悪女は砂時計をひっくり返す

悪女は砂時計をひっくり返す【193話】ネタバレ




 

こんにちは、ツバサです。

【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。

今回は193をまとめました。

ネタバレ満載の紹介となっております。

漫画のネタバレを読みたくない方は、ブラウザバックを推奨しております。

又、登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 



 

売春婦だった母が伯爵と結婚し貴族の一員となり生活が一変した「アリア」。

妹の「ミエール」によって母が殺され…自分も殺されかけたが、死の直前に砂時計のおかげで過去へと戻ることができた・・・!

「アリア」は妹を超える悪女になって「ミエール」に復讐することを決意したがーー!

 

アリア:物語の主人公。前世では悪女として処刑される。

ミエール:アリアの義妹。裏で暗躍し、アリアを処刑に追い込んだ。

ジェシー:アリアの専属メイド。

ロースチェント伯爵:アリアの養父。

ロースチェント伯爵夫人:アリアの実母。

カイン:アリアの義兄。

サラ:アリアの家庭教師。前世では公爵夫人となった。

プレデリック・オスカー:公爵家の長男。ミエールの婚約者。

アース:謎の男。アリアに興味を抱いている。

エマ:ミエールの専属メイド。 

【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...

 




 

193話 ネタバレ

悪女は砂時計をひっくり返す【192話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は192話をまとめま...

登場人物に違いが生じる場合がございますので、あらかじめお詫びさせていただきます。

  • 成人を迎える誕生日

しかし、バイオレットは⼤きな失望の兆候を⽰した。

孫娘を祝うことができる最初で最後の誕⽣⽇になるので、できるだけカラフルでゴージャスにしたかったのだ。

それを察したジェシーは、ゆっくりとバイオレットに近づく。

「・・・私はいつもアリアお嬢様の誕⽣⽇パーティーを準備していますので、お嬢様の好みを知っております」

彼⼥は静かにバイオレットにそう囁いた。

バイオレットは驚いて⽬を⼤きく開き、ジェシーの⽅を向く。

アリアに認められていたとしても、彼⼥はただのメイドに過ぎず、勝⼿に侯爵夫人と話をするのは良くなかったので、バイオレットの⽬は好奇心旺盛でキラキラと輝いていた。

「ごめんなさい、アリア夫⼈。ティータイムを終えることはできますか?緊急事態が発⽣しました」

そう⾔ったバイオレットは、ジェシーに静かな指⽰を与える。

ジェシーは彼⼥の肯定を⽰すために静かに瞬きをした。

「・・・そうですか。分かりました」

すでに状況を把握していたアリアの⽬の前で繰り広げられる光景に、彼女はため息をついてうなずく。

アリアはバイオレットの性格と、皇帝の城で30年近く彼女が⽣き残ってきたことを賞賛した。

 



 

バイオレットの⾏動とジェシーの適切なアドバイスにより、アリアの誕⽣⽇パーティーは⼗分に準備された。

アリアは⼤⼈になってからパーティーで率直な気持ちを表現していなかったので、⼦供の頃に好きなもので飾られることに。

アリアの誕⽣⽇パーティーの準備をしているバイオレットは、他⼈が⾒ても気分が良くなるような幸せそうな顔をしていて、しばらくの間、ピアスト侯爵家にはたくさんの笑い声が生まれた。

その間、アリアは誕⽣⽇の準備をしているジェシーとバイオレットを⾒て時間を過ごし、時々⾷べ物や⾊についての質問に答える。

「ケーキは5段で、パーティー全体の⾊は⻘で・・・」

彼らは彼⼥の誕⽣⽇までそれを秘密にしようとした。

しかし、アリアが知らなかったふりをしていたのは、誰が見ても明らかでしょう。

(そんなに壮⼤である必要がありますか?)

