悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【195話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は195をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

195話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 最後の別れ

「・・・私はアースさんの膝の上に座るつもりはありませんでしたが?あなたはとても不謹慎です」

「私を誘惑したのは誰で、私に不謹慎なことをさせたのは誰ですか?」

楽しそうに笑うアリアとは異なり、アースはまったく笑っていなかった。

「アリアお嬢様、あなたは不謹慎であることを嫌いますか?」

アースは、少し乱れたアリアの髪を撫でながら尋ねる。

そのタッチはいつもとは異なり、⾃⼰利益を含んでいた。

それでアリアの笑顔も意味が変わり、遊び⼼のある笑い声が消えて久しぶりに、⼤⼈の⼥性にふさわしい表情に変わる。

「・・・あなたがどれほど不謹慎なのかはまだ分かりませんので、判断できません」

彼⼥の話し⽅もそう。

アリアの⼝調は彼⼥の恋⼈の不謹慎な振る舞いを正当化するのに⼗分だった。

そして、アリアの答えが終わるとすぐに、彼⼥の髪を磨いていた彼の⼿は彼⼥の頬に向きを変える。

柔らかい頬は冬の⾵で冷たくなかったかのように顔を紅潮させ始めた。

「あなたの頬は熱いですね」

「・・・酔っていますから」

誰かが⾒ても酔った顔ではなかったが、アリアはそう答える。

アースにとって、彼女が酔っていたかどうかは重要ではなかったので、それを疑わなかった。

「私たちが痛みを分かち合ったら、それは半分になると聞きました・・・。それは私が酔っている時も同じですか?」

アリアは、アースの⼿を握って尋ねる。

それは愚かな質問だが、彼にとっては何よりも重要で魅惑的だ。

「・・・試してみますか?」

頬を撫でるアースの指が彼⼥の唇にそっと触れたので、アリアはどのようにと尋ねる必要はなかった。

アリアは答えることなく、ゆっくりと⽬を閉じる。

そんな恋人の姿にアースはもはや耐えられず、頭を下げた。

テラスの下の庭でこんな秘密の⾏為が⾒られるとは誰も思っていないでしょう。

彼が⻑い間彼⼥に会っていなかったというわけではない。

重なり合った唇の動きは、遠く離れていた懐かしさに溢れていた。

⼆度とどこにも⾏かないようにという願望も込めて。

そして、アースがアリアをしっかりと抱きしめ、彼が彼⼥を⼿放さないかのように深くキスをする。

彼らのキスは、テラスの向こうの⼈々が彼らの好奇⼼を克服できず、庭に⾶び出すまで続いた。

 



 

アースは帝国からクロア国にすぐに移動したので、アリアが砂時計を使⽤したときのように、彼は⼀⽇中起きなかった。

「・・・⼆度とそんなに無謀にならないでください」

アリアは、⼀⽇中ベッドで過ごしたアースに冷たい⽔を与えて⾔った。

彼⼥は、それが⾃分の誕⽣⽇のせいであり、他の重要な事柄のせいではないと考えることに不快感を覚えたのだ。

「私はあなたが⼼配することは何もしません」

その答えは、彼が再びそれをするかもしれないという曖昧な返事。

アリアは額に皺を寄せる。

「あなたはあまりにも無謀です!代わりのいない皇太⼦がそんな無謀なことをしたらどうなるか分かっているのですか!?」

突然の脅迫に脅かされたなら、彼は命を落としたかもしれない。

彼女が腹を⽴てていると、アースはアリアの⼿を握った。

「それについて⼼配しないでください。あなたと関係がない限り、私はそのような無謀なことはしません」

「今、どうしてそれを⾔うことができますか・・・?」

自分以外の場合に無謀なことをしないと言われたとき、アリアはそれ以上怒ることが出来なかった。

「・・・分かりました。アースさんがそう思うなら、私はそれを助けることができません。代わりに、このようなことが起こったときはいつでも、私は自分の部屋に閉じこもってあなたに会わないので、あなたが自分で面倒を見てください。⼆度と昨⽇ほど満⾜することはないでしょうし、私もあなたに⽔を提供しません」

