悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【194話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は194をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

194話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【193話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は193話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 家族との顔合わせ

アリアは、アースが来たことが信じられないかのように⼀⾔も⾔わずに瞬きをする。

彼⼥はまるで幻覚を見ているかのように、⻑い間⽬をそらさなかった。

⼿紙が届いてから出発したとしても、昼も夜も⾺に乗って⾛っていても到着できるはずがないのだから。

残った唯⼀の⽅法。

(⼒を使って帝国からクロアへと空間移動した)

アースは⼤きくてシンプルな花束しか持ってこなかったので、それしか考えられない。

気付いたとき、アリアは動揺して、成⻑する⽬を制御できず、彼が⼤丈夫かどうかを確認した。

「ああ、神様。だ、⼤丈夫なのですか?」

(どうしてそんなに無謀なことを?)

アースは、アリアの表現に隠された意味を認識し、そっと微笑んで答えた。

「もちろん、私は元気です。・・・今のところは」

(何てこと・・・!)

「今のところ︖それは後で⼤丈夫ではないということでしょうか?」

どう反応していいか分からず、⼝に⼿をかざして動揺を隠すことが出来なかった。

その間に、アースはアニーに花束を⼿渡した後、彼はアリアに⼿を差し伸べる。

「久しぶりに会えたのに、あなたが私をとてもひどく扱ったら私はとても悲しいです。私は⻑い道のりを歩んできました」

「今はそんな話をする場合じゃ___」

「私はすでにここにいますので、もう何もすることはありません。戻った方がいいのでしょうか?残念ながら、私にはそれを⾏う⼒がありません。どうすればよいですか?」

「あなたは本当に恥知らずです・・・。そして、あなたが笑みを浮かべているとき、私が⼼配することを知っているはずなのに、あなたはそれを元に戻すことはできないと⾔って、どうすれば私が批判し続けることができますか?」

「・・・」

眉をひそめた⽬で⼀瞬⾒つめていたアリアは、視線を向けてしっかりとアースの⼿を握った。

彼⼥の⼿と表情は、この後、アースがしたことの代償を求める決⼼を浮かべていた。

決してそれを忘れないという気持ちを込めて。

「このようにしっかりと⼿を握ってくれるなんて。そんなに私が好きなのですか?」

しかし、それでも彼にとっては楽しそうだったし、笑顔は深まった。

「最近感じていますが、初めて会った時と⽐べて、アースさんは⼤きく変わりました。あなたがこんな⾵になるとは思ってもみませんでした」

「それはあなたに対してだけです。そしてあなたはそれが好きではありませんか?」

「・・・」

彼⼥は⽢くて優しい恋⼈を憎むことはできなかったでしょう。

アリアが答えられずに睨んでいると、アースの笑顔は濃くなった。

憎たらしいけど素敵な笑顔で。

 



 

アースは集まった⼈々のすべての注意を引き、二人はバイオレットに近づく。

「彼⼥を紹介します。私の祖⺟、バイオレットです」

「お会いできて嬉しいです、ピアスト夫人」

アースは遊び⼼のある笑顔を取り除き、とても丁寧に挨拶した。

彼の地位が遥かに⾼かったにもかかわらず、彼⼥がアリアの祖⺟であるという理由で彼は彼の⾔葉を下げなかった。

バイオレットは顔を⾚らめ、⾃分の噂を知っているはずのアースに挨拶したが、それは気にせず、恋⼈の家族としての態度を保った。

「・・・⻑い道のりでここにたどり着くのに苦労したと思います。どうそ我が家で休んでください」

「ありがとうございます、奥様。ですが、こんなに美しい家で休まるかどうかは分かりません。⾒るのに何⽇もかかるでしょうから」

アースの行為はアリアの怒った⼼を溶かすのに⼗分だった。

彼が自分の家族を誠実な⼼で扱ったとき、どうして気分が良くならないでしょうか?