アリアはそう思ったが、口角が上がるのを⽌めることができなかった。

使用人たちが⼼を込めてパーティーを準備したときと同じではない。

彼らは⽀払いを受け取るために仕事をしただけなので、彼らの仕事はアリアに感銘を与えなかったが、バイオレットは違う。

バイオレットは彼女の誕⽣⽇を祝うために誕⽣⽇パーティーの準備をして、アリアが幸せになることを望んでいた。

彼⼥はアリアの幸せが⾃分のものであるかのように振る舞った。

あっという間に時間が経ち、ついに誕⽣⽇会当⽇、屋敷から送られてきた使用人のおかげで、アリアの誕⽣⽇会がクロアで開催されると聞いたカリンとクロエが戻ってくる。

「お母様、どうしてこんなに早く戻ってきたの?」

「クロエが本心からあなたの誕⽣⽇パーティーに参加したいと⾔ったからよ」

そう話すカリンも嬉しそうな表情を浮かべている。

彼⼥もまた、クロエと⼀緒に旅⾏するよりも、アリアが⼤⼈になる⽇を祝う傾向があるようだ。

「ちなみに、どうしてこんなに壮⼤な準備ができたのでしょうか?」

カリンは屋敷を⾒回しながら話す。

開始時間までまだ早く、来場者がいなかったので、バイオレットが⼼を込めて⽤意した屋敷をのんびりと⾒回すことができた。

「それは私の結婚式よりも素晴らしく⾒えるわ」

冗談混じりに、カリンは言った。

それはとても⾃然な笑顔で、ロースチェント伯爵との結婚ではそのような光景は⾒られなかった。

「お母様の結婚式は私の⽬にはもっと豪華でしたよ。お相手のいるパーティーの方が華やかに見えますから」

アリアが遊び⼼のあるジェスチャーで応答すると、カリンは爆笑して微笑んだ。

「アリア、あなたはパーティーが終わったら帰るの?」

「はい、明⽇の早朝に帰ります」

素晴らしい贈り物を準備をすると⾔ったアースを失望させてしまったので、アリアはできるだけ早く戻らなければならなかった。

⼿紙を送ったが、とても不快だったに違いないでしょう。

彼は悲しんでいるに違いない。

アリアの答えに、カリンは静かにうなずく。

「・・・そうですか。私はあなたのために多くのことをしていませんが、それでもあなたは成⻑し、離れて暮らすことができるでしょう」

初めてのように思われるほど馴染みのない⺟親の表情。

今更だったと思う⼈もいるかもしれない。

しかし、アリアは、カリンが良い⺟親ではなかったことを理解していた。

アリアは、カリンがそうすることができないことを理解していた。

「お母様、あなたが私のために何もしなかったと⾔ってはいけません。私を産んでくれて、私を育ててくれてありがとう」

放っておかれる⽇は⻑かったが、カリンは彼⼥を捨てるという選択をせず、彼⼥は最後までアリアを捨てず、⼤⼈になるまで彼⼥を横に置いた。

それだけで⼗分でした。

「私はお母様に憤慨したことがないので、そんなことを考えないでください。むしろ、私はあなたに感謝します。夫のいない⼥性が、⼀⼈で⼦供を育てるのは簡単ではなかったでしょうから」

「アリア・・・」

アリアが⼤⼈の答えを出したので、カリンは話し続けることができずにいた。

「私はお母様が幸せに⽣きることを願っています。そして、私については⼼配しないでください」

「・・・」

カリンはアリアの⼿を黙って握る。

落ち着いてリラックスしたふりをして、いつも気持ちを隠していた表情とは全然違う表情をアリアは浮かべた。

かつてカリンは死を避けられなかったが、今では想像もできなかった幸せを⾒つけ、アリアも⼼を封じ込めることができなかったのだ。

「国境があることは知っていますが、すぐ隣にあるので、帝国に⾏くことがよくあります。王妃になるあなたに会えるかどうか分かりませんが・・・」

「誰がピアスト侯爵夫人を⽌めることができますか?そして、私は時間がなくても、お母様のために時間を作らなければなりません」

結局のところ、彼らはお互いを称賛しながら会話を終えた。

 



 

「おめでとう、ピアスト夫人」

「成人を迎えたことをお祝い申し上げます」

「少し前の結婚式でお会いしましたね。またお会いできて嬉しいです」

「このような素晴らしい⼥性がピアスト侯爵家の令嬢であったことを嬉しく思います」

たくさんの⼈に恵まれたアリアは、明るく微笑んで感謝する。

邪悪な女性だった時には想像もできなかった光景だ。

(過去に成人になった時はどんな感じだったでしょうか?振り返ってみると、あまり幸せではありませんでした)

アリアは酔って⼤騒ぎしたことを思い出した。

それはミエールのメイドが成人になったことを祝福するために⽤意した飲み物。

酒精が強すぎて⼀杯しか飲めませんでしたが、それを知らなかったので、苦いお酒をバカみたいに飲み続けたのだ。

(・・・私の可哀想な、哀れな過去ね)

そして、⼼のない⼈々の褒め⾔葉に微笑みながら、もうそこにはない過去を思い出していると、屋敷の⼊り⼝が突然騒がしくなる。

「なんて大きな花束なのでしょうか・・・」

「あれはチューリップですよね?誰かは分かりませんが、彼⼥は帝国の皇太⼦の恋⼈ですので、かなり無謀な挑戦者なのでしょう」

軽蔑的な声を聞いて、相手が彼かもしれないと思って、アリアはすぐに正⾯⽞関に注意を向ける。

「・・・どうして?」

帝国にいるはずのアースが、巨⼤なチューリップの花束を腕に抱えていた。

「アステロープ皇太子殿下?」

アリアを追いかけたアニーが驚いて叫び、アースの正体が明かされた。

様々な感情と視線で彼を観察していた⼈々は、彼らの冷たく、軽蔑的な視線を取り除き、礼儀を取る。

そのおかげで中は静かになり、アースの⾜⾳だけが⼤邸宅に静かに響き渡った。

そして、彼が歩くたびに彼を⾒つめた⼈々の⽬がすぐに続いていく。

アースはすぐにアリアに近づき、彼⼥に近づくと、腕に咲く花束の間で明るく微笑んだ。

「あなたは帰って来られないと⾔ったので、私が来ました」

アリアからの⼿紙を受け取った後に、休むことなく⾺⾞を運転し続けても、それほど早く来ることができなかったはずの⻑距離。

 



 

カリンも誕生日パーティーに参加することができて良かったです!

アリアとカリンの関係が崩れることはないでしょう。

これからはクロエも混じえて、素晴らしい親子になることを願っています。

そしてアースの登場。

てっきりローハンが先に来ると思っていたのですが・・・。

悪女は砂時計をひっくり返す【194話】ネタバレ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 今回は194話をまとめま...
【悪女は砂時計をひっくり返す】まとめ こんにちは、ツバサです。 【悪女は砂時計をひっくり返す】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介と...
【帰還者の魔法は特別です】まとめ こんにちは、ツバサです。 【帰還者の魔法は特別です】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっ...
【ルシア】まとめ こんにちは、ツバサです。 【ルシア】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹介となっております。 ...
【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】まとめ こんにちは、ツバサです。 【目覚めたら怪物皇太子の妻でした】を紹介させていただきます。 ネタバレ満載の紹...