「・・・」

結局、負けたのはアースだった。

彼女に会うために能⼒を使ったとしても、アリアは彼に会わないと宣⾔したから。

さらに、これ以上主張した場合、それは彼⼥の怒りを引き起こすでしょう。

「答えないのですね。それを「はい」のジェスチャーと⾒なすことができますか?」

そして、アースはため息をついて⾸を横に振った。

「本当にそれを維持できるかどうかは分かりませんが、今はアリアを元気づけることが重要ですので」

 



 

「ああ、神様。あなたは⼀⽇に何をして、それ程やせ衰えたのですか?」

アースが朝⾷のために⾷堂に現れたとき、バイオレットが驚いた表情で尋ねる。

彼⼥が⾔ったように、アースはとても疲れていたように⾒えた。

アリアはそっと微笑んで、彼の代わりにこう答える。

「詳細は分かりませんが、彼は⾃分の地位に合った素晴らしい仕事をしてくれるでしょう」

「・・・」

彼⼥の怒りがすべて収まらなかったかのように、それは彼に何も⾔わせなかった反応。

そしてアースは静かにうなずく。

不必要なことを⾔うのは控えたほうがいいと考えたから。

「今⽇帰るのですか?」

「はい、⾷事の直後に出発します」

「そうですか・・・。あなたは⻑い間私たちを訪ねてくれたのに、私たちの貧しいおもてなしのために私は不快に感じています」

「いいえ、あなたのおもてなしは素晴らしく、私は楽しい時間を過ごしました」

「それを聞いて少し安⼼しました」

バイオレットの表情は、まるで本当に気にかけているかのように少し和らぐ。

「アリア、いつ戻る予定ですか?明日の朝に出発するつもりではなかったのですか?」

アリアはカリンの質問に答えた。

「はい、そう思っていましたが、思いがけない訪問者がいました。ですので別々に⾏く必要はありませんが、朝⾷後に彼と⼀緒に出発します」

その答えは、再びバイオレットの表情を暗くする。

まるで⼆度と会うことがないかのように。

「準備は出来ているの?⾺⾞が待っているようですから」

「はい、荷物が少ないので、準備するものがありません」

「気をつけて帰ってください。時間をかけてすぐに⽴ち寄るから」

「はい、お母様」

カリン、クロエ、ピアスト侯爵はアリアに手短に別れを告げた。

まだ暗く⾒えたバイオレットを除いて、本当に出発する時間がほとんどなかったから。

それは⼗分に予測可能でしたが、⾷事が終わるまでバイオレットは⼀⾔も発しなかった。

彼⼥は悲しみの中でとてもゆっくりと悲しげに食事をとる。

そして、アリアとアースが帝国に向けて出発するために正⾯⽞関に向かうまで、その状態は続いた。

いつもアリアと話していた明るい⼥性はどこにもいない。

バイオレットはまるで⾔葉がなくなったかのように⼝を閉じていた。

「もう行かないといけません。どうぞ健康を維持してください」

アースと⼀緒に⾺⾞の前に⽴ったアリアは、侯爵家に最後の別れを告げる。

バイオレットの沈黙は続いていたので、アリアはイライラして彼女の⼿を握り、彼⼥に別れを告げた。

「⼼配しないでください。私たちは永遠に別れるわけではありません。お母様と⼀緒に帝国を訪ねてください。侯爵家の邸宅ほど美しくはありませんが、私たちの邸宅も美しいですから」

「・・・アリア夫人」

ずっと抑えていたバイオレットの涙腺に触れたかどうかにかかわらず、彼⼥は突然涙を流し、アリアの⼿を取る。

「・・・健康を維持してください。何かあったらお気軽にご連絡ください。私は勇敢になり、すぐに帝国を訪問します」

⽬に涙を浮かべて⾔ったバイオレットは、アリアを⼿放すことを本当に望んでいないように⾒えた。

「私があなたのためにまだしていないことがたくさんあります」

彼⼥の悲しみが⼿を渡り、そのままアリアに届けられる。

それはまた、アリアが直⾯した最初の感情でもあった。

 



 

帝国から一直線にクロア国に来ることは、さすがのアースにも代償があったのですね。

体に負担がかかる能力ですから、今後は使用しないことを願っています。

結局、ローハンは登場しませんでした。

彼の意図が読めません・・・。

もしかして、アースをクロア国に来させるために発破をかけたとか?

悪女は砂時計をひっくり返す【196話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は196話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...