その後、アースはピアスト、カリン、クロエ侯爵に挨拶し、アリアの家族と良好な関係を築く。

彼が築き上げる必要がないにもかかわらず、アリアの親戚とコミュニケーションを取り、彼らとの親交を築くために最善を尽くした。

パーティーに参加した⼈々は、帝国の皇太⼦に会う機会がなかったので、彼の友好的で穏やかな⽅法によってアースの周りに集まり始める。

「あの偉⼤な反乱軍を⼀掃したのは驚くべきことです」

「すべて、アリア夫⼈の助けのおかげです。彼⼥が私を助けてくれなければ、それは私には出来なかったことでした」

「ああ、ピアスト夫人の新興国が帝国の空席を埋めたと聞きました」

「ええ、すべて最初から最後まで彼⼥の⼿にあります」

「予想通り、彼⼥は噂のように素晴らしい⼥性でした。彼⼥は今やクロア国の貴族ですので、どうすればこの喜びを⾔葉で表現できますか?」

クロアの貴族は幸せそうな顔で話し、周りの会話を聞いた貴族たちは喜びを隠すことができなかった。

彼らは、クロアは帝国に続いて繁栄するだろうとも話す。

しかし、周りの反応が不満であるかのように、常に滑らかな表情を保っていたアースは、すぐに表情を固くした。

「申し訳ありませんが、それは起こりません。彼⼥は再び帝国の⼥性になるのですから」

「ええと・・・」

貴族たちはアースの突然の声の調⼦の変化に緊張して汗を流し、周りの幸せそうな顔で会話を聞いた⼈々も同様だった。

そして、⼀瞬で寒い天気のように、雰囲気が冷え始める。

横から⾒ていたアリアは、ため息をついた。

「アースさん、私、今までお酒を飲んだことがないので、顔が熱くなったのでテラスに連れて⾏ってくれませんか?」

彼⼥はアースの腕に寄りかかって静かに囁く。

アリアは、彼に⼆⼈だけのためのスペースに移動するように促した。

これが、主な扇動者を取り除くための最も速く、最も明⽩な⽅法。

「・・・ね?」

「世界のどこにそうすることを拒否できる⼈がいますか?」

アースは急いでホールから出た。

彼の歩みはとても焦っていて、⼈々の⽬が再び彼を追いかけると、アリアは笑いを飲み込むのに苦労したのだった。

 



 

「アリアお嬢様、⼤丈夫ですか?」

テラスへの扉が閉まると、アースは⼼配な表情を浮かべて尋ねた。

彼の表情は、アリアが⼤丈夫かどうかを意味している。

いいえ、もしかすると酔っ払って⾃分に寄りかかって欲しかったのかもしれません。

お酒が弱いわけではなかったが、アリアはアースの顔と彼の陰湿な笑顔が好きだったので、そっと⽬を閉じて自分の頬を彼の胸に寄りかけた。

「分かりません。少し飲み過ぎたのかもしれません」

アースは思いがけない状況に直⾯し、彼に寄りかかっていた彼⼥を、まるで試練を受けているかのように、⻑い間沈黙の中で⾒下ろしていた。

「アースさん?」

「・・・あなたは座る必要があります」

葛藤していたアースは、彼⼥の呼びかけにひどくため息をつき、椅⼦に座るのを⼿伝った。

彼⼥の家族全員がいた邸宅だったので、無茶な⾏動をとることは不可能のようだ。

しかし、アリアは⼿を離さなかった。

アースの驚いた⽬が彼⼥に向けられる。

「酔っ払っている私を⼀⼈にしておくつもりですか?バランスを崩して椅⼦から落ちたら・・・、私はどうすればいいのですか?⾻が薄いので、ちょっとしたショックで簡単に折れてしまいます」

酔った⼥性の⼝調にしてはハッキリしていたが、彼がそれを疑う理由はなかった。

いいえ、理由を知っていたとしても、彼は彼⼥に誘惑されることを厭わなかったのだが。

そして今、アリアは成人を迎えた。

アースが躊躇する必要はない。

「アースさん、答えてくれませんか?・・・私に⾔わせないでください」

答えはすでに設定されていた。

アリアは⼀時停⽌したアースに、自分の⼿を⾮常に弱く引っ張るように促し、彼は⾮常に簡単に彼⼥の⼿に引きずり込まれる。

彼らの姿勢が変わる

まるで魔法のように、彼はアリアが座っていた場所の代わりに、⾮常に⾃然にそして素早く座って、彼⼥を膝の上に乗せた。

それからアリアは低い声で笑う。

 



 

久しぶりにアースとアリアの会話が見れたので満足です♪

アリアの家族との顔合わせは完璧でした!

流石はアースですね。

アースの両親もいずれ登場するのでしょうか?

悪女は砂時計をひっくり返す【195話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は195話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...