今⽇仕⽴てたかのように、今までに⾒たことのない⾊とりどりの服を着たアースが彼⼥を待っていた。

「到着しました」

⾺⾞を護衛していた騎⼠がドアを開けると、アリアは頬を⾚らめながら慎重に⾺⾞から降りる。

前に出たとき、彼⼥の⼼はドキドキしていた。

その間に、⾺⾞を守っている何⼗⼈もの騎⼠が道路の両側に並び、⾒事な技量でマークされた剣を掲げた。

それは王室の式典でしか⾒られない美しい光景。

もちろん、それだけではありません。

アリアが反対側のアースに向かって歩む直前に、彼は突然⾃分の位置を下げ、⽚⽅の膝を地面につけた。

ジェシーとアニーは⾺⾞から出る。

彼らは⼝を覆い、悲鳴を上げたいかのように全⾝を捻っていた。

同じことが⾒物⼈にも当てはまる。

彼らはすぐに皇太⼦のロマンチックな姿に悲鳴を上げて反応したかったが、気分を壊さないように⼀⽣懸命努⼒し、拳を握りしめていたのだ。

「この道を渡ると、⼆度と戻ってこられないでしょう」

驚いて⼀瞬⽴ち⽌まったアリアがまた歩こうとすると、アースが静かにゆっくりと⼝を開いた。

警告とアドバイス。

それはまた、彼が彼⼥に最後のチャンスを与えていたので、彼⼥は慎重に考える必要があることを意味した。

それにもかかわらず、彼はアリアが遅滞なく自分のところに来ると確信している。

もしも気が変わって離れようとした場合、彼⼥を抱きしめるつもりだった。

アリアがこれに気づいたとき、深い笑顔が彼⼥の顔に浮かぶ。

「戻ることはできません」と⾔いたかった。

彼⼥の歩みには後悔も躊躇もない。

馬車を降りたときの姿とは全然違う。

「後悔しませんか?」

アースの前に到着したアリアは⼿を差し伸べて彼に尋ねた。

アースに最後のチャンスを与えるかのように。

そしてアースはアリアの⼿を取り、彼⼥の⼿の甲にキスをした。

彼は躊躇うことなく「それは私が考える必要さえない質問です」と答える。

「忘れないでくださいね。アースさんが私を裏切るなら、私は砂時計を引き返すつもりですから」

それが可能かどうか分からないけれど、砂時計を壊して遠い過去に戻さなければならなかったとしても、そうすることを厭わなかった。

アリアの恐ろしい脅迫に、アースはまた敗北することができないかのように答える。

「あなたが砂時計でいくら逃げようとしても、私はあなたについていきます。アリア夫人とは異なり、私は⾃分の⼒を何度も使うことができます。どれだけ引き返しても、あなたが逃げることはできません」

アリアはそのひどい執着が点在した返事に満⾜そうに笑った。

これ以上⾔葉が必要ないように⾒えたとき、アースは準備していた指輪を取り出し、アリアに「よろしければ、私と結婚してくれませんか?」とプロポーズする。

今までに⾒たことのない神秘的で美しいジュエリーのリングが⻘く輝いていた。

それはアースの瞳の色。

アリアが望んでいたように、アースは本当に彼の⽬に似た指輪を⽤意したのだ。

⼆⼈を遠くから⾒ている⼈たちは唾液を飲み込む。

アリアは⼀瞬⽬を閉じて息を呑み、帝城に隠れて⾒守っていた⼈々の視線を浴びる。

プロポーズされればすぐに指輪を⼿にすると思っていたけれど、彼女は今まで味わったことのない⼤きな喜びで、すぐに指輪を受け取ることができなかった。

何もなかった昔とは異なり、考えるだけで⼼が温まる貴重なものがたくさんある。

⽬を閉じても感動的で美しい光景が鮮やかに広がり、涙を流しそうだった。

醜い気持ちも無くなった今、夢の中でも描いたことのない未来に向き合い、ゆっくりと⽬を開け、アースを両腕で抱きしめる。

「・・・もちろんで___」

アリアが答え終える前に、アースは彼⼥を抱きしめた。

そのせいで、彼が持っていた指輪が地⾯に転がるが、誰も気にしない。

 

<完>

 



 

最高のプロポーズでしたね!

二人が無事に結ばれてハッピーエンドを迎えました。

これからの二人が楽しみです♪

悪女は砂時計をひっくり返す【198話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は198話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...